Googleストリートビューの更新頻度を知るにはここをチェック!修正方法も説明

今回は「Googleストリートビューの更新頻度」についてお話していきます。
Googleストリートビューでは、今や日本中のほとんどの場所が確認できるようになりました。

しかしながら、
「この場所には新しくお店が入ったはずだけど、ストリートビューを見てみたら貸物件の看板が出たままだなぁ・・・」
なんて経験をしたことがある方もいるのではないでしょうか?

Googleストリートビューは、

ストリートビューカーなどで実際に道を走って撮影(全国を順番に回っている)
         ↓
撮影した画像に特殊な加工をして公開

というプロセスをたどるため、公開されたストリートビューと実際の現地の様子にはタイムラグがあります。

では、Googleストリートビューが最新の画像に置き換わるまでの期間は、一体どのくらいなのか?目安をお伝えしていきます。

Googleストリートビューの更新頻度はどのくらい?

実は、Googleストリートビューの更新頻度を正確に知ることはできません。冒頭から元も子もない話ですが、Googleが更新頻度を公表していないため、正確な月数・年数はわからないのが現状です。

しかし、おおよその目安は予想することができます。これはあくまで私の見解となりますが、

  • 人口の多い都市部・・・1年で更新
  • 人口の少ないのどかな町・・・2~3年で更新

このように、Googleストリートビューは場所によって更新頻度が違ってきます。

おおよその更新頻度を知るには「タイムマシン機能」を使う!

タイムマシーン

気になる場所の周辺のストリートビューが、どのくらいの更新頻度かを予想するには「タイムマシン機能」を使うと便利です。

タイムマシン機能とはその名の通り、今まで撮影してきたGoogleストリートビューを、過去にさかのぼって見ることができるものです。

タイムマシン機能を使うには、まずは気になる場所のGoogleストリートビューを表示します。

そして、左上の「ストリートビュー 〇〇年〇月」と書かれているそばに時計マークがある場合、それをクリックします。(時計マークが出ていない場合は、その場所の過去のストリートビューがないか、タイムマシン機能がまだ備わっていないか、Google以外の一般の方が公開したストリートビューか、のいずれかです)

すると小さなウインドウが表示され、その場所の過去のストリートビューを見ることができます。

例として、東京都台東区、浅草寺付近のGoogleストリートビューのタイムマシン機能をONにしてみましょう。すると、約1年おきにストリートビューが更新されていることがわかります。

地方のとある場所で、同じくタイムマシンを確認してみると、こちらは3年おきの更新になっています。

このようにタイムマシン機能により、だいたいの更新頻度は掴むことができます。

人口の多い都市部や人が多く集まる観光地などでは、道沿いの店舗の入れ替わり・新たな建物の建設などが頻繁におこなわれます。景色が変わりやすい特徴があるため、それにともないGoogleストリートビューの更新頻度も高い傾向があります。

Googleは更新頻度自体の公表はしていませんが、これから撮影する予定は公表しています。公式サイトで確認ができますので、気になる方はチェックしてみてください。

>>Google公式サイトで撮影予定を知る

Googleストリートビューを最新の状態に修正するには?

Googleストリートビューのタイムラグにより、実際の現地の様子と公開されているストリートビューに違いがある場合、次の3つの方法で修正することができます。

①新たなストリートビューを投稿する

最も時間がかからない方法と言えます。

360度パノラマ画像が撮影できるカメラと、Googleストリートビューのアプリを使って、新しいストリートビューを作成し投稿する方法です。

自作でもできますが、例えば店舗や商業施設など「見せる(情報開示する)ことがプラスのアピールになりそうな場所」のオーナーであれば、Googleストリートビュー認定フォトグラファーに依頼して、外観のみならず室内を含むストリートビューを撮影してもいいでしょう。

ストリートビューが完成しネット上に公開すれば、数時間~数日で最新のストリートビューに変更することができます。(作成には10日間くらいかかります)

②Googleに間違いを報告する

このお店はもう閉店していて、別のお店に変わっている!などの場合は、Googleマップより報告ができます。

Googleアカウントでログインした状態でGoogleマップを開き、報告したい場所を地図上でクリックし。その場所にピンを立てます。

ピンが立ったら左側の詳細欄の「情報の修正を提案」をクリック。

すると次の画面で、具体的にどこが間違っているのか聞かれます。それぞれの項目がクリックできるようになっているので、間違いのある箇所をクリックし、新しい情報に直して「送信」しましょう。

これにより、Google側に「この場所、実際は違いますよ!」という報告ができます。

ただし、あくまで報告までです。ストリートビューがGoogle側により、いつ正されるかはわかりません。

③次の更新まで待つ

平たく言うと、何もせずに放置しておくことです。

この記事の最初のほうでもお話ししましたが、Googleストリートビューは都市部であれば約1年、地方ののどかな場所であれば約2~3年の頻度で更新されます。

実際の様子とGoogleストリートビューに違いはあるものの、特に緊急性がない場合は、気長に次の更新を待ちましょう。

以上が、Googleストリートビューを最新の状態に修正する方法となります。

まとめ

道沿いを撮影していくGoogleストリートビューは、Googleのスケジュールにより撮影日や更新頻度が決まっています。繰り返しますが、だいたい都市部では1年おき、人口の少ない場所では2~3年おきの更新です。

Googleに、最新の状態へ修正するリクエストを送っても、すぐには反映されません。

もしも、店舗や施設のストリートビューの見え方がイマイチ・・・だった場合。

その場所の経営者の方は、新たなストリートビューを自ら用意して公開するのが、解決までに一番早い方法と言えるでしょう。

Googleストリートビューを新たに用意するには、手間と時間が多少かかってもいいなら自作で、普段の営業に差し障りなく用意するなら認定フォトグラファーに依頼して撮影してもらいます。どちらがいいか検討し、良いほうを選択されるといいでしょう。
弊社はgoogleストリートビュー撮影の見積もりもお出ししておりますので、導入を検討されている方はお気軽にご相談ください。

カテゴリー: Googleストリートビュー

MEO対策を始めたいけど何をしたらよいのかわからない。
と、お悩みではありませんか?

そんなお悩みがある方に向けて、実際にMEO対策を提供している株式会社トリニアスが「自分でできるMEO対策」について資料にまとめました。

MEO対策を自分で始めたい方や、そもそもMEO対策って何?とお考えの方に向けて、MEO対策の基礎知識やマイビジネスの登録方法を解説しています。

MEO対策について知りたい方やMEO対策の導入を検討している方はぜひご活用ください。

無料資料ダウンロードはこちら
TOPへ