Googleマイビジネス運用法|店舗集客にはインサイト必須!!

「店舗を運営しているが、なかなか集客が上手くいかない…」「どんな対策を始めればいいのか分からない…」
店舗運営をしていくにあたり、こんな風に集客方法に悩んだことはありませんか?

上記のような店舗集客に関するお悩みは、オーナー様や経営者様の誰もが立ちはだかる大きな壁です。特に意識せず、何となくで運営をしている店舗はどんなに良い商品やサービスを提供していても将来、運営継続ができる確率が非常に低いです。

そこで今回は、店舗集客に欠かせないGoogleマイビジネス運用について徹底解説いたします。
Googleマイビジネスは店舗集客に大きな力を発揮するので、一つひとつ詳しくご紹介いたします。

Googleマイビジネスとは

Googleマイビジネスとは、Google検索やGoogleMAPなど検索した際に表示されるもので、店舗情報の表示やデータ管理を行える無料コンテンツです。

無料で店舗の紹介や宣伝ができるため、高い費用対効果が期待できます。

そんなGoogleマイビジネスのメリットやもたらす効果を詳細にご紹介いたします。

1.Googleマイビジネスとは

Googleマイビジネスとは、一言でまとめると「Googleが無料提供している店舗プロフィールツール」です。

Googleマイビジネスでは「投稿・情報・インサイト・口コミ・メッセージ・写真・商品・ウェブサイト」を利用することが出来ます。

ユーザーがGoogleMapやGoogleの検索エンジンで【新宿 歯科】【近くの カフェ】といった【場所+目的】などの地名を含んだ検索を行った際の検索結果を対策することから、病院や歯医者、飲食店、サロンなどの ローカル(地域密着型)ビジネスを展開する企業に大きな集客効果をもたらします。

Googleマイビジネスに関する基礎知識は下記で紹介しておりますので、ご覧ください。

2.Googleマイビジネスのメリット

Googleマイビジネスのメリットは大きく3つあります。

メリット1

メリット1つ目は、ユーザーの検索後、目立った位置に表示されるため興味を引き立てることができる点です。

ユーザーの検索キーワードによって、表示のされ方が異なります。

【直接検索】
ユーザーの目的が決まっているキーワード
例:株式会社トリニアス

【間接キーワード】
「新宿 歯医者」「近くの○○」といったある程度目的が決まったキーワード
例:近くのコンビニ / 横浜 カフェ

キーワード検索画面
メリット2

メリット2つ目は、完全無料登録ができる点です。

Googleマイビジネスに登録した後に、最新情報の投稿や写真投稿、口コミ返信などをしても追加料金はかかりません。

オーナー様は簡単に、Googleマイビジネス内の内容を更新し、情報発信することができます。

投稿機能
メリット3

メリット3つ目は、GoogleMAPからの流入が見込める点です。

Googleマイビジネス内に店舗の基本情報を登録することで、ユーザーの位置情報を利用し近隣の店舗を提示するGoogleMAPにも表示されます。

GoogleMAPでも店舗情報を見てもらえるので、見込みユーザー獲得の機会損失を避けることが出来ます。

【GoogleMAP検索結果】

Googleマップ流入

3.Googleマイビジネスの活用度をチェックしよう

Q1
Googleマイビジネスに登録している

Googleマイビジネスの運用方法

Googleマイビジネスのメリットや効果はご理解頂けましたか?

店舗運営を行ううえで重要なことは現状把握や情報発信です。

Googleマイビジネスは店舗運営に欠かせない数値確認や情報発信を誰でも簡単に利用することができます。

この章では、店舗運営に欠かせない7個のツールについて詳しくご説明いたします。

1.投稿でユーザーに最新情報を発信しよう

投稿機能

投稿とは、店舗の最新情報をユーザーに発信するためのツールです。

文章と写真付きで、キャ
ンペーン告知といった短期告知や定番商品の長期告知を行えます。 ユーザーが【詳細】をクリックすると、自社のコンテンツやポータルサイトへ誘い出すことが可能です。

投稿は、オーナー側から簡単に発信、削除することが出来るので積極的に投稿機能を活用しましょう。

2.情報に正確な営業時間を記載しよう

情報とは、店舗名や営業時間、電話番号、住所、商品やサービスといった店舗の基本情報を発信するためのツールです。

情報機能

Googleマイビジネスに登録後、

* 店舗名
* ビジネスカテゴリ
* 所在地
* 営業時間
* 電話番号
* 自社コンテンツ
* ビジネスの内容説明

を埋めましょう。

これらの情報をすべて埋めることで、ユーザーが競合と比較した際の検討材料になります。

店舗の基本情報は100%埋めて、ユーザーに情報を発信しましょう。

3.インサイトで数値確認をしよう

インサイトとは、ユーザーがどんなキーワード検索をしたか、コンバージョンを測定するツールです。

例えば、ユーザーがどんなキーワード検索をして、Googleマイビジネスにたどり着き、どんなアクションを起こしたのかなどを数値として測定することが出来ます。

インサイトで見れることの詳細を一つずつ、解説いたします。

①ユーザーとGoogleマイビジネスの出会い方を数値化したサービス

ユーザーがどのようなキーワードで検索したかの数値を見ることが出来ます。

インサイト機能

【直接検索】
自社名を直接検索すること
例:マクドナルド 新大久保店

【間接検索】
「地域 + 施設」「地域の○○」といった間接的な検索をすること
例:新宿 ハンバーガー

【ブランド名】
ビジネスに関連するブランドを検索すること
例:新宿 マクドナルド

ユーザーが普段どんなキーワードで自店を検索しているのかが分かります。
ユーザーが多く検索するキーワードを把握し、検索ワード対策(MEO対策)を行いましょう。

②Google検索とGoogleMAPのどちらを利用し、検索したか比較するサービス

ユーザーがGoogle検索とGoogleMAPのどちらを利用して検索したか数値を見れます。
この数値を見ることで、どれくらい検索結果で露出出来ているのかが分かります。

ユーザーに店舗を露出できるよう、MEO対策を行いましょう。

MEO対策のやり方については下記の記事をご覧ください。

③ユーザーがGoogleマイビジネスやGoogleMAPから検索した後、行った行動を数値化したサービス

Googleマイビジネスに掲載されている情報から、ユーザーが【ウェブサイトにアクセス、ルート検索、電話をかける、メッセージの送信】の4つのうちどの行動を起こしたか、の数値が見れます。
この数値から、ユーザーがどのアクションを多く起こしているのかが確認出来るため、強化すべきポイントが予想できます。

強化ポイントを発見し、店舗の集客対策に役立てましょう。

ユーザーのとった行動
④ユーザーがどの地域から検索したか確認をするサービス

どの地域のユーザーが店舗を検索したかを確認することでターゲット地域を絞り込めます。
ターゲット地域を知ることで、自分の店舗がどの地域に露出することが出来ているのかが分かります。

ターゲット地域を把握し、範囲が狭いならアナログ集客(チラシや看板など)を、範囲が広いならデジタル集客(MEO対策やSEO対策)を行いましょう。

ユーザーの検索地域

店舗集客方法については下記の記事をご覧ください。

⑤ユーザーが電話をかけた時間や曜日を数値化したサービス

Googleマイビジネスに登録した電話番号にユーザーが発信した回数が確認できます。
どの時間、曜日の発信数が多いのかが分かることはもちろん、平均発信数を確認することもできます。

着信が多い曜日や時間帯を参考に、営業時間の見直しをしましょう。

電話発信・曜日
⑥投稿した写真の閲覧数を確認できるサービス

投稿した写真がユーザーにどのくらい見られているのかを数値化したサービスです。

この数値を確認することで、ユーザーの興味や関心、注目を集められているかが確認できます。
写真の投稿数が少ないと【データ不十分です】と表示されますので、質が良い写真を投稿して店舗をアピールしましょう。

写真の閲覧

4.口コミで信頼を得よう

口コミは、ユーザー側からの口コミ投稿だけでなく、オーナー側からの返信も行えるツールです。

口コミ返信

口コミは、店舗を利用した人の感想であるため信憑性が高く、検索ユーザーの多くが店舗を探す際に参考にします。
集客に大きく影響する機能ですので、積極的に投稿依頼をし、高評価の口コミを集めましょう。

ただし、Googleマイビジネス内に口コミを投稿してもらうために、ユーザーが得をするようなクーポンやサービスの提供を行うことは禁止されています。口頭やチラシで口コミ投稿を促しましょう。

5.メッセージでユーザーと交流しよう

メッセージは、 ユーザーと店舗がダイレクトメッセージ(DM)で直接やりとりをするツールです。

ユーザーは、スマートフォン版GoogleMAPのログイン時のみ、「メッセージ」「お問合せ」から直接店舗にメッセージが送れます。
受信したユーザーからのメッセージへの返信ももちろんオーナー側から行えます。

【ユーザー側】

ユーザー側メッセージ機能

【オーナー側】

オーナー側メッセージ機能

ユーザーとオーナー共に営業時間外や電話に出られない忙しい時間帯などを避け、気軽に問い合わせをすることができるので、積極的に活用しましょう。

6. 写真(インドアビュー)で興味を惹こう

写真は、店舗の外観や内観、商品などを掲載するツールです。

ユーザーは数ある店舗を選択するうえで写真や動画を検討材料にします。
そのため、写真があるとないとでは印象が大きく変わります。

・外観
ユーザーが店舗に足を運んだ際に外観写真があると迷うことなく店舗を見つけられます。
・内観
来店時を想像できるため来店意欲を高められます。
・商品/サービス
映りが良い商品やサービスの写真を掲載し、ユーザーの興味を惹きましょう。
・ストリートビュー
Googleストリートビュー屋内版の掲載も出来ます。
ストリートビューを掲載すると、世界中のGoogleユーザーに、360°写真で店舗の魅力を紹介出来ます。

Googleストリートビューの詳しい情報は下記記事をご覧ください。

店舗の雰囲気や商品、どんなスタッフがいるのかなど、ユーザーの興味が沸くような写真を投稿しましょう。

7.ウェブサイトで来店率を高めよう

Googleが提供する無料でウェブサイトが作成できるツールです。

Googleマイビジネス内に登録してある情報をピックアップし作成しているため、Googleマイビジネスの情報を編集すると自動更新してくれます。

ウェブサイトを持っているビジネスの方が商品を購入をする可能性が高いとユーザーの70%が回答したというデータもあり、Webサイトを登録することで集客率がアップすることが証明されました。
スマートフォンやパソコン、タブレットなどユーザーが利用する機器に合わせて、自動的に見栄えを良くしてくれます。

ただ自社のホームページを持っている店舗は、このウェブサイト機能で作成したものではなく自社Webサイトを登録することをおすすめします。

Googleマイビジネス運用のポイント

Googleマイビジネスを運用の仕方はご理解頂けましたか?
項目が多いので大変ですが、これらの登録や更新することでGoogleからの評価を得られ検索結果での露出が高くなります。 一日たった5分で良いので確認をし、めげずに毎日チェックしましょう。

次にGoogleマイビジネスを運営するにあたり注意するべき2つのポイントをご紹介いたします。

必ず2つの注意点を守り、高い店舗集客効果を目指しましょう。

1.ネガティブな口コミにも丁寧に返信する

ユーザーから投稿される内容は、嬉しい内容の口コミだけではありません。
時にはネガティブな内容の口コミ投稿をされてしまうこともあります。

下記グラフは、総務省が出している「平成28年版 情報数新白書のポイント」のインターネットショッピングサイトを対象とした、「買い物をする際のレビューをどの程度参考にするか」を表したグラフです。

このグラフからどの世代も過半数がレビューを参考にして買い物をしているということが分かります。

買い物をする際のレビュー参考グラフ

出典:総務省

下記の画像は実際に投稿された口コミです。

【A店】

口コミ返信あり、A店

【B店】

口コミ返信なしB店

この口コミを見たとき、あなたはA店とB店のどちらに足を運びたくなりましたか?
恐らく多くの方は、返信もないB店よりも口コミ返信がされているA店を選択したでしょう。

これはネガティブな内容の口コミに返信をすることで、ユーザーからの意見を真摯に受け止め、今よりも更なるサービス向上に努めようとしていると判断が出来るためです。

このように、ネガティブな内容の口コミのにも真摯に受け止める姿勢を見せた返信を行い、ユーザーからの信頼を獲得しましょう。

2.Googleマイビジネスを放置しない

Googleマイビジネスを放置すると噓の店舗情報を発信してしまう可能性があり、 Googleやユーザーからの信用を失います。

Googleマイビジネスを放置すると、

・非公式の写真しか投稿されていないため、不適切な写真が集まりやすくなる
・悪意のある口コミ投稿により、売り上げ不振に陥る
・第3者によって店舗を改ざんされてしまう

といった問題があるためGoogleマイビジネスの編集は、店舗運営をしていくにあたり大きな影響を与えます。

Googleマイビジネス内に投稿されている写真と実物の外観や内観が異なると来店見込みユーザーに誤解を与えてしまいます。 また悪意のある口コミに返信を行わないと、Googleユーザーにおすすめできる店舗ではないと判断されてしまうため露出が非常に困難になります。

Googleマイビジネスを放置すると、店舗運営に様々な支障をきたすので放置することは絶対にやめましょう。 もしも運用が難しいと判断した場合は放置するのはなく、弊社に一度ご相談ください。

まとめ

Googleマイビジネスとは、Google検索やGoogleMAPなどで表示され、店舗情報の掲載やデータ管理を行える無料ツールです。

ユーザーが検索した後、目立つ位置に表示されるため問い合わせや経路案内などの行動を起こしやすく、非常に高い集客効果が見込めます。
Googleマイビジネスでは、【投稿・情報・インサイト・口コミ・メッセージ・写真・ウェブサイト】を簡単に利用することができ、そして何回でも無料更新が可能です。

高い集客効果が見込めるGoogleマイビジネスですが、ネガティブな口コミへの返信やGoogleマイビジネス自体を放置すると、売上不振の原因に繋がります。

もしご自身でGoogleマイビジネス活用方法にお困りの方やお手間だと感じる方は、弊社にご相談ください。
資料もございますので、ご興味がある方はぜひ資料をご覧下さい。

お問い合わせ
カテゴリー: GoogleMEO対策

MEO対策を始めたいけど何をしたらよいのかわからない。
と、お悩みではありませんか?

そんなお悩みがある方に向けて、実際にMEO対策を提供している株式会社トリニアスが「自分でできるMEO対策」について資料にまとめました。

MEO対策を自分で始めたい方や、そもそもMEO対策って何?とお考えの方に向けて、MEO対策の基礎知識やマイビジネスの登録方法を解説しています。

MEO対策について知りたい方やMEO対策の導入を検討している方はぜひご活用ください。

無料資料ダウンロードはこちら
TOPへ