MEO対策キーワード選定方法とは?初心者にも分かりやすく解説

MEO対策のキーワードは対策内容よりも重要ですので、対策を開始する前に対策キーワードを良く考える必要があります。

とはいえ最近MEO対策を始めた、むしろこれから始めるという皆様は「MEO対策のキーワードってどうやって決めるのだろうか…」「どういうキーワードが良いのだろうか…」とお悩みでしょう。
そのようなお悩みをお持ちの方に向けて、MEO対策を提供している株式会社トリニアスがキーワード選定方法やおすすめのキーワードを解説します。

ぜひこの記事を読みながらご自身のビジネスに合ったキーワードを考えてみましょう。

1.MEO対策のキーワードとは

MEO対策キーワードとは

まずMEO対策は、「地域名+サービス名」といった地域名を含む検索キーワード、または「サービス名」や「近くの◯◯」といった位置情報を利用して店舗を探す検索キーワードの検索結果の対策です。
この大きく分けて2種類のキーワードを前提とし、まずは本章で6つの業種の対策キーワード例をご紹介します。
沢山の例をご提示しておりますので、いまいち分からないという方でも大枠はご理解頂けるのではないでしょうか。ご自身のビジネスに置き換えて一緒に考えてみましょう。

①「地域名×業種/サービス名」

「地域名×業種/サービス名」での例

②「地域名×業種×サービス名/商品名/特徴」

「地域名×業種×サービス名/商品名/特徴」での例

③「業種/サービス名/商品名」

「業種/サービス名/商品名」での例

2.キーワード選びが重要な理由

この記事の導入で「MEO対策のキーワードは対策内容よりも重要」とお伝えしましたが、その重要な理由を本章で解説致します。
なんとなくで考えたキーワードでは上位表示も集客も出来ないような対策する意味が無いキーワードで対策することになってしまいますので、本章でキーワード選定の重要性を学びましょう。

①ローカルパックが表示されなければ意味がないため

MEO対策は、検索結果に表示されるGooglemapとGoogleマイビジネスの対策です。このGoogle mapとGoogleマイビジネスが表示される枠を「ローカルパック」と呼びます。
このローカルパックが検索結果に表示されないと、Google mapのみの対策となり、Google検索の対策は出来ません。

また地域によっては競合がいないことやキーワードの関連度や人気が断トツなどの場合、特定の1社のGoogleマイビジネスが表示されることもあります。
MEO対策キーワードを決める前に、Google検索にローカルパックが表示されるか確認しましょう。

②ターゲットを集客する必要があるため

MEO対策のキーワードは「地域+サービス名」や「サービス名のみ」などのキーワードで対策を行うため、例えば歯科医院であれば押したい治療の「ホワイトニング」に絞った対策も行えます。
狙っているターゲットが「ホワイトニングの患者様」にも関わらず、「矯正歯科」の対策をしても見当違いで狙っているターゲットを集客できません。

またなんとなくで「新宿 歯医者」というキーワードで対策をしても新宿の歯医者は沢山ありますし、また「新宿」といっても範囲が広いため検索地点から距離が遠いなど、なかなか集客出来ないことが多いです。
一方「西早稲田 歯医者」という地域を狭めたキーワードで対策をすれば競合も少なく、また検索地点からの距離も近いため来店されやすいです。

しっかり狙っているターゲットを獲得するために、地域やサービス内容を考えキーワード選定をしましょう。

③上位表示させるため

MEO対策は検索結果でご自身の店舗のGoogleマイビジネスを上位表示する対策です。
ですので、上位表示させなければ対策の意味がありません。

前項の例のように「新宿 歯医者」で検索すると「新宿」の範囲が広く、また競合も16ページ分とかなり多いため、なかなか上位表示が出来ません。
ですが、「西早稲田 歯医者」で検索すると範囲も狭く、競合も1ページ以内と少数のため上位表示しやすくなります。

流入を獲得するためにはまず大前提として上位表示させる必要がありますので、集客したいからといい検索数が多い「新宿 歯医者」などのビッグワードを選択するのは控えましょう。
検索数が少ないスモールキーワードの方が良い理由はこちら。

3.MEOキーワードの選び方

MEO対策のキーワードについて理解が深まったところで、次はMEO対策キーワードの選び方を解説します。
とても簡単に考えられますので、一緒にご自身の店舗に合ったキーワードを出してみましょう。

①自店に関連するキーワードを沢山出す

MEO対策のキーワードはまず、自店に関連するキーワードを沢山出します。

1章でご紹介したように
①「地域名×業種/サービス名」
②「地域名×業種×サービス名/商品名/特徴」
③「業種/サービス名/商品名」
の3つのキーワード構成を5つずつ出してみましょう。

なかなか思いつかないという方は1章のキーワードを参考に数件出してみましょう。

また検索キーワードを入れた際に表示されるサジェスト(予測変換)キーワードも参考にしてみましょう。

②キーワードの検索数を調べる

自店に関連するキーワードを沢山出せたら次は検索数を調べていきます。

検索数を調べる際は、<<アラマキジャケ>>という検索数を調べられるツールを利用していきます

検索数は多すぎても「多くの方が検索する目的が曖昧なキーワード」であり、逆に少なすぎても「そもそも検索されないキーワード」ですので100~1,000のキーワードを選ぶことをおすすめします。
とはいえ、元々知名度のあるビジネスや競合が少ないビジネスは検索数が多いキーワードでも、もちろん戦えます。
検索数はあくまでも目安ですので、「検索数0以外」のキーワードを見つけましょう。

③自店の現状順位を見る

検索数を調べたら次は現状の順位を見ていきます。

この際確認する点は、
①ローカルパックが表示されているか
②自店が4位~20位(1ページ目)にいるか
の2点です。

①ローカルパックが表示されているかは「2-1 ①ローカルパックが表示されなけらば意味がないため」の項でご説明したように、そもそもローカルパックが表示されていないとGoogle検索の対策が出来ないため確認が必要です。ローカルパックが表示されるかどうかは、ユーザーが店舗を探す際に利用する検索キーワードかどうかで決まります。

「茶碗蒸し」と検索するユーザーは「茶碗蒸し」の美味しい作り方を検索しているためローカルパックが表示されません。
一方「新宿 茶碗蒸し」と検索するユーザーは新宿の茶碗蒸しが食べれる飲食店を探しているためローカルパックが表示されます。

このようにユーザーの検索意図によってローカルパックが表示されるかされないかが決まっておりますので、まずはGoogleで検索してみましょう。

②自店が4位~20位(1ページ目)にいるかは、既に上位表示されていたら上位表示対策というよりもキープするための対策が必要となり、逆に2ページ目3ページ目に表示されている場合は上位表示が難しい可能性があるので確認が必要です。
もちろんビジネスによっては、2ページ目3ページ目に表示されていたが、3位以内にランクインできたということもありますが、既にGoogleマイビジネスを充実させている状態でそれでも2ページ目3ページ目に表示されている場合は、競合が強いかもしくはビジネスとの関連性が低い、またGoogleからの評価が低いなどの改善が難しい点が原因のことが多いです。

そのためなるべく4位~20位(1ページ目)に自店が表示されているキーワードを選ぶことをおすすめします。

④競合のマイビジネスを見る

自店の現状順位が見れたら最後に競合のマイビジネスを確認しましょう。
MEO対策は、Googleマイビジネスを編集して他社より上位表示させるといった対策で、他社に勝つには競合分析が重要となります。

競合分析の際に見る点は、①Googleマイビジネスの内容②口コミの2点です。

①Googleマイビジネスの内容は、充実度ももちろんですが、検索キーワードとの関連性が重要です。

検索キーワードが「塩ラーメン」の検索結果に「味噌ラーメン」のラーメン屋さんが表示されないように、検索キーワードとビジネスの関連性は重要視されています。
自社よりも競合の方が対策キーワードと関連性があると判断されそうなGoogleマイビジネスを作成していたら、ご自身の店舗のGoogleマイビジネスも編集する必要があります。

②口コミに関しては、高評価の口コミが沢山あることが条件です。

例え☆5を獲得していたとしても口コミが4件でしたら、☆4の口コミ300件の方が上位表示されます。
競合の口コミ数と評価を見て、ご自身のGoogleマイビジネスと比べてみましょう。
もしほぼ同等であれば勝てる可能性はありますが、数百・数千と差がついていたら上位表示出来る可能性が低いと考えられます。

競合のGoogleマイビジネスの内容と口コミの評価と投稿数を自社と比べてみましょう。

➤MEO対策上位表示の仕組みとは?

4.MEO対策業者が解説する選ぶべきキーワード

まず復習となりますが、検索数が多いキーワードは「多くの人が検索する曖昧なキーワード」です。逆に検索数が少ないキーワードは「目的が明確なその人独自の検索キーワード」です。

例えば「新宿 居酒屋」だと求めているものが海鮮なのか鍋なのか、焼き鳥なのか、はたまた個室なのか飲み放題なのかが分からない、目的が「居酒屋に行く」というとても曖昧なキーワードです。
一方「新宿 焼き鳥 個室」は、目的が「新宿の個室居酒屋で焼き鳥を食べたい」と考えられとても明確なキーワードです。

目的が曖昧なキーワードだと、ご自身の居酒屋で取り扱ってない「海鮮」を求めているユーザーが9割のキーワードの可能性があります。
一方目的が明確なキーワードだと、確実のご自身の店舗で取り扱っている「焼き鳥」「個室」を求めているため来店率が非常に高いです。

どちらを選ぶかはもちろんみなさま次第ではありますが、ぜひこの考え方がキーワード選定には重要です。
そこでこの内容を本章で深堀して、選ぶべきキーワードについて解説いたします。

ロングテールキーワード

ロングテールキーワードとは、「新宿 居酒屋 安い」といった複数のキーワードの組み合わせからなる検索数が少ないキーワードを指します。

ロングテールキーワードは複数のキーワードが連なっているため、目的がとても明確です。
連なるキーワードの数が多ければ多いほどより目的が明確なキーワードになるため、検索ユーザーの目的と店舗が一致しやすく、来店に繋がりやすいです。

まずはこのロングテールキーワードを対策し、目的な明確なユーザーを確実にキャッチ出来る環境を作っておきましょう。

スモールキーワード

スモールキーワードとは、ロングテールキーワードも含む、検索数が少ないキーワードを指します。

地域や業種によっては「地域+サービス名」でスモールとなる場合もあります。
スモールキーワードが良い理由は、競合が少ないため格段に上位表示がしやすいという点です。

例えば「新宿 居酒屋」ですと大手チェーン店も含まれてしまうためその中での上位表示は難しいでしょう。
ですが「西早稲田駅 居酒屋」は検索数が24件で、上位表示されている居酒屋もホームページが無い個人店です。

西早稲田駅と限定して検索するユーザーは西早稲田駅周辺の居酒屋を探しています。
「新宿 居酒屋」だと新宿駅にいるユーザーが検索している可能性もあるため、西早稲田駅周辺の居酒屋には行かないでしょう。

このようにスモールキーワードにすることで、競合が少なく上位表示がしやすいだけでなく、来店の可能性が高まるという点からスモールキーワードをおすすめします。

5.まとめ

MEO対策は、「地域名+サービス名」といった地域名を含む検索キーワード、または「サービス名」や「近くの◯◯」といった位置情報を利用して店舗を探す検索キーワードの検索結果の対策です。

MEO対策のキーワードは大きく3つに分けられ、検索数が少ないキーワードがスモールキーワード、そして複数キーワードが連なったキーワードをロングテールキーワードと呼びます。
①「地域名×業種/サービス名」
②「地域名×業種×サービス名/商品名/特徴」
③「業種/サービス名/商品名」

MEO対策のキーワードは対策内容よりも重要ですので、対策を開始する前に対策キーワードを良く考えましょう。
弊社はMEO対策をご提供しておりますので、お悩みやご相談などございましたらお気軽にお問い合わせください。

カテゴリー: MEO対策

MEO対策を始めたいけど何をしたらよいのかわからない。
と、お悩みではありませんか?

そんなお悩みがある方に向けて、実際にMEO対策を提供している株式会社トリニアスが「自分でできるMEO対策」について資料にまとめました。

MEO対策を自分で始めたい方や、そもそもMEO対策って何?とお考えの方に向けて、MEO対策の基礎知識やマイビジネスの登録方法を解説しています。

MEO対策について知りたい方やMEO対策の導入を検討している方はぜひご活用ください。

無料資料ダウンロードはこちら
TOPへ