不動産会社がMEO対策を導入すべき、Googleビジネスプロフィールの編集をやるべき理由

🔄最終更新日:2週間前

私たちの快適な住まい探しのお手伝いをしてくれる不動産会社。どの町にも必ずといっていいほどあり、特に駅前などは激戦区になっているエリアもあります。
ご自身の店舗の近くに競合となる不動産会社が多いと、新規のお客さんやリピーターの獲得に伸び悩むこともあるでしょう。

そのような不動産会社の経営に悩んでいる方は「MEO対策」というGoogleの対策をご存知でしょうか。

本記事は、ご自身の不動産会社の認知の広め方について考えている方や、MEO対策をご検討されている事業者の方に向けて、“不動産会社にとってのMEO対策のメリット”や”実際に不動産会社に足を運びやすくなるMEO対策のやり方”、”Googleビジネスプロフィールの編集の仕方”について分かりやすく解説いたします。

📑集客にお困りの方は
お気軽にお問い合わせください。

1.MEO対策とは

MEOとはMap Engine Optimization(マップエンジン最適化)の頭文字を取った言葉で、近年注目されている、Webマーケティング手法の一つです。

MEO対策は、ユーザーがGoogleMapやGoogleの検索エンジンで【新宿 ランチ】【高田馬場 ヘアカット】といった具合に、【場所+目的】など地名を含んだ検索結果を対策します。
この事から、飲食店や美容院など地域密着型のビジネスを展開する企業向けの対策となっております。ですので、地域に根ざしている不動産会社にも適した手法となっています。

MEO対策は具体的に何を行うのかというと、地図上での表示順位を上げていく対策を行います。地図上で検索順位を上げることで新たなお客様の流入を狙っていきます。

2.不動産会社にMEO対策が必要な理由

それでは、「MEO対策が集客に与えるメリット」についてお伝えしていきましょう。
不動産会社が取り入れるMEO対策の具体的なメリットは以下の通りになります。

  • 来店が見込めるユーザーに届きやすい
  • 検索画面での優位性
  • 来店に必要な情報が一画面で入手できる
  • 無料で始められる
  • 経済的コストを抑えられる
  • 他のWebマーケティングに比べて競合が少ない

1.来店が見込めるユーザーに届きやすい

MEO対策を行うことで、ご自身の不動産会社の情報が来店意思の高いお客さんに届きやすくなります。
初めて訪れるお客さんが、検索画面から店内の写真やホームページに載せきれない詳細な情報、他のお客さんからの口コミなども見られるので、事前に不安を取り除くことができます。

このようにご自身の不動産会社の最新情報を届けることができます。そして、そこから新たな流入が広がり、お客さんが増えていきます。

2.検索画面での優位性

MEOはSEO(検索エンジン最適化)より上位に表示されます。
検索結果の画面において、MEOの枠はSEOの枠よりも優先的に表示され、かつ地図と一緒に表示されるので検索画面の占有率が高くなります。なので、一番最初に目に入るMEO枠の情報は有利な傾向があります。

例えば、Google検索で「新宿 不動産」で検索すると、MEOがSEOよりも上に表示されます。
Googleの検索結果はユーザーのニーズに添った検索結果になっているため、MEOがSEOより上に表示されるということは、マップ検索=店舗、施設を探している人が多いという事になります。

3.来店に必要な情報が一画面で入手できる

MEO対策を行う際に必要なGoogleビジネスプロフィールを登録することによって、あなたの不動産会社の情報をGoogle上に保存できます。 住所や電話番号などの基本情報はもちろん、店内の写真や営業時間、来店の予約フォームなども設置できます。

最近では新型コロナウイルス蔓延の影響により、来店できる人数を制限したり、オンラインで内見できるようなシステムを導入している不動産会社も増えてきました。
このような感染症対策もGoogleビジネスプロフィールを編集して、すぐにお知らせすることができます。

そして、初めて来店するのが不安という潜在顧客の獲得にもMEO対策は効果的です。
初めて訪れる不動産会社は来店前に不安を抱いてしまうことがあります。例えば、店内の様子やどんなスタッフが在籍しているのか、親身に相談に乗ってくれるだろうか、といった心配事をGoogleビジネスプロフィールは事前に解消してくれます。

Googleビジネスプロフィールには写真をたくさん掲載できるので、店内の明るい雰囲気や、スタッフの方たちの笑顔の写真などを載せることで、来店前の不安を払拭することができます。

特に、雑居ビルの中にあったり、窓が摺りガラスになっている店舗は、店内の様子が見えにくく入りづらいイメージがあるので、明るい写真をたくさん掲載することをおすすめします。

このようにユーザーが「行ってみたい」と思った時にすぐに色々な情報を一度に取得できるのです。ユーザーにとっても、事業者の方にとっても大変便利なシステムです。

4.無料で始められる

MEO対策に必要なGoogleビジネスプロフィールの登録は無料でできます。
Googleビジネスプロフィールに登録するだけなので、Webに詳しくなくてもどなたでも始めることができます。 また、MEO対策のノウハウはインターネット上にたくさん載っているので、独学でも情報収集を行う事で実践に活かすことができます。 いつでも無料で始められるという手軽さはとても大きなメリットです。

もし、登録方法が分からないという方は以下の記事を参考にしてみてください。
参考記事:Googleビジネスプロフィールの登録方法を完全解説

また、管理方法で悩まれた際は、MEO対策サービスに実績のある当社までぜひお気軽にご相談ください。

📑お問い合わせはコチラまで

5.経済的コストを抑えられる

実際にMEO対策を行っていたり、Webでの集客が初めての方の中には「より詳しい会社に対策を依頼したい」と思う方も多いでしょう。
例えMEO対策に詳しい会社に依頼したとしても比較的、費用が安く済むのがMEO対策のメリットです。

MEO対策の費用相場は「初期費用で0~5万円」、「月額で3万~5万円」とリーズナブルです。
一方、同じくWebマーケティング手法であるSEO対策は「月額:10万円~30万円」、検索結果に広告を表示できるリスティング広告は「約20~50万円」とかなりの額がかかります。

このように、MEO対策は、なるべく経済的コストを抑えたい事業者にとって取り入れやすいマーケティング手法といえます。

6.他のWebマーケティングに比べて競合が少ない

MEO対策は、近年、注目され始めたマーケティング手法ということもあり、他のWebマーケティングよりも競合が少ない対策方法です。

一般的に浸透しているSEO対策は、全世界のホームページやポータルサイトから検索システムでの表示順位を上げる対策となるので、難易度がかなり上がってしまいます。
一方、MEO対策は近くのエリアの不動産会社が競争相手になりますので、自然と比較対象が減り、対策の難易度も下がってきます。

不動産会社は事業主に年配の方が多い業界のため、まだ本格的にMEO対策を導入しているところは少ないので、ブルーオーシャンな領域となっています。

また、MEO対策は長く継続することが重要なので、今から本格的に始めれば他の競合の不動産会社に大きな差を付けることができます。

参照:帝国データバンクによる全国「社長年齢」分析調査(2021年)

3.不動産会社がMEO対策で成果を出すコツ

ここまでMEO対策のメリットについてご説明いたしました。
では、どんな方法を取れば集客に効果的なのでしょうか。
本章ではMEO対策を手掛けてきた弊社ならではの観点で、MEO対策の効果的な方法をお伝えしていきます。

  • Googleビジネスプロフィールの情報を充実させてWeb媒体との内容を統一
  • 投稿機能を使ってみる
  • 口コミを集めて評価を上げる
  • MEO対策に強い企業にアドバイスを求める

1.Googleビジネスプロフィールの情報を充実させてWeb媒体との内容を統一

Googleビジネスプロフィールの登録情報を充実させましょう。
また、ホームページやSNSとの情報も全て統一しておく事もお勧めいたします。
ホームページやSNSと情報を統一しておくことで、間違った情報でお客さんやGoogleを困らせるということを防ぐことができます。

ホームページの営業時間や定休日がGoogleビジネスプロフィールの情報と違っている場合、Googleもお客さんもどちらが最新で正しい情報なのか判断できなくなってしまいます。
ですので、登録情報の全ての入力が完了したら、ホームページやSNSとの情報の統一を行いましょう。特にお客さんにとって大事な道標となる「名前・住所・電話番号・営業時間・定休日」は完全に正しく、最新のものにしてください。

2.投稿機能を使ってみる

次に、Googleビジネスプロフィールの投稿機能を使ってみましょう。
投稿機能とはイベント、キャンペーン、新商品などの最新情報をPRできる機能です。

例えば、新生活が始まる時期に、初めて一人暮らしをする人に向けたワンポイントアドバイスや、閑散期限定の初期費用割引キャンペーン、ポータルサイトに掲載する前の掘り出し物の物件情報などを投稿してみると、お客さんに安心感と親しみを持ってもらえます。

このような記事を定期的に投稿し続けることでGoogle側の評価が上がっていきます。MEO対策の上位を目指すのであれば積極的に使いこなしていきたい機能です。

3.口コミを集めて評価を上げる

初めて訪れるお客さんは、他のお客さんの感想、つまり口コミに注目します。
口コミを見て、ここの不動産会社だったら親身になって住まい探しを手伝ってくれそうだと思ってもらえる潜在顧客にも訴求できる効果があります。

以前、Googleの公式発表において、MEOの順位を決定する指標の1つに、口コミの件数と星の数が関係しているとの声明が出されました。Google側に評価してもらうためにも口コミの数を増やしていきましょう。
ちなみに、サクラを雇っての嘘の口コミはガイドライン違反となります。そういった事実が発覚すればお客さんの信用を失ってしまうので、口コミ投稿をお願いする場合は、必ず来店してくれたお客さんにお願いしましょう。

また、投稿された口コミに返信を行うことで、誠実な対応をしてくれる不動産会社であることをアピールできますし、また行きたくなる気持ちを高められます。

参照:Googleビジネスプロフィールヘルプ

4.MEO対策に強い企業にアドバイスを求める

パソコンやデジタルでの作業が苦手という方や、日々の業務に集中したいのでご自身で対策する時間を取れないという場合は、MEO対策業者に相談をしてみるのも方法の1つです。

MEO対策業者は自身のノウハウを活かしたセミナーや、デジタルマーケティングに関するメディアサイトを手掛けている場合があります。
なので、まずは無料でノウハウを手に入れられるセミナーに参加したり、記事を参考にしてみてください。

当ブログ「MEOprime」では、MEO対策やSNSなどのデジタルマーケティングに関するノウハウを提供する記事を多く掲載しています。
ぜひ、デジタルマーケティングの知識を深めて頂けると幸いです。

また、弊社では無料のオンラインセミナーも行っておりますので、ご興味のある方は下記のリンクからお問い合わせください。

📑お問い合わせはコチラまで

4.不動産会社がMEO対策をやる際の注意点

ここまでメリットをお伝えしてきましたが、物事には良い面もあれば悪い面もあります。 次に「MEO対策する上での注意点」をお伝えします。

  • ユーザーからの誹謗中傷
  • 継続しないと効果を感じられない
  • 投稿の手間がかかる
  • Googleのガイドラインを遵守する

1.ユーザーからの誹謗中傷

Googleビジネスプロフィールに登録すると、誰でも意見を投稿できる場所がオープンします。そうすると、患者さんからの率直な意見が投稿されるので、ポジティブな書き込みだけでなくネガティブな書き込み(誹謗中傷など)が来る可能性があります。
さらに、そのネガティブな口コミはGoogleビジネスプロフィール側からは削除することができません。

ですので、患者さんを満足させるためのサービスが滞ることのないよう心がけていきましょう。

口コミの管理方法についてはこちらをご参考ください
参考記事:Googleマイビジネス口コミ管理方法

2.継続しないと効果を感じられない

MEO対策のデメリットの一つに「すぐに効果が表れない」ということがあります。
登録した後、写真や口コミの管理などを行ってGoogle内の評価を少しずつ上げていくのがMEO対策なので、更新を継続していかないとGoogleのクローラーにヒットせず、検索上位に表示されません。

しかも短期間で評価がすぐ上がるわけではないので、順位が上がる前に対策を辞めてしまう事業者が多いのも現実です。
具体的にどのくらいの期間が必要かと言うと、弊社で対策を行った歯科医院では3カ月ほどかかりました。

また、長く更新を続けられるペースでなければ永続的に検索にヒットしないので、ご自身の無理のない範囲での更新や投稿をおすすめいたします。

3.投稿の手間がかかる

Googleビジネスプロフィールの登録はすぐに始めることができますが、最新情報を投稿したり、更新を継続していくのは、やはり多少の手間がかかるものです。
検索上位を目指すためには、定期的な投稿や写真の更新、口コミへの返信など行うべきことがたくさんあります。
このように、日々の事業の運営に加えてMEO対策に対応するためには、これまで以上に時間の管理能力が必要になります。

もし、MEO対策をするための時間を作る事が難しかったり、投稿する文章を書くのが苦手だという方はMEO対策が得意な業者に代行を依頼するのも一つの手でしょう。

4.Googleのガイドラインを遵守する

Googleでは、Googleビジネスプロフィールに多くのガイドラインを設けて一般公開しています。
具体的には、ホームページのURLや誤字、絵文字(環境依存文字)、プロモーション、機密情報、また個人情報の「名前・住所・電話番号・メールアドレス」などが挙げられます。

このガイドラインに違反するような内容はGoogleからの評価が下がり、上位表示が難しくなってしまいます。場合によってはGoogleビジネスプロフィールの利用を停止されてしまうこともありますので、ガイドラインは必ず守るよう心掛けましょう。

ガイドラインに違反していない内容の記事を投稿し、定期的に口コミを確認し、営業妨害となり得る口コミが投稿されたら、すぐにGoogleに削除申請して適切に対処していきましょう。

Googleのガイドラインについての詳細はこちらをご参考ください。
参考記事:Googleマイビジネスのガイドラインとは?

5.まとめ

「MEO導入の効果」や「MEOを導入すべき理由」について実際の事例を交えながらご紹介しましたが、いかがだったでしょうか。
MEO対策が集客にもたらすメリットや可能性をご理解頂けたかと思います。
本サイト「MEOprime」では、MEOに関する記事を多く提供しているので、ご覧いただけたら幸いです。

また、ご自身だけでは対策が難しい、Googleビジネスプロフィールの書き方が分からない、MEO導入や更新の継続について心配だという方は、ぜひ弊社までお気軽にお問い合わせください。
弊社では4000社以上の実績から得たノウハウであなたのビジネスをしっかりとサポートいたします。

📑お問い合わせはこちらから

※2021年11月4日(木)にGoogleは「Googleマイビジネス」の名称を
「Googleビジネスプロフィール(Google Business Profile)」に変更しました。

MEO対策を始めたいけど何をしたらよいのかわからない。
と、お悩みではありませんか?

そんなお悩みがある方に向けて、実際にMEO対策を提供している株式会社トリニアスが「自分でできるMEO対策」について資料にまとめました。

MEO対策を自分で始めたい方や、そもそもMEO対策って何?とお考えの方に向けて、MEO対策の基礎知識やマイビジネスの登録方法を解説しています。

MEO対策について知りたい方やMEO対策の導入を検討している方はぜひご活用ください。

無料資料ダウンロードはこちら
TOPへ