マケスク > MEO(Googleマイビジネス) > MEO対策とは?メリットや自分でできるやり方を詳しく解説

MEO対策とは?メリットや自分でできるやり方を詳しく解説

店舗や企業がウェブ経由で集客する方法の一つとして、「MEO対策」があります。

MEO対策とはGoogleマイビジネスを編集し、Google検索やGoogleマップの検索結果の上位表示を目指す対策です。

そう聞くと難しい印象を抱いてしまいそうですが、実は正しいやり方を知ればMEO対策は自分でできます。

そこで今回は、自分でできるMEO対策のやり方を紹介します。

MEO対策をするメリットや成果を出すポイントも併せて紹介するので、ぜひ最後までご覧ください。

MEO対策とは?

MEO対策とは、自社の店舗情報を登録しているGoogleマイビジネスをGoogle検索やGoogleマップの検索結果の上位に表示させる施策です。

例えば、Google検索で「横浜+カフェ」といった「地域+業種」のキーワードで検索(ローカル検索)した時には以下の画像のように表示されます。

MEO枠の表示位置

このように、検索結果の目立つ部分にキーワードに該当する店舗のGoogleマイビジネスがスマホの場合は2つ、パソコンの場合は3つ表示されます。

ここに自社のGoogleマイビジネスを表示させることでユーザーの目に触れる機会が増えるため、マイビジネス経由で新規顧客の獲得や大幅な売上のアップが期待できます。

「地域+業種」で店舗を探すローカル検索の特性上、MEO対策はつねに特定の場所でサービス提供や商品の販売をする「飲食店」「美容室」「歯科医院」「クリニック」「学習塾」などの地域密着型ビジネスと相性が良いため、該当する店舗は積極的に取り組むべき施策と言えるでしょう。

MEO対策とSEO対策の違いは?

MEO対策と似たような名称の「SEO対策」というものがありますが、これは自社のウェブサイトやポータルサイトをGoogle検索の上位に表示させるための施策です。

「MEO対策」は自社のマイビジネスを編集してGoogleマップの上位表示を目指すのに対し、SEO対策は自社サイトのコンテンツを充実させたり修正したりすることでGoogle検索の上位表示を目指します。

つまり、MEO対策とSEO対策の大きな違いは「Googleマイビジネスを上位表示させるか」「ウェブサイトやポータルサイトなどを上位表示させるか」といった施策対象の違いです。

MEO対策のメリット4選

MEO対策をすることで以下のメリットがあります。

  • 費用を安く抑えられる
  • スマホユーザーを集客できる
  • 来店意欲の高いユーザーにアピールできる
  • ほかのウェブ施策よりも競合が少ない
  • 費用を安く抑えられる

    MEO対策は、SEO対策と比べて負担する費用を安く抑えられます。

    業者に依頼する場合はSEO対策であれば一般的に月額30万円ほど費用がかかるのに対し、MEO対策は月額5万円ほどです。

    またMEO対策はSEO対策よりも難易度が低いので、すべて自分でおこなえば初期費用や維持費用は一切かかりません

    そのため、集客にあまり費用をかけられない店舗にとっては手軽に始められる施策といえるでしょう。

    スマホユーザーを集客できる

    MEO対策をすることで、国内のおよそ8割を占めるスマホユーザーを店舗に集客できます。

    現代では国内のほとんどの人がスマホを所有しているので、「地域+業種」で検索して気軽に行きたい店舗を探す方法が一般的になりつつあります。

    MEO対策でGoogle検索やGoogleマップの目立つ場所に自社のマイビジネスを表示させることで多くのスマホユーザーにアプローチできるので、大きな集客効果が期待できます。

    ウェブ経由で集客を狙っている店舗にとっては、取り組む価値が高い施策と言えるでしょう。

    来店意欲の高いユーザーにアピールできる

    MEO対策をすることで、来店意欲の高いユーザーに店舗をアピールできます。

    例えば、「横浜+カフェ」というキーワードでローカル検索をするユーザーの場合は「横浜にあるカフェに行きたい」という明確な意図が読み取れます。

    こういったユーザーはすでに行きたい店舗を検討している段階なので来店意欲が高く、MEO対策で自社店舗をアピールできれば来店を促せる可能性が高いです。

    店舗の周辺でチラシを配ったり呼び込みをしたりと、手探りで来店を促すよりも少ない労力で効率的にアプローチできるので、従業員のコストダウンや集客率アップのためにもMEO対策に取り組んでみましょう。

    ほかのウェブ施策よりも競合が少ない

    MEO対策は、SEO対策やウェブ広告などの施策に比べて競合が少ないのが特徴です。

    SEO対策であれば自社のウェブサイトの検索順位を上げるために、インターネット上に存在する無数のサイトを上回る施策をする必要があります。

    一方でMEO対策は自社店舗の周辺地域にある同業他社の中から上位を獲得すれば良いので、圧倒的に競合の数が少なく、施策の難易度が低いと言えます。

    また、MEO対策自体が認知されはじめたのが最近なので、まだ本格的に取り組んでいる店舗が少ないのも競合が少ない理由の一つです。

    本格的にMEO対策に取り組むことで、競合の同業他社と大きく差をつけられるでしょう。

    自分でできるMEO対策のやり方

    ここからは、自分でできるMEO対策のやり方を具体的に紹介します。

  • Googleマイビジネスに店舗情報を登録する
  • オーナー確認をする
  • 情報を充実させる
  • キーワードを設定する
  • 写真を掲載する
  • 投稿機能を活用する
  • SNSにも情報を掲載してサイテーションを獲得する
  • ユーザーから評価の高い口コミをたくさん集める
  • Googleマップで自社店舗の表示順位を確認する
  • Googleマイビジネスに店舗情報を登録する

    MEO対策を始めるために、まずはGoogleマイビジネスに店舗情報を登録しましょう。

    Googleマイビジネスとは、Google検索やGoogleマップ上に自社店舗の情報を表示できる集客ツールです。

    すでに登録している方はこの作業は不要です

    オーナー確認をする

    Googleマイビジネスに店舗情報を登録したら、オーナー確認を完了させましょう。

    「オーナー確認」とはGoogleに対して「私がこのマイビジネスの管理者(オーナー)です」と証明する作業を指します。

    「ハガキ」「電話」「メール」などの方法でGoogleから受け取れる確認コードを専用のページに入力して本人確認をすることで、本格的に自社のGoogleマイビジネスの管理や運用ができるようになります。

    MEO対策で店舗の集客率や売上アップをするためには必須の作業なので、まだオーナー確認をしていない場合は早めに完了させましょう。

    情報を充実させる

    Googleビジネスプロフィールの管理画面

    Googleマイビジネス上に掲載される店舗の情報を充実させましょう。

    Googleマイビジネス管理画面の左側にある「情報」という項目で、「店舗の名前」「営業時間」「住所」「電話番号」など店舗の基本的な情報を入力できます。

    これらはユーザーが来店する店舗を決める上で参考にする重要な情報なので、可能な限り詳細に入力しましょう。

    キーワードを設定する

    自社のマイビジネスをGoogleマップの上位に表示させるためには、ユーザーが店舗を探す際、検索窓に入力するキーワードを設定しましょう。

    「キーワード」とは、例えば新宿にあるレストランを探しているユーザーがいたとすると、このユーザーはおそらく「新宿+レストラン」と入力して、自分好みの店舗を探すでしょう。

    この「新宿+レストラン」こそが「キーワード」で、MEO対策においては、このキーワードを自社に合ったものに設定することが非常に重要です。

    ただし、「新宿+レストラン」のような検索するユーザーが多いキーワードほど、Googleマップでの上位表示を狙っている競合の店舗が多いため、MEO対策の難易度が上がってしまいます。

    その場合は「新宿+レストラン+ランチ」「新宿+洋食レストラン」などもう一つワードを追加するか、検索するユーザーが少ないキーワードを設定すると競合の店舗が少なくなるので、上位表示が狙いやすくなるでしょう。

    写真を掲載する

    Googleビジネスプロフィール内の写真

    店舗の外観・内観やイチオシのメニュー、従業員の接客風景など店舗の雰囲気を感じ取れる写真を掲載することで、ユーザーの来店意欲を高められます

    一方で、店舗の魅力を伝えたいあまり写真に派手な加工をしたりイメージと異なる写真を掲載したりすると、実際に来店したユーザーがギャップを感じ、悪い印象を抱いてしまう原因となります。

    ユーザーに悪い印象を与えてしまうと店舗のリピーターになってもらえないことはもちろん、悪い口コミをされてしまう恐れもあります。

    そのため、Googleマイビジネスには店舗のありのままを収めた写真を掲載しましょう。

    また、店舗の魅力をより伝えやすくするためには、「Googleストリートビュー屋内版」を導入する方法が有効です。

    Googleストリートビュー屋内版とは、店舗内や施設内の様子を360°のパノラマ写真で見られるサービスです。

    導入することで、ユーザーはまるで実際に来店しているかのように店舗の雰囲気を擬似的に体験できるので、来店意欲をより高めたり来店時のギャップを取り除いたりできます

    通常の写真を掲載するよりも店舗の集客率や売上アップに貢献してくれるので、興味のある方は導入を検討してみましょう。

    弊社(株式会社トリニアス)では、中小企業・店舗様のGoogleストリートビュー屋内版導入のサポートをしております。

    導入にあたっては、Googleから正式に撮影のスキルや実績を認められた弊社の「認定フォトグラファー」が写真の撮影や編集、追加などの作業をおこないます。

    費用は3万円〜10万円ほどでお見積もりのみのご相談も承っておりますので、興味のある方はぜひ一度、弊社までご相談ください。

    投稿機能を活用する

    Googleビジネスプロフィールの投稿

    Googleマイビジネスには、画像やテキストを使用して店舗に関する最新情報の発信やキャンペーン、イベントの告知などができる投稿機能があります。

    SNSやブログのような感覚で気軽に情報を発信できるので、店舗に関連する内容を週に1〜2回ほどの頻度で投稿してみましょう。

    定期的に投稿してマイビジネスの情報を新しく保つことでGoogleから「優良なビジネス」と評価されやすくなるため、上位表示される可能性が高まります。

    ただし、頻度を意識するばかりに投稿の質がおろそかになったり情報の正確性が失われていたりすると逆効果となってしまうので、あくまでもユーザーが必要としている情報を提供することが本質であることを考慮しておきましょう。

    SNSにも情報を掲載してサイテーションを獲得する

    TwitterやFacebookなどのSNSアカウントを所有している方は、自社のマイビジネスの情報を掲載してサイテーションの獲得を狙いましょう。

    サイテーションとは、インターネット上で自社の「店舗名(会社名)」「商品名」「ブランド名」といった情報に言及されている状態を指します。

    GoogleはサイテーションがMEO対策に有効だと明言していないものの、「ネット上の多くの人に言及されている店舗(会社)は信頼性が高い」という考え方があるため、上位表示されやすくなる可能性があります。

    ただし、SNSに自社のマイビジネスの情報を掲載するときは別の店舗だと誤って認識されないように、店舗名や住所などの入力ミスに注意しましょう。

    ユーザーから評価の高い口コミをたくさん集める

    Googleマイビジネスには、来店したユーザーに店舗の感想や評価を投稿してもらう口コミ機能があります。

    ユーザーから評価の高い口コミをたくさん集めることでGoogleは知名度の高い優良なビジネスと判断するため、上位表示されやすくなります。

    そんなMEO対策に重要な口コミを集めるためには、以下の方法がおすすめです。

  • 接客や会計時に直接依頼する
  • 店内に口コミを促すチラシやPOPを掲示する
  • QRコードを作成する
  • ただし、ユーザーに口コミをしてもらう見返りとして金品やクーポン券などの特典を提供したり、評価の高い口コミを自作自演したりする行為は、Googleのガイドラインで禁止されています。

    ガイドラインに違反するとGoogleマイビジネスやアカウントの停止といったペナルティを受ける恐れがあるので、口コミを集める方法には注意しましょう。

    Googleマップで自社店舗の表示順位を確認する

    ここまでの作業が完了したら、最後にGoogleマップで自社のマイビジネスの表示順位を確認してみましょう。

    確認する方法は簡単で、Googleマップの検索窓に設定したキーワードを入力して自社のマイビジネスが何位に表示されているかを見れば完了です。

    上位に表示された場合は定期的にGoogleマイビジネスの更新を続け、情報を新しく保つことを心がけましょう。

    一方で、下位に表示された場合は以下の方法を試してみましょう。

  • 設定しているキーワードを見直す
  • 投稿機能で自社の情報を発信し続ける
  • 魅力的な写真を増やす
  • これらの方法で自社のマイビジネスを改善し続けることで次第に質が高まり、上位表示される可能性があります。

    そもそもGoogleマイビジネスは長期的な視点で運用することが重要で、MEO対策を始めてもすぐに効果が現れるとは限りません

    なかなか上位表示されないからと諦めるとこれまでの施策が無駄になってしまうので、根気強く運用を続けてみましょう。

    弊社が提供する順位計測システム【MEOranktool】なら、より詳細なデータの確認・保持ができる

    MEOranktoolとは、弊社(株式会社トリニアス)が提供する、Googleマイビジネスの表示順位を計測するシステムです。

    設定したキーワードでの表示順位を計測して見やすいグラフやカレンダー形式で表示されるので、データの収集や確認が簡単にできます。

    すでにMEO対策に取り組んでいて、

    「毎回Googleマップで自社の表示順位を確認するのが大変」
    「長期的に表示順位の推移をデータベース化したい」

    といった悩みを抱える店舗・企業様におすすめの順位計測システムです。

    機能の詳細は以下の通りです。

    順位チャート

    計測したキーワードの順位が折れ線グラフで表示されます。

    自社ツールの紹介画像

    カレンダー順位

    カレンダー形式で順位が表示されます。

    さらに、実際の検索結果を画像キャプチャ(スクリーンショット)で保持しているため、計測した結果をいつでも確認できます。

    自社ツールの紹介画像

    インサイト

    Google検索からのアクセス数やユーザーの行動数などのデータが表示されます。

    1年前に計測したデータも表示できるため、MEO対策前に比べてどのような変化が現れたか、効果の有無が確認できます。

    自社ツールの紹介画像
    MEOranktoolの2週間無料お試しのお申込みはこちらから

    まとめ

    今回は自分でできるMEO対策について解説しました。

    MEO対策はほかのウェブ施策よりも難易度が低く、競合も少ないので本格的に取り組めば大きな集客効果が期待できます。

    本記事を参考に、いまからMEO対策を始めてみてはいかかでしょうか。

    なお、実際にMEO対策をしてみたものの「なかなか集客効果が現れない」「自社のマイビジネスが上位表示されない」とお悩みの方は、これまで数々の中小企業・店舗様のMEO対策をサポートした実績のある弊社まで、ぜひお気軽にご相談ください。

    MEO対策に関する資料もご用意しておりますので、下記ボタンからダウンロードしていただくか、お問い合わせください。

    📑Webからのお問い合わせはこちら
    お問い合わせ・ご相談はこちら

    MEO対策・ビジネスプロフィール・ストリートビュー・Instagram・LINE・HP/LP制作に関するお問い合わせお待ちしております!

    MEO(Googleマイビジネス)
    TOPへ