Googlemapに店舗登録するには?~誰でも簡単店舗集客!~

Googlemapに店舗情報が掲載されている。この店舗情報はどこから湧き出ているのだろうか。どこで編集出来るのだろうか。 そう疑問を持ち、この記事に辿り着いた方もいらっしゃると思います。
Googlemapの仕組みに疑問を抱いている方に向けて、Googlemapに掲載されている店舗情報の裏側と、Googlemapから集客する秘訣をご紹介します。

1.Googlemapに店舗情報を登録するには?

Googlemapでの検索画面

Googlemapを利用していると店舗情報が表示されますが、その店舗情報は一体どこの情報なのでしょうか。
その情報の出所を本章でご紹介致します。

Googleマイビジネスを利用する

Googlemapに店舗登録するには、「Googleマイビジネス」というツールを利用します。

Googleマイビジネス登録画面

Googleマイビジネスとは、無料で店舗情報をGooglemapやGoogle検索に表示できるツールで、ビジネス(実店舗)を持っていれば登録出来ます。

Googleマイビジネスは、インターネット上にある情報を拾ってGoogleが自動で作成してくれていることがほとんどですので、登録した覚えがないのに表示されているということも多々あります。
そこでこのGoogleマイビジネスの表示場所や利用方法、またGooglemapから集客する5つの秘訣を次章から解説していきます。

2.Googleマイビジネスの表示場所

Googleマイビジネスは、
①Googlemap
②Googlemapスマホアプリ
③Google検索
の3か所に表示されます。
一つずつ実際の表示画面のスクショを用いてご紹介します。

①Googlemap

まず一つ目は、Googlemapです。

Googleマイビジネス表示場所①(Googlemap)

Googlemapで店舗名を検索すると左側にGoogleマイビジネスが大きく表示されます。

Googleマイビジネス表示場所②(Googlemap)

また、Googlemapでは店舗名で検索しなくとも「カフェ」「近くのカフェ」「新宿 カフェ」などと間接的に店舗を検索する方法でもGoogleマイビジネスは表示されます。
業種や検索キーワードによって異なりますが、基本的には【店舗名・写真・評価(口コミ)・住所・電話番号・営業時間・属性・カテゴリ】などの来店前に必ず知りたい情報が表示されます。

②Googlemapスマホアプリ

2つ目は、Googlemapスマホアプリです。

Googlemapのスマホアプリで店舗名を検索すると画面下部にGoogleマイビジネスが表示されます。

また①Googlemap同様に、「カフェ」「近くのカフェ」「新宿 カフェ」などと間接的に店舗を検索した際にも画面下部にGoogleマイビジネスが表示されます。

①Googlemapでは小さい1枚の画像が表示されていましたが、②Googlemapスマホアプリではスライドが必要ですが、4枚表示されます。またメニューボタンや保存ボタンなども表示されます。

そしてGooglemapスマホアプリでは、「スポット」というタブでもGoogleマイビジネスが表示されます。

「スポット」はユーザーのスマホの現在地情報を基に近くの店舗のGoogleマイビジネスや最新情報が表示されるシステムです。Googleマイビジネスに店舗情報を登録するだけで、近くにいるユーザーのGooglemapスマホアプリに勝手に表示されます。

③Google検索

3つ目は、Google検索です。

Googleマイビジネス表示場所①(Google検索)

Google検索で店舗を検索すると、画面右側にGoogleマイビジネスが表示されます。

Googleマイビジネス表示場所②(Google検索)

また①Googlemapと②Googlemapスマホアプリ同様、「カフェ」「近くのカフェ」「新宿 カフェ」などと間接的に店舗を検索した際にも表示されます。
このGooglemapとGoogleマイビジネスが3店舗表示されるこの枠を【ローカルパック】と呼び、この【ローカルパック】で上位表示を目指す対策がMEO対策、またはローカルSEOです。

➤MEO対策とは? ➤ローカルSEOとは?

3.Googleマイビジネスの利用方法

スマホでもパソコンでも、GooglemapでもGoogle検索でも表示される店舗集客に効果的なGoogleマイビジネスですが、とても簡単に利用出来ます。
そこでこの章では、Googleマイビジネスの利用方法をご紹介します。

①Googleマイビジネスの登録

まず最初にGoogleマイビジネスに投稿しましょう。
Googleマイビジネスの登録から登録できます。

Googleマイビジネス登録

「ビジネスの名前を入力」の枠で店舗名を検索し、
店舗名と住所が表示されたら既にGoogleマイビジネスが作成されており、
「この名前のビジネスを作成します」しか表示されなければ作成されておりません。

もし既に作成されていたら、店舗名と住所の方をクリックし、【オーナー登録】を行っていきます。
もしまだ作成されていなかったら「この名前のビジネスを作成します」をクリックし、【Googleマイビジネスの作成】+【オーナー登録】を行っていきます。

②Googleマイビジネスに情報を掲載

Googleマイビジネスの登録が完了したら、次はGoogleマイビジネスを充実させていきましょう。

Googleマイビジネス登録後

Googleマイビジネスの管理画面に入ると左側に

ホーム・投稿・情報・インサイト・クチコミ・メッセージ・写真・商品・サービス・メニュー・ウェブサイト・ユーザー

と沢山の項目が表示されます。この項目は業種によって異なるため表示されている項目を利用していきます。

表示されている項目に情報を入力するだけで検索結果に反映されますので、特に難しいこともありません。
Googleマイビジネスの各機能の使い方はこちらの記事を御覧ください。

➤Googleマイビジネスの使い方ガイド

③MEO対策

Googleマイビジネスを充実させたら次はMEO対策を行っていきます。

Google検索画面

MEO対策とは、「場所+サービス名」などの間接的に店舗を検索した際に表示される【ローカルパック】の表示順位を上げる対策です。

ローカルパック

前章でご説明したように、Google検索でもGooglemapでも「場所+サービス名」などと間接的に店舗を検索するとキーワードに関連するビジネスのGoogleマイビジネスが表示される仕組みになっています。

上部であればある程目につきやすく、また上部であればあるほど「有名」「人気」「評価が高い」と認識されやすいため、MEO対策を行い上位表示されることで集客効果が期待できます。

MEO対策に関する詳しい情報や実際のやり方はこちらの記事を御覧ください。

➤MEO対策とは? ➤MEO対策のやり方とは?

4.Googlemapで集客する5つの秘訣

Googlemapに店舗情報を掲載するにはGoogleマイビジネスを利用していきますが、では実際にGooglemapで集客するには何をするべきなのでしょうか。
Googlemapで集客出来る5つの秘訣を、数多くのビジネスの集客を支えてきたMEO対策業者が解説致します。

①記事投稿機能を週1回使う

Googlemapで集客する5つの秘訣1つ目は「記事投稿機能を週1回使う」です。

現代のユーザーは、日本人の約90%の人が利用していると言われているSNSの影響で【最新情報】に敏感になっています。
新聞やテレビの時代は、一般家庭に情報が届くまでに数週間かかっていましたが、SNSがある現代では数分、数秒で一般家庭に情報が届きます。

現代人はこの数分数秒で情報が届く世界で生活しているため、【最新情報】に敏感になっており1か月前の情報でも古いと感じます。

YouTube最新情報
Google検索最新情報

実際にYoutubeの投稿日や、記事の公開日などが検索結果に表示されているように、最近のユーザーは「いつの情報なのか」を気にしています。

このユーザーの思考の変化に合わせているのか、現在のGooglemapスマホアプリにはユーザーのスマホの位置情報を利用し、近くの店舗の最新情報が表示される「スポット」という機能が追加されています。
この「スポット」に表示されるのが投稿機能を利用し作成した記事ですので、記事投稿機能を利用すればGooglemapスマホアプリの「スポット」に近くの店舗の最新情報として表示されます。

この「スポット」に表示させるためだけでなく【最新情報】を求めている、そして【最新情報】でなければ興味を持ってくれない現代ユーザーを店舗来店に誘導するために、記事投稿機能を週1回使うことが重要となります。

②口コミ増加対策をする

Googlemapで集客する5つの秘訣2つ目は「口コミ増加対策をする」です。

口コミ増加対策

GooglemapやGoogle検索の検索結果の順位を決める基準の中に口コミの評価と数が含まれています。
口コミの件数が多く、そして評価が高いビジネスが上位表示されやすいと言われています。
また来店前に口コミを参考にする検索ユーザーも増加しているため、集客のためにも高評価の口コミが沢山あることが重要となります。

Googlemapスマホアプリの「スポット」画面

そして現在、Googlemapスマホアプリの「スポット」に、一般ユーザーが投稿した最新の口コミが表示される仕組みになっています。
この「スポット」からも集客するために、来店されたお客様に口コミ投稿を促し高評価の口コミを増加させましょう。

詳しい口コミの増加方法に関しては、こちらの記事を御覧ください。

➤MEO対策の口コミとは?

Googlemapで集客する5つの秘訣3つ目は「スマホ対応の写真を投稿する」です。

スマホの利用率とパソコンの利用率比較
出典:Media Innovation

現在、スマホの利用率がパソコンの利用率を越えています。
みなさんは調べものをする際にスマホとパソコンのどちらを利用しますか。恐らくビジネスに関係のない調べものは基本的にスマホで調べる方が多いでしょう。
「ビジネスに関係のない調べもの」はスマホで行うと考えると、特にBtoCの店舗はスマホ対策がとても重要となります。

Googlemapスマホアプリで店舗の写真を表示すると、このように余白があります。
スマホで見るとこれだけ見え方が変わるため、数枚でもスマホサイズの写真を投稿することでスマホ対策が出来ます。
お手持ちのスマホで写真を撮り、Googleマイビジネスに投稿するだけでスマホ対応となりますので、店舗の内観/外観、メニュー/サービス/商品の写真を1枚ずつでも投稿してみましょう。

➤Googleマイビジネスの投稿とは?

④ストリートビュー屋内版を導入する

Googlemapで集客する5つの秘訣4つ目は「ストリートビュー屋内版を導入する」です。

Googleストリートビューの店内版

Googleストリートビュー屋内版とは、 Googleが撮影しているGoogleストリートビューの店内版で、店内や施設内を360°みることができるサービスです。

➤Googleストリートビューとは?

Googleストリートビュー屋内版を導入することで、店内の雰囲気や構造が分かるだけでなく、実際に来店した際の想像が出来るため安心でき、来店に繋がりやすいです。
全く知らない店舗よりも、一度来店したことのある店舗の方が親しみやすさが生まれますが、その親しみやすさをGoogleストリートビュー屋内版で獲得出来ます。

上手く写真を撮れないという方や、写真を撮ってくれそうなお客様がいないというビジネスは特にGoogleストリートビュー屋内版を導入して写真の代わりに店舗の雰囲気を伝えていきましょう。

⑤MEO対策を行う

Googlemapで集客する5つの秘訣5つ目は「MEO対策を行う」です。

ローカルパック画面
Googlemap

MEO対策とは、「場所+サービス名」などの間接的に店舗を検索した際に表示される【ローカルパック】の表示順位を上げる対策です。
前章でもご紹介しましたが、Googlemapで集客するためにはMEO対策が重要となります。

繰り返しにはなりますが、検索結果の上部であればある程目につきやすく、また上部であればあるほど「有名」「人気」「評価が高い」と認識されやすいです。
そのためGoogleマイビジネスに情報を登録するだけでなく、対策キーワードを決めるなど戦略的にGoogleマイビジネスを利用していき、検索結果の上位表示を目指すME対策を行う必要があります。
業者に依頼すると平均3万~5万/月で対策できます。WEB広告やSEO対策と比べると比較的安く対策できるのがMEO対策の特徴です。
Googleマイビジネスを充実させ、もうやることが無い状態までGoogleマイビジネスを使いこなせたらMEO対策を行ってみましょう。

5.まとめ

Googlemapに店舗情報を掲載するには、Googleマイビジネスという無料ツールを利用します。

Googleマイビジネスには、【投稿】【情報】【インサイト】【クチコミ】【メッセージ】【写真】【商品】【メニュー】などと店舗をアピールするための機能が沢山あります。
このGoogleマイビジネスに登録し、店舗情報を入力することでGooglemapに店舗情報を掲載できるようになります。

Googleマイビジネスを利用するGooglemapで集客するためには、
①記事投稿機能を週1回使う→最新情報を届けるため
②口コミ増加対策をする→上位表示のためとユーザーに選んでもらうため
③スマホ対応の写真を投稿する→スマホ利用ユーザーに店舗の魅力を伝えるため
④ストリートビュー屋内版を導入する→来店時を想像させ親しみやすさを与えるため
⑤MEO対策を行う→上位表示させ、多くのユーザーに店舗を知ってもらうため
の5つを行うことが重要です。

弊社は様々な地域の様々な業種のMEO対策を行っておりますので、何かお悩みございましたらお気軽にご相談ください。

カテゴリー: Google

MEO対策を始めたいけど何をしたらよいのかわからない。
と、お悩みではありませんか?

そんなお悩みがある方に向けて、実際にMEO対策を提供している株式会社トリニアスが「自分でできるMEO対策」について資料にまとめました。

MEO対策を自分で始めたい方や、そもそもMEO対策って何?とお考えの方に向けて、MEO対策の基礎知識やマイビジネスの登録方法を解説しています。

MEO対策について知りたい方やMEO対策の導入を検討している方はぜひご活用ください。

無料資料ダウンロードはこちら
TOPへ