Instagram プロフィール

Instagramはプロフィールが重要。失敗しない写真選びと書き方のコツを紹介

🔄最終更新日:2か月前

Instagramのプロフィールは気になる投稿を見つけた時にユーザーが最初に訪れるInstagramアカウントの窓口のような部分です。

写真や紹介文を自由に設定できる特徴があり、余りにも自由すぎて「何を書けば良いか分からない」「どんな写真を使えばいいのだろう」と頭を悩ませてる方も多いでしょう。

そこで、本記事ではそのような方に向けて、フォロワーが増えるプロフィールの書き方や、参考にしたい例をまとめました。

読者様のInstagramプロフィール作成の参考になれば幸いです。

📑Instagram運用代行サービスについて問い合わせる

Instagramのプロフィールとは

Instagramのプロフィールとは、他のユーザーに自分を知ってもらうための窓口となる部分で

・アイコン(写真)
・ユーザーネームと名前
・自己紹介文

などで構成されています。

Instagramのユーザーは「いいね」や「発見タブ」で気になるものを見つけた後、そのアカウントのプロフィールページへ飛んでより詳しい情報を調べ、「そのアカウントをフォローするか否か」を判断することが多いです。

その時、プロフィールが簡素なままだと、ユーザーの興味を集めにくくなり、「フォロワーを増やす」ことや「Instagramをビジネスで活かす」ことが困難になるでしょう。

Instagramアカウントを成長させたいと考えてる方は、プロフィール作成はすぐにでも挑戦すべきInstagram施策の1つです。

Instagramプロフィール「書き方のポイント」

Instagramのプロフィールはフォロワーを増やすために非常に重要な要素の一つですが、「実際にどんなプロフィールを作れば良いのか」と疑問に思う方も多いでしょう。

そこで本章では「フォロワーを増やすInstagramプロフィールの書き方のポイント」をご紹介します。

プロフィール画像をアカウントのテーマに合ったものにする

プロフィール画像はInstagramアカウントの第一印象を決める部分のため、設定する画像には細心の注意を払う必要があります。

例えば、店舗を紹介するためのアカウントの場合はお店の外観や看板、HPにある企業ロゴなどを使用して、ユーザーに「店舗アカウントである」ことを認知してもらいましょう。

その際に「画像が荒い」「文字が見切れている」など質の低いものを使うと、ユーザーの関心が離れてしまう危険性があるので「鮮明で見やすい画像」を使用して下さい。

2つの名前に気を遣う

プロフィールには「ユーザーネーム」と「名前」という2つの名前があります。

ユーザーネーム…投稿に表示される名前(※ログイン時のIDやアカウントを検索する際にも使用する)
名前…プロフィールページに表示される名前

「ユーザーネーム」は最初に店舗名をアルファベットで入力し、可能であれば業種名も入れておくと、投稿やプロフィールを見たユーザーが「何の(どこの、誰の)アカウントなのか」を判断しやすくなります。

ただし、使用できるのはアルファベットのみのため、区切りの良いところでアンダーバーや数字を使うなど、わかりやすいユーザーネームになるよう工夫しましょう。

例)
starbucks_j
kao_official_jp

「名前」はアルファベット以外も使用できるので「店名・業種」を入力し、新商品やサービス名も入れることで「アピールポイント」をユーザーにわかりやすく伝えられます。

例)
飲食店 ○○焼き肉店【こだわりのホルモン】
エステ ○○エステ【結果の出るエステ】
ジム  ○○ジム【専属トレーナーがバックアップ!今だけ入会金無料】

季節限定メニューの販売やイベントを行っている店舗の場合は、そのタイミングに合わせて変更することで、何度かプロフィールを訪れたことがあるユーザーにもその都度インパクトを与えられるでしょう。

ただし、名前の変更は14日間の間に2回までという制限があります。

「変更したい時に変更ができない」という事態に陥らないように、名前の変更は計画的に行いましょう。

特殊文字やハッシュタグで自己紹介文をさらにお洒落にする

写真や名前を入力できたら、次は自己紹介文の作成に移りましょう。

自己紹介文は150字まで入力することができるため、名前だけでは伝えきれなかった店舗の魅力ををアピールできます。

また「絵文字・装飾・フォント」などの特殊文字を使ったり、ハッシュタグを入れることもできるので、他社と差別化されたオリジナリティ溢れるプロフィールを作成できます。

しかし、あまりにも文面を詰めて入力してしまうとスマホやPC上で読みにくい文章になるので、「改行」や「空白」を駆使して、読みやすい自己紹介を作成しましょう。

ポイントは、伝えたいことを「文章で書き上げる」のではなく、「箇条書きにする」というイメージを持つことです。

例)
改行・装飾前

株式会社トリニアス【採用アカウント】です。
2012年2月2日の設立以来、マーケティング・コンサルティング企業としてお客様のお悩みの解決に全力を注いでいます。
都営大江戸線 東新宿駅 B1出口より徒歩5分でアクセスが良いのが特徴です。
エントリーやご質問がある場合はお気軽にDMでお問い合わせください。


改行・装飾後

伝えたいことを一目でわかりやすくユーザーに届けられるのが良い自己紹介文ですので、何度か書き直したり、知人に読み易さを聞いてみたりして最高の自己紹介文を作成しましょう。

URL欄に自身がアピールできるものを入力する

URL欄は自身が誘導したいサイトやページのリンクを貼れる場所です。

Instagramのプロフィールでは、URL欄以外に外部(HPや他SNSなど)へのリンクを貼るとただの文字列として表示されてしまい、タップしただけではリンク先へアクセスできません。

サイトやページへの流入を増やすために、リンクは必ず入力しておきましょう。

具体例)
・自社のHPリンク
・Instagram以外のSNSアカウント
・ポータルサイトのリンク

リンク先の説明は自己紹介文の最後の一行に入れることで自然な流れでユーザーを誘導できます。

ハイライトのテーマ決めと、トンマナを揃える

投稿後24時間で消えてしまうストーリーズは、アカウントの今を伝えることができ、Instagramユーザーにとって人気のコンテンツです。

中でも反響の多い投稿をハイライトにまとめることで、プロフィールを訪れたユーザーにご自身のアカウントが普段どのような投稿をしているのかを手軽に知ってもらうことができます。

ハイライトで重視する点は、ハイライトの「テーマ」と「トンマナの統一」の2点。

テーマ…ハイライトとしてまとめる内容(例:人気商品、Q&A)
トンマナ…使用する文体や画像の雰囲気の統一(例:色は白黒、フォントは明朝)

「テーマ」はユーザーが思わず気になるようなものを考えて設定し、ユーザーにストーリーズを長く見て貰えるような仕掛けを作りましょう。

タップしてもらったユーザーにストーリーズを見せることで、滞在時間の上昇やフォローの可能性が上がります。

「トンマナの統一」とは使用する文体や画像の雰囲気を統一させることを指し、Instagram運用においてはプロフィール以外でも重要視されるポイントです。

ハイライトの表紙と画像を揃えることで、全体的な見栄えを綺麗にしてトンマナを統一させましょう。

Instagramプロフィール 業種別事例

では、実際にどんなプロフィールを作成していけば良いのでしょうか。

ここからは弊社が独自にリサーチして集めたぜひ真似したいプロフィールの例をまとめました。
業種ごとにご紹介しますので、お困りの方の参考になれば幸いです。

飲食店

牛丼チェーンとして有名な吉野家は、通販サービス情報を「おうち吉野家」のアカウントで発信しています。

「プロフィール画像・ユーザーネーム・名前」にきちんと店舗名を入れることで、一目見ただけでハッキリと「あの吉野家だ」とユーザー側が認知できます。

自己紹介文も改行やハッシュタグを使うことで見やすくなっており、ユーザーが「商品が欲しい」と思った瞬間にすぐ購入できるようURLもきちんと設置されていました。

ユーザーの心理状態を考えたプロフィール設計がされています。

2018年ごろから女性を中心にインスタ映えを狙う写真が大量に投稿され「タピオカブーム」の火付け役となったゴンチャの公式アカウントも、見え方を意識したInstagramプロフィールを作っています。

お洒落な文面の中に絵文字を投入し、自己紹介文にはユーザーに使って欲しいハッシュタグを組み込んでから写真の投稿を促しています。

新商品が発売するたびにハイライトを更新していくのもポイントで、ユーザーに常に最新情報を届けられる体制が整っています。

ジム

ティップネスグループのInstagramアカウントは、ハイライトの数が非常に多いのが特徴です。

スポーツジムという業種上、スタッフやお客様を巻き込んで様々な取り組みを行っており、それぞれの活動報告をハイライトにまとめています。

チェーン展開をしていることもあり、URLには近くのお店が見つかるように店舗検索のリンクを貼りつけているのも工夫の1つ。

このジムに行くことで体験できることが、一目で分かるプロフィールです。

美容サロン

美容室LIPPS(リップス)のInstagramアカウントは、名前のインパクトが印象深いプロフィールです。

「カッコつけていこう」と目を引くキャッチコピーを名前に入れた後、自己紹介文の一行目で「確かな実績」を載せることでどんな美容室かをしっかりとアピール。

「そのお店らしいプロフィール」の作成は重要なポイントです。

整骨院

𝗶𝗖𝘂𝗿𝗲 鍼灸接骨院グループのInstagramは全体的にトンマナがしっかりと統一されており、清潔感が感じられるプロフィールになっています。

ハイライトも整骨院ならではのテーマがまとめられており、ユーザーがつい覗きたくなってしまう仕組みが施されています。

また、YouTubeはリンクを貼らず「検索キーワード」だけを残しておくことで、余ったURL欄に自社のWEBサイトを貼って宣伝を行うなどの工夫がされています。

学習塾

武田塾の公式Instagramでは、行間を空けるために「・」が使われています。

Instagramの自己紹介文では完全な空白での行間空けができないので、文の邪魔にならない「・」などを上手く使って行間を空けます。

また、自身のターゲット層が検索するであろうキーワードやハッシュタグを自己紹介文に入れることで、より見込み客に近いユーザーにリーチしやすい状態にしています。

ハイライトでは昨日よりも賢くなれるマメ知識をまとめ、ユーザーの「学びたい欲」を刺激していました。

進学塾らしく学生、受験生の意欲を掻き立てるプロフィールになっています。

まとめ

以上、Instagramのプロフィールについてお届けしました。
プロフィールはユーザーとの最初の窓口となり、完成度次第ではユーザーをファンに変えられる力を秘めています。

フォロワーを増やしたい場合は、ぜひ本記事でご紹介した「プロフィールの書き方のポイント」を抑え、ユーザーの心を掴む魅力的になプロフィールを作成してみてください。

プロフィール作成が完了し次第、フィード投稿リール作成に力を入れてアカウント自体の成長を目指していきましょう。

📑Instagram運用代行サービスについて問い合わせる

※2021年11月4日(木)にGoogleは「Googleマイビジネス」の名称を
「Googleビジネスプロフィール(Google Business Profile)」に変更しました。

カテゴリー: Instagram

MEO対策を始めたいけど何をしたらよいのかわからない。
と、お悩みではありませんか?

そんなお悩みがある方に向けて、実際にMEO対策を提供している株式会社トリニアスが「自分でできるMEO対策」について資料にまとめました。

MEO対策を自分で始めたい方や、そもそもMEO対策って何?とお考えの方に向けて、MEO対策の基礎知識やマイビジネスの登録方法を解説しています。

MEO対策について知りたい方やMEO対策の導入を検討している方はぜひご活用ください。

無料資料ダウンロードはこちら
TOPへ