Googleマイビジネス投稿とは?登録方法や注意点を徹底解説!

Googleマイビジネスには、写真と文章で作成する簡単な記事の投稿ができる機能があり、それが「投稿機能」です。

今回は、「投稿機能」の概要や活用方法、利用時の注意点などについて解説します。
この機能を利用することで、店舗集客数の増加が期待できますので、ぜひ活用していきましょう。

📑集客にお困りの方は
お気軽にお問い合わせください。

1.Googleマイビジネスの投稿機能とは

まず初めにGoogleマイビジネスの投稿機能の概要として表示方法や得られる効果について解説いたします。

Googleマイビジネスの投稿機能とは

Googleマイビジネスの投稿機能とは、【写真】【文章】【リンク】で作成する簡単な記事を投稿できる機能のことです。

Googleマイビジネスの投稿機能

この機能では最新情報の発信や、イベントの案内、クーポンの発行などまで行え、タイムリーな情報を発信できます。
またCTAボタンの設置ができ、投稿内容を読んでくれたユーザーが次のアクションを起こしやすいような仕組みになっています。

表示のされ方

Googleマイビジネスは「Google検索」と「Googlemap」に表示されます。
パソコンとスマホでは表示方法が異なりますので、それぞれの表示方法をご紹介します。

【Google検索:パソコン】

Google検索:パソコン

1つ目はGoogle検索のパソコン版です。

パソコンで企業名を検索すると、右側にGoogleマイビジネスが表示され、そのGoogleマイビジネスの下部に投稿内容が表示されます。
スクロールして初めて見られる場所にありますが、画像付きのためGoogleマイビジネスの見栄えが良くなります。

【Googlemap:パソコン】

GoogleMAP:パソコン

2つ目はGooglemapのパソコン版です。

Google検索で「新宿 居酒屋」や「横浜 ランチ」などのように間接的に店舗を検索すると、Googlemapと上位3件のGoogleマイビジネスが表示される仕組みになっています。
Googlemapを押しても、店舗情報を押しても、全て表示ボタンを押してもGooglemapに移動します。

GoogleMAP:パソコン

Googlemapに移動するとようやく店舗の様々な情報が見れるようになり、GooglemapでもGoogleマイビジネスの下部に投稿内容が表示されます。
Google検索同様、投稿している店舗としていない店舗では見栄えに差が生じるため、他社との差別化が図れます。

【Google検索:スマホ】

Google検索:スマホ

3つ目はGoogle検索のスマホ版です。

スマホで店舗名を検索すると画面いっぱいにGoogleマイビジネスが表示される仕組みになっています。

Google検索のスマホ版
Google検索のスマホ版

「最新情報」というタブがあり、そこをクリックすると投稿内容が表示されます。

また「概要」のまま下にスクロールしても投稿内容は表示されます。
スマホだと画面いっぱいに表示されるので、情報が伝わりやすいです。

弊社のように画像に文字を入れたりタイトルに力を入れるなどをし、ぱっと見でも興味を引くような投稿内容を作成してみましょう。

【Googlemap:スマホ】

GoogleMAP:スマホ

4つ目はGooglemapのスマホ版です。

Googlemapのスマホアプリで店舗名を検索するとマップにピンが立ち、下にGoogleマイビジネスが表示されます。

GoogleMAPのスマホ版

表示されたGoogleマイビジネスをスクロールすると一番下に投稿内容が表示されます。

GoogleMAPのスマホ版

またGoogle検索同様「最新情報」のタブに移動すると画面いっぱいに投稿内容が表示されます。
Google検索は横並びで数件表示されましたが、Googlemapでは1記事1記事大きく表示されます。

得られる効果

Googleマイビジネスの投稿機能を利用することで、ユーザーと出会う機会の増加が期待できます。

得られる効果
得られる効果

投稿機能は、「場所+サービス名」と間接的に店舗を検索した時と、直接店舗名を検索した時に表示されます。

また最近では、スマホのGooglemapアプリに「現在地近くの店舗の最新情報」として近くの店舗の投稿内容が表示されるようになりました。
ユーザーの位置情報を基に表示するコンテンツが異なるため、来店の可能性が高いユーザーに見てもらえます。

このようにGoogleマイビジネスの投稿機能を利用すると、あらゆる方法で店舗を探している数多くのユーザーに見てもらえる機会が作れます。

来店見込みのあるユーザーに店舗の魅力を写真と文章で伝えられるため、集客効果が期待出来ます。

2.各投稿機能の使い方と投稿例

次にGoogleマイビジネス5つの投稿機能の使い方と投稿例をご紹介いたします。

1.「最新情報」の使い方と投稿例
2.「イベント」の使い方と投稿例
3.「特典」の使い方と投稿例
4.「商品」の使い方と投稿例
5.「COVID-19(新型コロナウイルス感染症)」の使い方と投稿例

➤Googleマイビジネス使い方とは?

「最新情報」の使い方と投稿例

「最新情報」の使い方と投稿例
「最新情報」の使い方と投稿例

Googleマイビジネスの投稿機能1つ目は「最新情報」です。

「最新情報」では、【写真】【文章】【ボタン(リンク等)】の3つが指定できます。
投稿したいがどの機能を使えば良いのか分からないというときは、「最新情報」を利用しましょう。

以前までは一週間の表示でしたが、現在は一週間以上経過している投稿も表示されています。
過去の投稿が表示されるようになっていますので、最新情報を投稿し情報を上書きしましょう。

「イベント」の使い方と投稿例

「イベント」の使い方と投稿例
「イベント」の使い方と投稿例

Googleマイビジネスの投稿機能2つ目は「イベント」です。

「イベント」では、【写真】【タイトル】【文章】【イベント期間】【ボタン(リンク等)】の5つが指定できます。
説明会や期間限定メニューの告知など、期限のある内容の投稿は「イベント」を利用しましょう。

開始日と終了日を入力するとその期間内での表示となります。
3日間限定などの短期間のイベントだけでなく、1年間の長期イベントなども期間を入れて投稿できます。
また弊社の投稿例のように1か月のスケジュールを1か月の期間で投稿するなどの使い方もございますので、期間のある情報を発信する際は「イベント」を利用しましょう。

「特典」の使い方と投稿例

「特典」の使い方と投稿例
「特典」の使い方と投稿例

※投稿例は仮です

Googleマイビジネスの投稿機能3つ目は「特典」です。

「特典」では、【写真】【タイトル】【文章】【特典期間】【クーポンコード】【ボタン(リンク等)】【利用規約】の7つが指定できます。
Googleマイビジネス独自のクーポンが発行できる機能です。

Googleマイビジネス独自のクーポンが発行できるため、Googleマイビジネスからの流入数を測ることもできます。
クーポンコードはローマ字、日本語、数字、記号などの羅列で作成できます。
他の投稿機能で割引などの情報を発信することはガイドライン違反となり拒否される事例がありましたので、割引やサービスなどの情報発信の際は「特典」を利用しましょう。

「商品」の使い方と投稿例

「商品」の使い方と投稿例
「商品」の使い方と投稿例
Googleマイビジネスの投稿機能「商品」

Googleマイビジネスの投稿機能4つ目は「商品」です。

「商品」では、【写真】【商品名】【価格】【商品説明】【ボタン(リンク等)】の5つが指定できます。
ここで商品を登録すると、投稿とは別の「商品」という項目に追加されます。
「商品」からでも「投稿」からでも変わりないため利用する人が少ない機能です。

「COVID-19の最新情報」の使い方と投稿例

「COVID-19の最新情報」の使い方と投稿例
「COVID-19の最新情報」の使い方

Googleマイビジネスの投稿機能5つ目は「COVID-19の最新情報」です。

「COVID-19の最新情報」では、【文章】【ボタン(リンク等)】の2つが指定できます。
去年突如現れた機能で、コロナウイルスに関する情報を発信する専用の機能です。
他と違う点は、写真が投稿出来ないという点と、検索結果の上部に表示されるという点です。

「COVID-19の最新情報」の使い方
「COVID-19の最新情報」の使い方
Local Consumer Review Survey 2020
コロナウイルスが流行った去年から今で、最も重要とされている店舗情報がコロナウイルスの感染予防対策についてです。
海外の調査で、コロナ対策の情報が載っていないと来店を辞めるというユーザーがGoogleマイビジネス利用ユーザーの1/4だったという結果が出ました。

投稿内容をSNSでシェアする

投稿内容をSNSでシェア

Googleマイビジネスで投稿した内容は、FacebookとTwitterにシェアできます。

現在GoogleマイビジネスとSNSは連動していないため、両方を活用するにはそれぞれに投稿する必要があります。
流入経路はGoogleマイビジネスだけではないため、より多くのユーザーに店舗を知ってもらうために、SNSも活用することが重要です。

3.投稿機能を利用する際の注意点

次にGoogleマイビジネスの投稿機能を利用する際の注意点について解説いたします。

投稿内容は1週間で消える?

投稿機能の「最新情報」は期間が設定出来ないため1週間で表示されなくなってしまいます。

ヒント

1週間経過した投稿はアーカイブされるとGoogleが公表していますが、ここ数か月で 1週間以上経過している投稿が表示されている店舗が多く見受けられます。

最新情報例
最新情報例

※スクショ日:2021/06/08

スターバックスコーヒーは2021/06/08時点で「ストロベリーフラペチーノ」の記事を「最新情報」機能で投稿しています。 5/17に投稿してから3週間経っていますが現在も表示されています。
仮に「ストロベリーフラペチーノ」が終了した時にこの投稿を削除をしないと、いつまでも販売しているとユーザーに誤解させてしまいます。

このように1週間以上経っている過去の投稿も表示されるようになっているため、過去の投稿が表示されている方は削除、もしくは最新情報を投稿し上書きしましょう。

ポリシー違反となる内容は拒否される

ポリシー違反となる内容は拒否

Googleマイビジネスのポリシーに違反した内容を投稿すると拒否され、投稿が出来ません。

SEOで重視されている「YMYL」や「E-A-T」などがあるように、GoogleはGoogle利用ユーザの害となる投稿はGoogle検索結果に表示したくありません。
近年そのガイドラインが強化されており、多くの投稿が拒否されるようになりました。

ですのでGoogleが公表しているガイドラインを知り、拒否されない内容の記事を作成しましょう。

【関連性のないコンテンツ】→ビジネスに関係の無い内容
【スパム】→誤字・自動生成コンテンツ・低品質な画像や動画など
【不適切なコンテンツ】→嫌がらせやいじめ、差別にあたるコンテンツなど
【プライバシー】→個人情報や気密記録など
【写真と動画のガイドライン】→識別可能の人物の許可のないコンテンツなど
【電話番号の追加】→誰の電話番号でも掲載出来てしまうためNG
【禁止コンテンツ】→アルコール・タバコ・ギャンブル・医薬品など
【児童の搾取】→児童の搾取や虐待にあたるコンテンツ
【テロ関連のコンテンツ】→テロ行為を助長したり称賛しているコンテンツなど
【不実表示、誤解を招く文言】→なりすましやユーザーへの請求や課金方法の記載がないなど
出典:https://support.google.com/business/answer/7213077?hl=ja

Googleが公表しているガイドラインは大枠ですので、どのキーワードがNGなのかが分かりません。

そこで弊社が数多くの店舗のマイビジネスを編集している中で見つけた、Googleが公表していない拒否事例を数件ご紹介します。

・「割引」や「サービス」「プレゼント」などのお得感を強調した内容
→誤解を招く文言
セール中の表記を見て来店したがセール品はごく一部だったという誤解や、セールと謳っているのにセールをやっていなかったなどの矛盾が起こり得る内容は拒否されてしまいます。

・肌色と白色の面積が広い画像
同じ色の面積が広いと、画像が小さいと認識されてしまいます。

・環境依存文字(絵文字)
→スパム
機種により表示が異なる絵文字や環境依存文字はGoogleが認識できないため拒否されます。ただ絵文字により投稿できるなどバラつきがあるため色々試してみましょう。

・jpgとpng
理由は分かりませんが、pngの画像をjpgに変換することで投稿できた例があります。
逆もしかりですので、拒否された際は形式を変更してみましょう。

出典:社内調査

ホテルや旅館など宿泊サービス関係は投稿機能が使えない

>ホテルや旅館など宿泊サービス関係は投稿機能が使えない

ホテルや旅館などの宿泊サービス関係は投稿機能が利用できません。
他のカテゴリには存在しない、Google Hotel Ads(Googleホテル広告)という機能があるためだと言われています。

Google Hotel Adsとは、宿泊施設が登録している予約サイトを有料でGoogleマイビジネスに表示させられるという広告です。
※現在は費用を払わずとも表示ができるようになっています。
記事投稿機能があるとリンク先にポータルサイトを設定出来てしまうためそのような誘導を行われないように投稿機能が無いのでしょう。

とはいえ宿泊サービス業は、写真や口コミで選ばれる業種ですので記事投稿を行わなくとも集客は期待できます。
また現在は無料で予約サイトを登録できますので、【写真の追加】【口コミの増加】【予約サイトの掲載(無料)】の3つを行いましょう。

4.まとめ

  • Googleマイビジネス投稿とは、写真と文章で作成する簡単な記事を投稿できる機能
  • Google検索とGooglemapに表示されるが、基本的にはスクロールが必要な下部に表示される
    →基本情報ではない情報を写真付きで投稿できるため興味を引ける
  • 「最新情報」「イベント」「特典」「COVID-19(新型コロナウィルス感染症)」の5つの機能があり、それぞれ特徴を知り、使い分ける必要がある
  • ポリシー違反となる内容は拒否されてしまい投稿できない
    →Googleマイビジネスのガイドラインは大枠しか公表されていないため、どのキーワードがポリシー違反と見做されるかは、明確には分からない

Googleマイビジネスの投稿は、興味を持たれやすいコンテンツの作成ができます。

ユーザーの興味を引くコンテンツの作成、そして投稿機能を利用することで、検索結果の上位表示も望めます。

集客効果が期待出来る投稿機能を活用してみましょう。

弊社はMEO対策を中心に中小企業の集客対策のお手伝いをしております。
MEO対策に限らず、店舗の集客対策にお悩みの方はお気軽に弊社にご相談ください。

📑Webからのお問い合わせはこちら

カテゴリー: Google

MEO対策を始めたいけど何をしたらよいのかわからない。
と、お悩みではありませんか?

そんなお悩みがある方に向けて、実際にMEO対策を提供している株式会社トリニアスが「自分でできるMEO対策」について資料にまとめました。

MEO対策を自分で始めたい方や、そもそもMEO対策って何?とお考えの方に向けて、MEO対策の基礎知識やマイビジネスの登録方法を解説しています。

MEO対策について知りたい方やMEO対策の導入を検討している方はぜひご活用ください。

無料資料ダウンロードはこちら
TOPへ