マケスク > MEO(Googleマイビジネス) > 「不動産会社にMEO対策は必要?」と悩んでいる方へ。いますぐやるべき5つの理由と成果を出すコツをご紹介します

「不動産会社にMEO対策は必要?」と悩んでいる方へ。いますぐやるべき5つの理由と成果を出すコツをご紹介します

Googleの口コミに悩むすべての方へ

口コミの★評価が高くて件数も多い方が、集客にもMEO対策(上位表示)にも良い事は分かっている。
でも、わざわざお声がけしてまで口コミを集めることはしていない。
という方は多くいらっしゃいます。

しかしその一方で、何百何千と口コミを集めて、集客も上位表示も成功している店舗もあります。
実際に、弊社がMEO対策をご支援させて頂いている店舗で口コミを沢山集めている方はやはり積極的にお声がけをしていました。

しかし、このようなお悩みを抱えていませんか?
お客様に「口コミ投稿お願いします」と言えない...
お客様に「口コミ投稿お願いします」とお声がけしたことあるけど、全然投稿してもらえない...

もし上記に共感されましたら、ぜひ口コミ管理ツール「口コミットくん」を使ってみて頂きたいです。

口コミットくんは、「口コミ」ではなく「アンケート」という形で口コミを集めます。
また30秒で完了できるため、その場でアンケートにご回答いただくことも可能です。

もしも少しでも「口コミの増加」「低評価の口コミ」にお悩みがございましたら、
まずは資料にある「口コミットくんで出来ること」をご覧ください。

口コミ対策をして、集客も上位表示も成功させましょう。

とりあえず資料を見る

インターネットの普及によって情報が飽和している現代において、不動産会社は他社との差別化がますます難しくなっています。

そのような現状から「なんとか集客する方法を考えないと…」そう考えて「MEO対策」という言葉にたどり着いた方も多いのではないでしょうか。

しかし、なんとなく聞いたことはあるものの、

「不動産会社にMEO対策は必要なのか」

という疑問をお持ちでしょう。

そこで今回は、不動産会社にMEO対策が必要な理由をくわしく解説していきます。

結論から言えば、不動産会社はMEO対策と相性抜群で、今すぐに取り組むべき集客方法です。

本記事ではMEO対策で集客効果をアップさせる方法も紹介しますので、ぜひ最後までご覧ください。

不動産会社にMEO対策が必要な理由

不動産会社はなぜMEO対策が必要なのでしょうか。その5つの理由を順番に解説していきます。

地域密着型の店舗は相性が良い

不動産会社のような地域密着型のビジネスは、MEO対策と相性が良いことが理由の一つです。

なぜなら、物件を選ぶユーザーは実物を見たいと思っているので、まずは近くに不動産会社がないか探すからです。

そのときは、ほとんどのユーザーがGoogleで「不動産+地域名」といった語句で検索するでしょう。

MEO対策はこういった場面で自社が選ばれるように、Google検索・マップの上位表示を目指す施策です。

上位表示ができれば多くのユーザーの目に触れる機会が増えるため、集客効果アップが期待できるでしょう。

ポータルサイトより低予算で集客できる

MEO対策は、不動産ポータルサイトに掲載するよりも低予算で集客効果が期待できます。

スーモなどポータルサイトは、掲載するだけで数万~数十万の料金がかかってしまいます。さらに、十分な集客効果が出なかったとしても一定額を支払わなければなりません。

ですがMEO対策なら、自社で施策をすれば一切料金はかかりません。仮に集客効果が出なかったとしても、自社に大きな損害はないのです。

不動産会社がローリスクで高い集客効果がのぞめるMEO対策は、早いうちに取り組むのが良いでしょう。

ポータルサイトより上位表示される

不動産会社がMEO対策に取り組むべき理由は、Google検索においてポータルサイトよりも目立つ場所に表示されることです。

例えば、Googleで「新宿 不動産」と検索したとします。そうすると、検索結果には以下のように表示されました。

物件を探すユーザーは画面を見て気になる不動産会社が目にとまれば、クリックする可能性がおおいに高まります。

Google検索・マップは店舗を探すときにもっとも使われているツールなので、上位表示することで大きな集客効果が見込めるでしょう。

外国人のユーザーを獲得できる

Googleマップには検索結果を翻訳してくれる機能があるので、外国人のユーザーを獲得しやすくなります。

例えば日本で外国人の方が物件を探すとき、日本語しか対応していないポータルサイトでは利用することすらできません。しかし、外国語に対応しているGoogleマップであれば、翻訳機能をつかいながら目的の物件を見つけやすくなります。

そのため、MEO対策が成功すればポータルサイトではむずかしい外国人ユーザーをうまく獲得できるでしょう。

不動産会社がMEO対策で成果を出すコツ

MEO対策は不動産会社に向いている集客方法ですが、むやみにやって成果が出るものではありません。

とはいえ、まずやってみないことにはMEO対策がどんなものかをつかめないでしょう。

そこでこの章では、不動産会社がMEO対策で成果を出すコツを紹介します。

Googleマイビジネスの情報を充実させる

まずはGoogleマイビジネスに登録している情報を充実させましょう。

Googleマイビジネスには「店舗名」「住所」「営業時間」など、店舗にまつわるさまざまな情報が登録できます

これらの情報が記載されていないと、ユーザーが見たときに不信感を抱きやすくなります。そしてなにより、そもそもユーザーに店舗の存在を知ってもらいにくくなるのです。

店舗の基本的な情報はMEO対策をはじめるための最低条件なので、できるだけ詳細に登録しておきましょう。

ユーザーに検索して欲しいキーワードを選定する

つぎは、自社のターゲットユーザーが店舗を見つけるときにつかう「キーワード」を選定しましょう。

このキーワードを事前に決めておくことでMEO対策の方向性がさだまりますし、成功するか否かがかかっています

たとえば新宿区にある不動産会社であれば「不動産 新宿」「中古マンション 新宿」で、渋谷区であれば「不動産 渋谷」「分譲住宅 渋谷」などです。

不動産会社のキーワードはこのように「業態+地域名」「商品名+地域」などの組み合わせが、もっともユーザーが使いやすいでしょう。

また、MEO対策をはじめて間もないときは、選ぶキーワードは2~3個くらいに限定したほうがいいです。なぜなら、いくつものキーワードで上位表示を狙うと、ユーザーにとっては何を売りにしている不動産会社かわからなくなるからです。

まずは少ないキーワードで上位表示を目指し、効果が出てきたらほかにもチャレンジしてみると良いでしょう。

投稿機能で店舗の情報を発信・更新する

キーワードを選んだら、それをもとにGoogleマイビジネスの投稿機能で自社や商品に関する情報を発信しましょう。

Googleマイビジネスには、TwitterやFacebookといったSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)のように気軽に発信できる「投稿機能」というものがあります。

これを使うことで、店舗内の雰囲気や新着物件の情報などをカンタンにユーザーに伝えられます。店舗や物件の写真と合わせて、テキストで説明文をそえるとより効果的です。

投稿する内容に決まりはありませんが、ビジネスとあまり関係ないものはユーザーの印象が悪くなるので避けたほうが良いでしょう。

また、こまめに投稿することでGoogleマイビジネスの情報を最新に保ちましょう。そうすることでGoogleマップでの評価が高まり、結果として上位表示されやすくなります。

Googleも情報を新しく保つことを推奨しているので、間隔としては最低でも1週間に1回ほどは投稿するようにしましょう。

写真を追加して店舗の雰囲気をアピールする

Googleマイビジネスに写真を追加して、店舗の雰囲気をアピールしましょう。

やはりどれだけ文章で情報を並べてみても、写真から伝わる魅力にはかなわないものです。それに来店するまえのユーザーは店舗・従業員の雰囲気がわからないと、いまいち踏み切れません。

しかし、Googleマイビジネスに「店舗の内観」「従業員の接客風景」「店舗イチオシのサービス」などを写真があれば、初めてのユーザーでも安心して来店できます

こちらも投稿機能と同様に、ビジネスと無関係の写真を追加するのはイメージが悪くなるので控えたほうが良いでしょう。

口コミを増やす

MEO対策をはじめたら、Googleマイビジネスの口コミを増やしましょう。

Googleマイビジネスの口コミとは、実際に来店したユーザーが店舗に対しての印象・感想を「星評価」「テキスト」などのカタチで投稿することを指します。

MEO対策において多くの口コミを集めることはとても重要。なぜなら、口コミが増えるとGoogleマップに上位表示されやすくなるからです。

というのも、口コミの内容や評価の数値は、表示する順位をきめる仕組みに対して優位に働くとGoogleが公言しています。

それだけではありません。なんとユーザーが投稿した口コミの内容そのものが、Googleの検索結果に表示されるのです。

これら2点の理由から、MEO対策では口コミを増やすことがとても重要です。

ユーザーの口コミに返信する

Googleマイビジネスの口コミはユーザーから投稿されたら放置するのではなく、ていねいに返信することが大事です。

そうすることで、ユーザーからさらなる口コミをゲットするチャンスになります。

どういうことかというと、ていねいな対応をすると口コミをしたユーザー、またはそれ以外の人に対して好印象を与えられるからです。

「この店は対応がきちんとしているな」「反応してくれるなら口コミしてみようかな」という良いイメージを持たれやすくなるので、結果的に口コミを促進する効果があります。

また、なかには店舗のイメージが悪くなるネガティブな口コミもあるでしょう。そういった口コミに「どう対応するか」という点も、ほかのユーザーは見定めているもの。

ひとつひとつの口コミに誠実に応えることで、イメージアップを狙いましょう。

Googleマイビジネスとウェブサイトをひもづける

不動産会社の場合は、自社のウェブサイトを持っている場合が多いのではないでしょうか。Googleマイビジネスにはウェブサイトを登録する機能があります。

Googleマイビジネスをひもづけることで、Google検索・マップのユーザーをうまく自社サイトに誘導できるようになります。

ウェブサイト経由でユーザーを集めるときは「SEO対策」で全国にある競合サイトと、Googleに掲載される順位を争わなければなりません。しかしMEO対策であれば、周辺地域にある同業の数店舗と競うのみ。

Googleマイビジネスからウェブサイトに誘導できれば、広告費を一切かけずに集客ができるのです。

わざわざそのために自社サイトを開設することはありませんが、すでに持っている場合はぜひとも活用してみましょう。

不動産会社がMEO対策をするときの注意点

不動産会社がMEO対策をするときに注意すべき点があります。それは、Googleマイビジネスのガイドラインを守ること。

ガイドラインとは簡単に言うとGoogleマイビジネスを使う上でのルールのようなものです。これに違反するとGoogleマイビジネスが強制的に使えなくなったり、最悪の場合はアカウントが削除されたりするおそれがあります。

せっかく時間と手間をかけてGoogleマイビジネスを育てても、たった一回の違反で水の泡になってしまうこともあるのです。

そうならないために、この章ではMEO対策でやってはいけない施策の例を紹介します。

競合店舗をおとしめる行為をしない

Googleマイビジネスでは、競合店舗をおとしめる行為を禁止しています。いわゆる「ネガティブキャンペーン」というものです。

具体的には、以下のような悪質な行為を指します。

  • 「〇〇不動産は粗悪な物件しかない」など評判を下げるような口コミをする
  • 競合店舗のGoogleマイビジネスに無関係な写真を追加する

たしかに競合よりもたくさん集客したい、売上アップしたいという気持ちは店舗経営者であれば誰しもあります。

ですがその向上心を不誠実な手段に向けるのではなく、MEO対策や店舗のサービス品質の向上に努めるなど正しい方法に向けましょう。

自作自演の口コミをしない

もうひとつ口コミで注意すべき点は、自作自演をしないことです。自作自演の口コミとは、簡単に言うと自社の評判をアップさせるような口コミを自社の関係者がすること

たとえ複数のアカウントを利用してユーザーになりすました口コミしたとしても、かならずGoogle側に自作自演が発覚します。

あくまでもまっとうな手段で口コミを増やすことに専念しましょう。

口コミの見返りに特典を配布しない

最後の注意点は、ユーザーに口コミをしてもらう見返りとして「特典」を配布しないことです。特典とは「現金」や「金品」はもちろん「ギフト券」「クーポン券」などもそれに該当します。

悪い具体例としては、以下のような行為です。

  • 口コミをしたお客様限定で家賃一ヶ月分無料
  • 口コミをするともれなく初期費用が10%引き

口コミはMEO対策において重要なので、たしかに特典と引き換えに促したくなります。ですがGoogleはつねに平等な情報提供を呼びかけているので、こういった行為を全面的に禁止しているのです。

不動産会社のMEO対策を成功させるなら代行業者に任せることもひとつの手段

ここまで不動産会社におけるMEO対策の重要性について解説しましたが、店舗によっては折り合いがつかないこともあるでしょう。

人手が足りずMEO対策に時間を費やせない、施策をしてもなかなか効果が出ないなど一筋縄ではいかないものです。

そういった時は、MEO対策を代行業者にまかせるのもひとつの手段です。

MEO対策代行とは、店舗や企業に代わってGoogleマイビジネスを運用して希望にあった施策によって上位表示へと導く業者・サービスを指します。

代行業者に依頼することで店舗はMEO対策にリソースをさくことなく、店舗本来の業務に専念できるようになるのです。

しかし、業者に委託するとなると、やはり気になるのは料金でしょう。ちなみに弊社(株式会社トリニアス)もMEO対策代行サービスを展開しており、料金は月額約3万円となっております。

ただし、弊社は「成果報酬型」という料金プランを採用しているので、依頼後、もしも上位表示できなかった場合は一切料金がかかりません。

たとえ効果が見込めなくても、実質無料でMEO対策代行サービスを試せます。なるべくコストをおさえて店舗に集客したい方は、ぜひ弊社まで気軽にお問い合わせください。

まとめ:MEO対策でほかの不動産会社と差別化しよう

今回は、不動産会社のMEO対策について解説しました。

本記事の内容のとおり、MEO対策は「もっと集客したい」「なるべくコストをかけたくない」という店舗にとって必要不可欠な施策です。

住宅ポータルサイトに比べてまだ競合も少なく、Googleマイビジネスでしか得られないメリットもたくさんあります。そのため、いまから対策を始めても十分に効果を得られる可能性が高いです。

集客手段を増やす意味でも、いますぐにMEO対策をはじめて競合店舗と差別化をはかりましょう。

また、自社ではMEO対策をする余剰がないという方は、ぜひ弊社までご相談ください。

弊社では過去に不動産会社のMEO対策を代行した成功事例も。これまで4,000社以上の店舗・中小企業様のMEO対策をサポートしてきた弊社が、あなた様の店舗の発展に一役買わせていただきます。

お問い合わせ・ご相談はこちら

MEO対策・ビジネスプロフィール・ストリートビュー
Instagram・LINE・HP/LP制作に関しては、
当メディアの運営会社 株式会社トリニアスにご相談ください。

MEO(Googleマイビジネス)
TOPへ