マケスク > SNS > Instagram > Instagramのショッピング機能(shop now)の使い方・ポイント・事例を解説

Instagramのショッピング機能(shop now)の使い方・ポイント・事例を解説

2022.05.27

Instagramのショッピング機能(※Shop Now)をご存じでしょうか?

ショッピング機能は「ショッピングタグ」を直接投稿に入れることで、ユーザーの購入までの手間を減らすことを可能にした機能です。

ECサイトなどを運営しているアカウントにとっては、新たな流入を増やす絶好の機会となります。

しかし・・・
「登録方法がわからない」
「使い方はどうすれば良い?」
「どんなタグを入れればいいの?」
と疑問の声を見かけることも多くなりました。

そんな方のお悩みを解決するために、Instagramのショッピング機能について詳しくまとめました。

最後までご覧になって、あなたのInstagram運用にお役立てください。

※以降はショッピング機能と表記します。

\Instagram運用代行サービス/

Instagramショッピング機能とは

Instagramのショッピング機能とは、リールストーリーズフィード投稿から簡単に気に入った商品を購入できる機能です。

他のWEBサイトでHPを検索したり、商品を探す必要が無くなったので、ユーザーにとって手間のかからない購入体験が可能となりました。

商品タグを投稿に入れることで、そのまま購入へと繋げられます。
また、ショッピングタグが付いている投稿は、自身のことを知らないユーザーに広告としても届けられるので、新たなリーチが広がるでしょう。

ショッピング機能を利用するには、自身のEC(通販)サイトとFacebookでのショップ登録が必要になります。

ショッピング機能以外にも、Facebookのビジネスアカウントには便利な使用方法があるので、作成しておくことをおすすめします。

Instagramショップとは

Instagramのショップ機能は、ショッピング機能をさらに充実させるために2020年にリリースされました。

Instagramショッピング機能の登録が完了することで、プロフィールに「ショップ」という項目が追加されます。

Instagramショップは、コロナウイルスの影響で外に出られなくなったユーザー達や、売り上げに困っていたビジネスアカウントをお持ちの方にとって大きな助け舟となりました。

ショップ機能により新たに拡張された点は次の3点です。

  1. ショップタブで認知拡大
  2. コレクション機能の活用により、ジャンルごとのまとめが可能
  3. フィードだけでなく、リール、ストーリーズにもショッピングタグを追加できる

ショップタブで認知拡大

ショップ機能のスタート後、Instagramのホーム画面には「ショップタブ」が追加されました。

ショップタブに画面を切り替えると、Instagram側が投稿の閲覧履歴やフォロワーのジャンルなどを加味して「そのアカウントにおすすめ」と判断した商品たちをピックアップしてくれます。

ユーザーは気になった商品をタップしてサクサクと購入画面へ進められます。
ショップ機能の運営者にとっては、フォローの有無に問わず「自身のターゲット層」に商品をレコメンドできるため非常に便利な機能でしょう。

コレクション機能の活用により、ジャンルごとのまとめが可能

コレクションとは、ショッピングタグを使った投稿を「テーマ」や「ジャンル」ごとにまとめられる機能で、商品を複数取り扱っているビジネスアカウントにおすすめの機能です。

まとめたコレクションは「カバー画像」、「名前」、「説明」を自身の自由に設定できるので・・・

  • 売り上げの高い投稿をまとめて「ベスト10」と名前をつける。
  • 「誕生日プレゼントに最適」と名付けてコレクションを行う。

上記のように「分かりやすいテーマ」で作成したり、「ユーザーが求めそうなこと」を考えて名前をつけるとより効果が出やすくなるでしょう。

リール、ストーリーズにもショッピングタグを追加できる

Instagramショップがリリースされてから、それまではフィード投稿にしか入れることができなかったショッピングタグが「リール、ストーリーズ、Instagramライブ(日本ではまだ未実装)」にも追加が可能となりました。

フォローの有無を問わず表示できるリール動画から新たな流入を獲得できたり、ストーリーズを気に入ってくれたフォロワーが拡散してくれたりと、投稿できるコンテンツが増えたことでターゲット層へのアピールが上手く行えるでしょう。

ショッピング機能の利用方法

ショッピング機能を使うためには、下記のステップを乗り越える必要があります。

  • まずはショップの利用資格があるか確認する
  • プロアカウントに切り替え、Facebookと連携させる
  • Facebookページにショップを追加
  • カタログを作成する
  • ショップを公開する
  • Instagram上でショッピング機能の審査を申請する
  • 投稿にショッピングタグを追加する

順番に確認しましょう。

まずはショップの利用資格があるか確認する

自身のビジネスアカウントがショップの開設の利用資格を満たしているか確認します。

Instagramでショップを開くには、Meta社が定めるコマースの利用条件を満たした上で審査をパスする必要があります。

※コマースの利用条件

  • FacebookとInstagramのポリシーに準拠していること
  • 該当するビジネスとドメインに紐づいていること
  • 所在地がコマースを利用できること
  • 信頼性を示すこと
  • 正確な情報を提供し、ベストプラクティスに従うこと
  • 出典:コマースの利用要件

ショップの申請を送るには「Facebookのビジネスアカウント」と「Instagramのビジネスアカウント」が必要になります。

しっかりと下準備をしてからショップの開設を始めましょう。

ビジネスアカウントに切り替えて、Facebookと連携させる

Instagramを通常のアカウントのまま使用している方は、ビジネスアカウントに切り替えて下さい。
Instagramのビジネスアカウントはショップ以外にも、広告が出せたりするので集客を狙う上で非常に便利です。

アカウントを切り替えた後は、Facebookのアカウントと連携させましょう。

どちらもアプリの設定画面から簡単に連携を行えます。

Facebookでショップを開設する

連携が済んだらFacebookページでショップを開設しましょう。
ホーム画面の右側にある「テンプレートとタブ」をクリックすると様々な選択肢が表示されます。

その中から「ショップ」を探し出して、右側にあるチェックマークをONにします。

ホーム画面に「商品を販売」という項目が設置されるので、そちらをクリックすると詳細情報の入力に進みます。

画面の指示に従って全て入力後、「ショップ申請を送る」を押すとFacebook側からの審査待ち状態にステータスが切り替わります。

その後は、「ユーザーの支払方法」「紐づけするアカウント」の設定になります。

「ユーザーの支払方法」は下記の3種類になります。

  • 他のウェブサイトでチェックアウト・・・自分のもっているECサイトへ誘導し、ECサイト上で精算してもらう方法
  • FacebookまたはInstagramでチェックアウト・・・SNS上にカード情報を入力し、FacebookあるいはInstagram上で購入できる機能。(現時点は米国のみ提供)
  • メッセージによるチェックアウト・・・直接連絡のメッセージを受け取った後に支払いしてもらう方法

多くの場合は、ECサイトを使って決済を行うので「他のウェブサイトでチェックアウト」を選びましょう。

支払方法を決定したら、紐づけするアカウントを入力しましょう。

以上で、基本設定は完了です。

カタログを作成する

ショップの設定が済んだら、次は商品選びに一番大事なカタログの作成になります。
カタログの作成はトップページにある「コマース」を選ぶことで作成できます。

右上にある「アイテムを追加」を選択すると、商品の詳細を入力する項目に切り替わるので必要情報を入力して下さい。

「在庫」、「サイズ」など全ての設定を入力して完了を押して、「アイテムがカタログに追加されました」と表示されたら終了です。他にも商品を追加したい場合は、同じ手順でどんどんと追加していきましょう。

ショップを公開する

カタログの作成が終了したら、ショップの公開に進みましょう。
コマースのトップ画面に戻り、画面中央にある「ショップを公開」を選択します。

選択後に出てくる「ショップの表示設定」を完了させたら、「アップデートを公開」をクリックして下さい。

Meta社の許可が下り次第、ショップ機能が解放されます。

Instagramでもショッピング申請をする。

Facebookでの操作が完了したら、次はInstagramでショッピング申請を送りましょう。

アカウントの設定画面から、「ビジネス」、「ショッピングに登録」の流れで進んでいきます。

スタートを押すと「審査をするカタログの選択」と出るので、Facebookで登録したアカウントのURLを選びましょう。

画面下に出てくる「送信」を押すと、自動的にInstagramでの審査が始まりますので許可が降りるまで待ちましょう。

ショッピングタグを追加する

Instagramの許可が降りたら、投稿にショッピングタグを追加しましょう。
フィードやストーリーズ、リールをシェアする直前の詳細画面には、タグ付けという項目があります。

そこで紹介したい商品のタグを選んで投稿しましょう。

投稿の種類ごとの追加方法はコチラ

フィード投稿やストーリーズには写真・映像と共にショッピングタグが表示され、タップすると商品詳細画面・購入画面へ切り替わります。

プロフィールにもショップという項目が追加され、前章でお話しした機能が使えるようになりました。

※注意 ショッピングタグの追加・閲覧はスマートフォンでしかできません。
PCでいくら時間をかけても追加できないので気を付けましょう。

以上がInstagramのショッピング機能をスタートさせる大まかな流れです。

ショッピング機能を上手く使うテクニック

ユーザーにストレスを与えることなく購入へ繋げられるのがInstagramのショッピング機能です。

ビジネスアカウント利用者の方はショッピング機能を「最大限に活かしたい」と思う方も多いでしょう。
本章では「ショッピング機能」を上手く使うポイントと題して、すぐに実践できる4つのテクニックをご紹介します。

様々なコンテンツでショッピングタグを利用する

フィード投稿だけでなく様々なコンテンツでショッピングタグを利用しましょう。

ユーザーとの接触機会が多い方が流入も多くなるので、同じ商品を扱った違うパターンの投稿を作成してショッピングタグを埋め込んでください。

「フィード、ストーリーズ、リール」は投稿の性質も閲覧するユーザー層も異なってくるのでタイプの違うお客さんが集まってきます。

普段の店舗運営だけではリーチしなかった層に「届く」のも魅力でしょう。

追加できるショッピングタグは5件

投稿に追加できるショッピングタグは最大で5件です。

アパレル系などはアイテム数が多すぎると、ショッピングタグを追加できない可能性が出てきてしまいます。

5個以上の商品が入ってしまった場合は、優先順位を決めてショッピングタグを付けましょう。

ストーリーズやリールと違って、フィード投稿ではアイテムごとにショッピングタグをつけられるので、画像が見にくくならないようにタグをつける位置には注意して下さい。

ハイライト機能をONにして、すぐまとめられるようにする

ストーリーズは投稿してから、24時間で非表示になってしまう投稿方法です。

投稿自体がどんなにバズっても24時間後にはユーザーのストーリーズトレイからは消えてしまいます。
「せっかく買いたかったのに・・・」
「あの商品どこだろう・・・」
など上記のような不幸なユーザーを生み出すことが無いように、ショッピングタグを付けたストーリーズたちはハイライトにまとめましょう。

ハイライトはテーマごとにまとめられるので、「季節もの」、「人気商品」、「限定品」などユーザーの興味を惹きつけられそうなテーマ名をつけるのがおすすめです。

期限切れのショッピングタグが無いか確認を怠らない

「セール品」や「季節もの」の商品がある場合は、期限切れのショッピングタグが無いかをしっかりとチェックしましょう。

期限切れの商品が残ったままだと、タップしてくれたユーザーに不快感を与えてしまいます。
それだけで済めば良いですが、最悪の場合はクレームに繋がるかもしれません。

ユーザーに誤解を与えてしまう投稿はアーカイブに移動させて、ユーザーにストレスを感じさせないInstagram運営を目指しましょう。

ショッピング機能導入事例

実際にショッピングタグを行っている企業を3つほどご紹介させて頂きます。
自身のショッピング機能に活かせる部分も必ずあるはずなので、ぜひ参考にして下さい。

BASE FOOD(ベースフード) 食品系

ダイエットや糖質制限を応援する食品を提供しているBASE FOOD(ベースフード)の公式アカウントでは、自社の製品を使ったアレンジレシピのフィード投稿を行ってます。

メニューに使った商品のショッピングタグを入れることで、是非試したいと思ったユーザーがすぐ購入できるシステムになっています。

商品のアレンジを紹介しつつ、ショッピングタグを埋め込むのは「食品」業界ならではの方法でしょう。

COLORIA(カラリア) 美容系

香りで人々の生活を豊かにするのがモットーの香水メーカー「COLORIA カラリア」のアカウントではテーマごとにおすすめの香水をまとめた投稿を多数アップロードしてます。

統一されたデザインと掴みとなる「最初の一枚」で最後まで閲覧したくなるでしょう。

画像を複数に分けたことで、全ての商品にショッピングタグを埋め込んでいます。

複数の商品をおすすめしたい時には、画像を何枚かに分けてショッピングタグを付けて投稿しましょう。

COEN(コーエン) アパレルブランド

アパレル系のショッピング機能のメリットは、ファッションのコーディーネートが一画面で完結できる点でしょう。

男女から多くの支持を集めるファッションブランドの「COEN(コーエン)」の公式Instagramアカウントでは、モデルさんが着用したスタイリングがすぐに買えるようにショッピングタグを一つ一つのアイテムに付けていました。

画像の投稿だけでなく、リールやInstagramライブも多数行っており流入経路を増やしてる点もポイントでしょう。

短いリール動画では、着用した時の動きなどを見せる事で「着心地の良さ」を視覚的に見せてました。

こちらも「欲しい」と思ったユーザーがすぐに買えるように、ショッピングタグを付けて投稿しています。

やはり、色々なコンテンツでショッピングタグを入れるのはおすすめです。

まとめ

Instagramのショッピングタグは複数の商品を取り扱っているビジネスアカウントにとてもおすすめな方法と言えます。

スタートさせるにはFacebookで申請の必要があるので必ずビジネスアカウントを作成しておきましょう。
また、ショッピングタグを最大限に活かしていく投稿を作るのも大事なポイントです。
Instagramにある全てのコンテンツで「あなたの店舗の商品」をどんどんアピールして下さい。

\Instagram運用代行サービス/
お問い合わせ・ご相談はこちら

MEO対策・ビジネスプロフィール・ストリートビュー・Instagram・LINE・HP/LP制作に関するお問い合わせお待ちしております!

Instagram
TOPへ