Googleマップで上位表示するために今すぐできる5つの施策|MEO対策で重要な「3要素」を分かりやすく説明!

※2021年11月4日(木)にGoogleは「Googleマイビジネス」の名称を
「Googleビジネスプロフィール(Google Business Profile)」に変更しました。
また、2022年にはGoogleマイビジネスアプリの提供が終了するということです。

集客を行うためには店舗のビジネスプロフィールを上位表示するMEO対策を行い、ユーザーに認知してもらう環境を作ることが大切です。

ですが一体どのようなことをすれば上位表示できるのか、そうお悩みの方は多いです。

そこで本記事では、「Googleビジネスプロフィールの情報を上位表示させたい」という方に向けて、「Googleマップの掲載順位を決める要素」について詳しく解説します。

すぐに実践できる「上位表示のための5つの施策」も合わせてご紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

📑MEO対策について知りたい方はコチラ

MEO対策とは

MEO対策とはMap Engine Optimization の頭文字を取ったものであり、直訳すると「マップ検索エンジン最適化」と言う意味になります。

ユーザーがGoogleMapやGoogleの検索エンジンで「新宿(地域)+カフェ(サービス名)」などの地名を含んだ検索の結果で上位表示を目指す対策をする、ローカル(地域密着型)ビジネスを展開する企業向けのウェブ対策です。

関連記事:【最新版】MEO対策とは?誰でも簡単にできる5つのやり方

Googleマップの掲載順位を決める3つの重大要素

では、検索結果に表示される順位は、どのような要素で決定しているのでしょうか。

Googleが公式に発表しているGoogleビジネスプロフィールヘルプに記載されているローカル検索結果の掲載順位に関係している要素は、以下の3つです。

  • 関連性
  • 距離
  • 視認性の高さ

それでは1つずつ確認していきましょう。

関連性とは?

検索
“関連性とは、検索語句とローカルリスティングが合致する度合いを指します。
充実したビジネス情報を掲載すると、ビジネスについてのより的確な情報が提供されるため、リスティングと検索語句との関連性を高められます。”
出典・引用:Google のローカル検索結果のランキングを改善する方法

ここで言う関連性とは、「Googleマップ検索で入力されたキーワードと関係性の深いサービスかどうか」ということです。

例えば同じ業態の飲食店でも、ネット上で「居酒屋」としか情報公開していないお店と、「鉄板焼き居酒屋」とジャンルなどを詳しく情報公開しているお店では、後者の方がよりたくさんの検索キーワードで露出のチャンスが生まれます。

つまり、情報公開を詳しくすればするほど、Googleマップの掲載順位が上がる可能性があるということです。

そして、情報公開をする「場所」にもポイントがあります。

Googleが提供している無料のビジネスツール「Googleビジネスプロフィール」を使って情報公開をすることで、Googleにサービスが認知され、掲載順位のアップに追い風となります。(Googleビジネスプロフィールでサービスの情報公開をしたものが”リスティング”と呼ばれています)

「Googleマップ上での順位を上げよう」と決めたなら、まずはGoogleビジネスプロフィールを適切に管理するところから始めましょう。

関連記事:GOOGLEマイビジネスの登録方法を完全解説!運営上の注意2つも紹介

距離とは?

距離
“距離とは、検索語句で指定された場所から検索結果のビジネス所在地までの距離を指します。
検索語句で場所が指定されていない場合は、検索しているユーザーの現在地情報に基づいて距離が計算されます。”
出典・引用:Google のローカル検索結果のランキングを改善する方法

Googleは、「検索者が今どこにいるか」を把握しています。「近くのレストラン」といったような、地名の含まない検索でも適切な結果が返ってくるのはそのためです。

検索者にとっては、自分の現在位置から目的の場所までは近い方が楽です。なので、検索者の場所から近い距離にあるサービスは、Googleマップの掲載順位が上がりやすい傾向があります。(※地名を指定して検索した場合は別です)

しかし一つだけ注意があります。前項の「関連性」のところでもお話しした「Googleビジネスプロフィール」による情報公開がされていないと、距離が近くても検索結果に表示されない場合があります。

検索者からの距離は、Googleマップ上の順位を決める重要な要素ではありますが、「どれだけ詳しくサービスの情報公開をしているか」という要素に比べると比重は低いと言えるでしょう。

視認性の高さとは?

“視認性の高さとは、ビジネスがどれだけ広く知られているかを指します。
ビジネスによっては、オフラインでの知名度の方が高いことがありますが、ローカル検索結果のランキングにはこうした情報が加味されます。たとえば、有名な博物館、ランドマークとなるホテル、有名なブランド名を持つお店などは、ローカル検索結果で上位に表示されやすくなります。 ビジネスについてのウェブ上の情報(リンク、記事、店舗一覧など)も視認性の高さに影響します。Google でのクチコミ数とスコアも、ローカル検索結果のランキングに影響します。クチコミ数が多く評価の高いビジネスは、ランキングが高くなります。ウェブ検索結果での掲載順位も考慮に入れられるため、検索エンジン最適化(SEO)の手法も適用できます。”
出典・引用:Google のローカル検索結果のランキングを改善する方法

サービスの知名度が、Googleマップの掲載順位に影響を及ぼします。「どれだけ世間で話題になっているか」をGoogleは計測して、掲載順位に反映させているということです。

ウェブ上の知名度とは「あなたのサービスの情報がどれだけネット上に波及しているか」ということです。

・ネット上に書かれた高評価の口コミの数
・SNSなどで話題になった回数
・ホームページやブログ、公式SNSなどの媒体の数

これらの情報が多ければ多いほど、関連キーワードで検索された際にGoogleマップの掲載順位は上がる傾向が強いです。

補足
オフライン(現実世界)での知名度がすでにあるサービスであれば、その情報も加味されていきますが、あまりない場合は、「ウェブ上に情報を波及させる」という意識が必要です。

また、同業ライバルがどのくらいウェブ上で知名度があるのかを調べるには、店名検索をしてリスティング(検索画面右側の店舗情報の部分)を表示させます。

その中の「ウェブ上のレビュー」という箇所を見ると、どんな媒体でどのくらい話題になっているのかを大まかに知ることができます。

今すぐできる!上位表示のための5つの施策

この章では、前の章で述べた「掲載順位を決める3つの重大要素」をもとに、上位表示のためにできる5つの施策をご紹介します。

今すぐ実践できるものもあるので、ぜひ参考にしながら施策を行ってみてください。

それでは、具体的にどのような施策をすれば良いのか1つずつ確認していきましょう。

店舗情報を漏れなく、正確に入力する

今すぐできる施策1つ目は、「店舗情報をもれなく、正確に入力すること」です。

・店舗名
・サービス内容
・住所
・営業時間
・電話番号

などの正確な店舗プロフィールをGoogleビジネスプロフィールにログインし100%埋めましょう。

NAP情報を統一する

今すぐできる施策2つ目は、「NAP情報を統一すること」です。

NAPとは、
Name(店舗や会社の名前)
Address(所在地)
Phone(電話番号)
の頭文字を取ったものです。

NAPを統一するポイントは、「全角半角・カタカナ・ひらがな・スペース」に至るまで、一語一句すべて統一することです。

NAPを統一していないと、Googleからの評価が分散されてしまい正当な評価を得ることが出来ません。

インターネット上に掲載しているNAPが全て統一されているか、チェックしてみましょう。

関連記事:MEO対策におけるサイテーションとは?~誰でもできるサイテーション獲得~

口コミに返信する

今すぐできる施策3つ目は、<「ユーザーが投稿した口コミに返信すること」です。

上記のように実際に店舗の商品やサービスを利用したユーザーの口コミは、見込み客が来店するかの判断材料になります。

ユーザーが投稿した口コミにオーナーが返信を行うことで、店舗の好感度をあげることができ、さらには見込み客の来店意欲を高めることが出来ます。

このように口コミ返信は、見込み客の来店意欲を高めることが出来る施策です。

ユーザーが投稿した口コミに積極的に返信をしましょう。

口コミを増やす

今すぐできる施策4つ目は、「ユーザーからの口コミを増やすこと」です。

ユーザーからの口コミを増やすために、GoogleビジネスプロフィールやSNS上で口コミ投稿の依頼を発信することをGoogleは禁止としています。

ですので口コミを増やすために、ユーザーの目が届く所に口コミポップやチラシの設置、また口頭などで投稿のお願いをしましょう。

関連記事:GOOGLEマイビジネスの口コミ削除方法と増加方法を解説

対策が難しい場合は業者へ依頼する

MEO対策で上位表示をすることが難しいと判断したら、MEO業者に相談をしてみましょう。

MEO対策は、Googleビジネスプロフィールに登録することで誰でも始められる対策ではありますが、毎日のデータ確認や口コミへの返信など上位表示させる為の項目が多く、時間と手間がかかります。

弊社はMEO対策を行う業者であり、コツやノウハウを蓄積しています。

対策に興味がある方はぜひお気軽にお問い合わせください。

MEO対策業者の費用相場や業者選びのコツについてはこちらの記事をご覧ください。

関連記事:【MEO対策業者4選】業者選びが成功する4つの選定ポイント

まとめ

MEO対策で上位表示をする為には、「関連性」「距離」「視認性の高さ」を意識した施策が必要になります。

この3つの要素を理解した後は、実際にGoogleビジネスプロフィールに店舗情報を漏れなく、正確に入力し、NAP情報を統一、ユーザーからの口コミに返信していきましょう。

また、ご自身で対策をすることは可能ですが、MEO対策は実績やノウハウ、経験値が少ないため上位表示させるまでの時間がかかることが予想されます。

ご自身で対策を行ってみて難しいと感じたり、上位表示することができないとお悩みになった際は、MEO対策業者に相談をしてみてください。

これまでの対策実績から、ご自身に合った対策やコツを伝授してくれます。

弊社はMEO対策を中心に中小企業の集客対策のお手伝いをしております。

MEO対策に限らず、店舗の集客対策にお悩みの方はお気軽に弊社にご相談ください。

📑MEO対策についてお悩みの方はコチラ

カテゴリー: MEO(Googleマイビジネス)

MEO対策を始めたいけど何をしたらよいのかわからない。
と、お悩みではありませんか?

そんなお悩みがある方に向けて、実際にMEO対策を提供している株式会社トリニアスが「自分でできるMEO対策」について資料にまとめました。

MEO対策を自分で始めたい方や、そもそもMEO対策って何?とお考えの方に向けて、MEO対策の基礎知識やマイビジネスの登録方法を解説しています。

MEO対策について知りたい方やMEO対策の導入を検討している方はぜひご活用ください。

無料資料ダウンロードはこちら
TOPへ