グーグルマップの問い合わせ先はどこ?電話番号の代わりの窓口を紹介

この記事を読んでいるあなたは「Googleマップに対して言いたいことがあるのだけれど、問い合わせ先が分からない」と思っていませんか?

実はGoogleマップは、一般向けの問い合わせ電話番号がありません。(一部の人は電話でも連絡ができます。詳しくは本文にて解説します!)

その代わり、オンライン上で問題点を報告したり、要望を出したりすることができます。

では、どのようにすればGoogleマップに意見が送信できるのか?

  • Googleマップに表示されている建物の名称、電話番号、住所などが間違っている場合
  • Googleマップに表示されている建物の口コミに対して意見したい場合
  • Googleマップの使い勝手やトラブルに対して問い合わせたい場合

この3つのシーン別に解説していきます。

建物の名称や電話番号、住所の間違いを報告するには?

Googleマップ上に表示されている建物の情報に間違いを見つけた場合は、Googleマップ上から「問題の報告」をおこないます。報告された内容はGoogleによって審査され、反映されます。

注意
ただし、報告者の元にGoogleから返信は来ません。そして正しい情報が反映されるまでは、数週間から数ヶ月かかる場合があります。

名称の間違いを報告するのか?住所の間違いを報告するのか?問い合わせたい項目によって若干操作が異なります。

Googleマップ上に表示された口コミに対して問い合わせたい場合

Googleマップでは建物の細かな情報を見ることができますが、その情報の一つに「口コミ」があります。

Googleの口コミに対する考え方は「良い評判を書き込む口コミも、不満を書き込む口コミも、個人の貴重な感想に変わりない」です。なので基本的にどちらも平等に扱われ、投稿された口コミを任意で削除することはできません。

ですが、あまりにも酷い口コミ(誹謗中傷や関係のない話題)や、利害関係のある口コミ(ライバル業者のなりすまし口コミ)などは、報告をすることで対処できる場合があります。

注意
Googleが悪質な口コミと判断する基準(口コミに関するポリシー)に触れている口コミに限ります。「この口コミが個人的に気に入らない」などの理由で削除の依頼はできませんのでご注意ください。

口コミされた建物の「Googleマイビジネス」の管理者の場合

Googleでは、事業者向けに「Googleマイビジネス」という機能を無料で提供しています。ビジネスの情報を編集してインターネット上に公開できる機能です。

あなたが、対処して欲しい口コミが載っている建物のGoogleマイビジネス管理者である場合は、削除依頼をGoogleに送信することができます。

また、Googleマイビジネスで建物のビジネス情報を管理している場合は、Googleの担当者に直接電話やチャットなどで連絡を取ることができます。

詳しくは>>こちらのページにアクセスしてみてください。(Google公式ページにリンクします)

口コミされた建物のGoogleマイビジネスの管理者ではない場合

口コミされた建物のGoogleマイビジネスを管理者ではないものの、「この口コミは明らかにおかしい(口コミに関するポリシーに違反している)」と感じた場合は、Googleマップ上から口コミに対する報告ができます。

まずはGoogleマップで該当する口コミを表示させ、右上の3つの点をクリックします。

「違反コンテンツを報告」という選択肢をクリックします。

次の画面で、なぜその口コミが違反だと言えるのか?理由に当たる項目にチェックを入れ送信します。

これでGoogleに口コミに対する問い合わせができました。Google側から返信があることはまれですが、何か情報提供がある場合はあなたの元にメールが届きます。

Googleマップの操作や使い勝手について問い合わせ

Googleマップの操作や使い勝手、その他全般的な問い合わせについては、「フィードバック」を利用しましょう。

フィードバックを利用するには、まずはGoogleアカウントにログインした状態でGoogleマップにアクセスします。そして、画面左上の3本線をクリック。

あらわれたメニューの下部の「フィードバックを送信」をクリックします。

Googleマップに関して意見したいことをメールで送ることができます。

その他にも、Googleマップの仕様やトラブルについてはGoogleマップフォーラムで解決策を見られることもあります。

Googleマップに詳しい専門家や、時折Google Japanの社員による回答がされることもあるので、何か疑問が出てきた際にはフォーラムに投稿してみるのもおすすめです。

まとめ

日本全国の建物の情報をカバーするGoogleマップでは、その範囲の広さ故か、個別対応できる問い合わせ電話番号がありません。

その代わりに、問題を報告するフォームや、Googleマイビジネスを使った情報の管理権限の譲渡など、オンライン上で情報を正しく修正する仕組みが備えられています。

利用者の意見を元に改良を重ねていく傾向が強いGoogleです。気になる点があれば、積極的に問い合わせしてみましょう。

カテゴリー: Googleマップ

MEO対策を始めたいけど何をしたらよいのかわからない。
と、お悩みではありませんか?

そんなお悩みがある方に向けて、実際にMEO対策を提供している株式会社トリニアスが「自分でできるMEO対策」について資料にまとめました。

MEO対策を自分で始めたい方や、そもそもMEO対策って何?とお考えの方に向けて、MEO対策の基礎知識やマイビジネスの登録方法を解説しています。

MEO対策について知りたい方やMEO対策の導入を検討している方はぜひご活用ください。

無料資料ダウンロードはこちら
TOPへ