Instagramの企業アカウントの作成方法、活用方法を徹底解説

🔄最終更新日:2か月前

利用者数3300万人と日本で人気のSNS「Instagram(インスタグラム)」。
利用者数が多いことからビジネス利用する企業も増加しており、大手企業から個人店まで多くの企業が利用しています。

そんなInstagramには、「プロアカウント」という商業利用するユーザー向けのアカウントがあります。

プロアカウントは、「クリエイター」と「ビジネス」の2種類があり、どちらもほぼ同じですが、企業には「ビジネス」がおすすめです。

そこで、今回は、ビジネスアカウントに変える方法やビジネスアカウントで出来ることについて解説していきます。
ぜひ一緒にビジネスアカウントに変更してみましょう。

Instagramビジネスアカウントとは?

Instagramのビジネスアカウントとは、その名の通り、企業としてInstagramを利用するためのアカウントで、一般的なアカウントとは違い、Instagramをビジネス利用するための機能が備わってます。

そして、冒頭でご説明した通り、Instagramにはプロアカウントという商業利用する人のためのアカウントがあり、クリエイターとビジネスの2つが選択できます。

クリエイターは、著名人やインフルエンサーが利用し、
ビジネスは、店舗や組織などが利用します。

個人アカウント・クリエイター・ビジネスには、それぞれ違いがあり、企業としてInstagramを利用する場合は、来店予約や経路案内が出来るビジネスがおすすめです。

機能 プロアカウント(ビジネス) プロアカウント(クリエイター) 個人アカウント
プロフィールボタン
  1. 電話
  2. メール
  3. メッセージ(DM)
  4. 住所(Googlemapと連携)
  5. 予約する
  6. 料理を注文
  7. 席を予約する
  8. チケットを購入
  1. 電話
  2. メール
  3. メッセージ(DM)
  • ①メッセージ(DM)
  • DM 2つ メイン・一般の2種類 1つ
    Instagramインサイト あり なし
    Instagram広告 あり なし
    Instagramショッピング あり なし
    アカウント非公開 なし あり

    参考:参考:Instagram公式,bitknot

    Instagramビジネスアカウントの作成方法

    Instagramビジネスアカウントは、3つのステップを踏むことで作成出来ます。
    分かりやすいよう、画像付きで各ステップの流れをご紹介します。

    アカウントを作成

    まず初めにInstagramのアカウントを作成しましょう。

    Instagramアカウントを登録する

    アカウント登録には、以下の3点のいずれかが必要となります。

    • 電話番号
    • メールアドレス
    • Facebookの個人アカウント情報

    画面の指示に従って必要事項を入力していき、アカウント登録を行いましょう。
    ※パスワードは、自分の覚えやすい文字列、またはメモを取るなどして忘れないようにしましょう。
    アカウントを既に持っている方は、次の「2-2 ビジネスアカウントへ切り替える」にお進み下さい。

    ビジネスアカウントへ切り替える

    アカウント登録が完了したら「プロフィールを編集」からプロアカウントへの切り替えを行います。

    「プロアカウントに切り替え」を選択すると、「クリエイター」か「ビジネス」を選ぶ画面に移動します。

    ビジネスを選択し、次に、行っている業種のカテゴリーを選択します。

    その後は連絡先情報の登録が求められるので、画面の指示に従い入力しましょう。

    プロフィールを設定する

    最後に、プロフィールの詳細登録を行いましょう。
    「プロフィールの編集」を選択し、プロフィール写真、自己紹介文、WEBサイトなどの情報を入力します。

    企業アカウントでは、このプロフィールが”企業の顔”となるため、とても重要です。
    その理由は、「4-2 プロフィールを疎かにしない。」で解説します。

    以上でInstagramビジネスアカウントの作成は完了です。
    次からはInstagramビジネスアカウントのメリットについてお伝えします。

    Instagramビジネスアカウントのメリット

    Instagramビジネスアカウントのメリットは、以下の通りです。

    • Instagram広告が出せる
    • Instagramインサイトが使用可能
    • アクションに繋げやすい

    それぞれ一つずつ詳しくご紹介します。

    Instagram広告が出せる

    Instagramビジネスアカウントにすると、1日1$(約100円)のInstagram広告が出稿できます。
    お手頃な価格から始められ、またターゲットを設定出来るため、最適なユーザーへと広告をストレートに届けられます。

    Instagramならではの魅力的な様々なフォーマットから広告出稿方法を選べるため、今までに関わりのなかったユーザーとの繋がりを増やせます。
    ※Instagram広告は、Facebookアカウントのみでも出稿出来ます。

    Instagram広告の出稿方法はこちらの記事をご覧ください。

    Instagramインサイトが使用可能

    Instagramビジネスアカウントにすると、Instagramインサイトが利用できるようになります。
    Instagramインサイトとは、Instagramプロアカウントに搭載されている分析ツールで、フォロワーの年齢や性別、よく見られている投稿の傾向やアクセスの多い時間帯などが確認できます。

    運営者はこの情報を基に、自身の投稿を整理したり改善を行うことで、より効果的なInstagram運用が出来ます。
    Instagramでの集客は、フォロワー数が全てではないため、どれだけ保存やいいねがされているのか、Instagramインサイトで確認することで、効果を数字で確認できます。

    アクションに繋げやすい

    Instagramビジネスアカウントにすると、
    【予約】【電話】【メール】【DM】【経路案内】【ショップ機能】【ウェブサイトのリンク】などの、”アクションを起こしやすい機能”を沢山利用できるようになります。

    クリエイターでも、メールや電話、メッセージ(DM)が利用できるため、商品というよりサービス提供が主な、歯科医院や整体・接骨院、幼稚園・保育園などは、クリエイターでも良いでしょう。

    ただ、オンラインでの商品販売を行っていたり、予約制やチケット購入制の店舗は、ビジネスにすることで、ECサイトや予約サイトへの誘導が可能となります。

    途中で変更する事も可能ですが、ビジネスにして損することはないため、本記事をご覧になっている集客をお考えの方には、ビジネスにすることがおすすめです。

    損しないInstagramビジネスアカウントの使い方

    本章では、損しないInstagramビジネスアカウントの使い方3選をご紹介いたします。
    Instagramビジネスアカウントを作成したら、必ず行いましょう。

    明確な目標・目的(ゴール)を持って運用する。

    これはInstagram運用に限った話ではありませんが、集客施策を行うの際は「どうなったらゴールか」をきちんと設定しておきましょう。
    目標を曖昧にしてしまうと、何が正解か分からずにただ投稿しているだけになってしまい、せっかく良い投稿ができても次に繋がりません。
    「Instagramからの予約を増やす」「Instagramから直接販売のルートを確立する」など、具体的な目標を作ってInstagramビジネスアカウントを運用しましょう。

    プロフィールを疎かにしない。

    Instagramのプロフィール情報はアナタの企業の顔となります。
    ここを適当に入力してしまったり余りにも情報が薄くなってしまうと、ユーザーはあなたのページから離れていきます。 そして、ユーザーがあなたのページに再び訪れる可能性も少なくなってしまうでしょう。
    なので、プロフィール文面や写真、webサイトはきちんと整えて中身のあるものを入力しましょう。

    定期的な更新を忘れずに。

    目的を決めてプロフィールがしっかりと入力できたら、定期的な投稿を心がけましょう。
    フォローをしたときは、あなたのページに魅力を感じていますが、投稿頻度が少ないと、ユーザーとの接点が減り、「フォローをしている意味」が薄れてしまい、長く付き合ってくれるフォロワーの獲得が難しくなってしまいます。

    投稿頻度のポイントは「多くなりすぎず、少なくなりすぎず」で、おすすめは、一日一投稿です。
    定期的に投稿することで、投稿を楽しみに待つフォロワーが獲得できる可能性が生まれます。

    定期配信は難しいと感じた方は、Instagram運用代行業者に管理を頼むのもおすすめです。
    弊社でもInstagram運用代行を行っているので、運用に関して疑問があったり、お悩みの際はお気軽に下のリンクからご相談ください。

    📑Instagram運用代行サービスについて問い合わせる

    Instagramビジネスアカウントの導入事例

    最後に「Instagramビジネスアカウント」の具体的な導入例をご紹介したいと思います。
    実際の導入事例を見て、運用方法のご参考になれば幸いです。

    パーソナルジム24/7Workout公式

    パーソナルジムならではのトレーニングに役立つ情報を更新しています。
    日頃のダイエットの参考にしたい方に向けた動画や写真を投稿。
    プロフィール欄に無料カウンセリングのリンクを作ることで、お問い合わせしやすい状態にしています。

    アニヴェルセルカフェ 表参道

    表参道にあるアニヴェルセルカフェ 表参道の公式Instagramに投稿されていたのは、一目見て行きたくなるメニューの写真です。
    色鮮やかでいかにも「インスタ映え」しそうなメニューの数々を投稿し、ユーザーの興味を引く内容となっていました。
    定期的にメニューを更新し、その度に写真を更新しているのもポイントです。

    まとめ

    今回は企業向け「Instagramビジネスアカウント」の作成方法、メリットや損しない活用方法についてご紹介しました。
    アカウント作成後はプロフィールの充実や、定期的な投稿を心がけて長期的なフォロワーの獲得を狙いましょう。
    適切な運用であなたのビジネスにお役立てください。

    ※2021年11月4日(木)にGoogleは「Googleマイビジネス」の名称を
    「Googleビジネスプロフィール(Google Business Profile)」に変更しました。

    カテゴリー: Instagram

    MEO対策を始めたいけど何をしたらよいのかわからない。
    と、お悩みではありませんか?

    そんなお悩みがある方に向けて、実際にMEO対策を提供している株式会社トリニアスが「自分でできるMEO対策」について資料にまとめました。

    MEO対策を自分で始めたい方や、そもそもMEO対策って何?とお考えの方に向けて、MEO対策の基礎知識やマイビジネスの登録方法を解説しています。

    MEO対策について知りたい方やMEO対策の導入を検討している方はぜひご活用ください。

    無料資料ダウンロードはこちら
    TOPへ