Googleインドアビューは自作可能!?手間やクオリティを比較!

今回は「Googleインドアビューは自作できるのか?」という話題についてお伝えしていきます。

Googleストリートビュー(インドアビュー)の認定フォトグラファーがこんなことを言ってしまっていいものかとも思いますが、結論から言ってしまえば、Googleインドアビューは自作できます。

ただし、「手間」「時間」はかなりかかります。そして、認定フォトグラファーが作成するインドアビューよりも、やはり品質は劣ってしまいます。

では具体的に、Googleインドアビューを自作するのには、どれくらいの手間がかかるのか?どんな品質のものが出来上がるのか?について、今から詳しくお話していきます。

Googleインドアビューを自作するときの手順

Googleインドアビューを自作するには、まず次のものが必要です。

  • 360度撮影に対応したカメラ(Ricoh Theta【シータ】が一般的によく使われています。)
  • カメラを固定する三脚
  • スマートフォン
  • Googleストリートビューアプリ(インドアビューの編集や公開の際に必要です。スマホにダウンロードしておきます。)

これらをすべて用意できたら、撮影や公開の手順に移っていきます。

①インドアビューを撮影する 

360度カメラのシータ

ここからは、先ほど紹介したシータを使った撮影方法をお話していきます。

手順をまとめると、

  1. シータとスマホをWi-Fiで接続する(シータの説明書にやり方が載っています)
  2. 撮影したい地点に三脚で固定したシータを置く
  3. Googleストリートビューアプリからシータを操作して撮影

となります。

シータとスマホをWi-Fiで接続しておくと、Googleストリートビューアプリの撮影モードにて「外部カメラ」からシータを選ぶことができるようになります。
シータに接続後はアプリが撮影の手引きをしてくれますので、それに従って撮影します。
ちなみに、シータで撮影した360度画像はこのような感じになります。(引き延ばした画像です)↓

②撮影したインドアビューを編集する

次に、シータで撮影した画像をGoogleストリートビューのアプリ上で編集していきます。具体的な編集点は、次の2つです。

  • プライバシー保護のための「ぼかし」を入れる
  • 撮影した場所の紐づけ

撮影した360度画像は、シータからスマホのストリートビューアプリに送られてきます。まずはその画像をチェックして、人が写り込んでいたりした場合はぼかしを入れます。

プライバシー保護のためのぼかしが入れられたら、次に撮影地点の設定です。Googleマップ上に登録された場所と撮影した360度画像を紐づけていきます。

撮影した時点で、すでに位置情報が取得できています。なので、候補リストから選ぶだけで紐づけができます。

③インドアビューを公開する

いよいよインドアビューの公開です。オレンジ色の「Googleマップに公開します」という帯をタップします。

すると確認画面が出てくるので、よく読んで「公開」をタップします。これで、自作のインドアビューがGoogleマップ上に公開されます。

ここまでが、自作のGoogleインドアビューの作成・公開方法になります。

公開したのに公開されない!?その謎の正体とは?

自作のGoogleインドアビューは、人によっては「思いのほか簡単に作れるなぁ・・・」と感じられたことでしょう。

確かに、日ごろから通信機器に触れている方にとっては、Googleインドアビューの自作は易しいものかもしれません。

しかし、「盲点」がひとつあります。

Googleインドアビューは、実は「公開ボタンを押しただけ」では大々的に公開されません。

一体どういうことかというと、GoogleインドアビューがGoogleマップ上に公開されるには「品質の審査」があり、それに合格しないことには大々的に公開はされないのです。

不鮮明だったり、不適切な画像が含まれたインドアビューは、ネットユーザーの役に立ちませんから、きちんとチェックが入るというわけです。

Googleインドアビューの審査項目の一例をあげると・・・

  • 貼り合わせに著しいずれがない
  • 明るい部分も暗い部分も十分に細部を判別できる
  • すべて視界が開けていること

・・・などがあります。全部確認するには、>>Googleストリートビューの公式ページへ

もしも、自作のインドアビューがGoogleの品質チェックに通らなかった場合は、もう一度撮り直す手間が発生します。

自作のインドアビューと、認定フォトグラファーが作成したインドアビューの違い

ここからは、自作のインドアビューと、Google認定フォトグラファーが撮影・作成したインドアビューの違いを見ていただきたいと思います。

まずは、自作のものから。↓(シータ公式サイトより引用した画像です)

Post from RICOH THETA. #theta360 – Spherical Image – RICOH THETA

次に、弊社が撮影したインドアビューを。↓

この2つを見比べると、次のような違いがあることが分かります。

  • 自作のインドアビューは移動できないが、認定代理店によるインドアビューは移動できる
  • 画質の違い

自作のインドアビューは、撮影地点を中心として、動かずにぐるっと回る感じの画像になります。

もし、認定フォトグラファーが作るような「動き回れるインドアビュー」を自作したかったら、何枚か撮った360度画像をつなぎ合わせる作業が必要です。そのためにはアプリでの再設定が必要になり、Googleによる再審査もあります。

趣味で360度画像を撮影する人ならば、その手間すらも楽しいかもしれません。しかしながら、店舗や施設の営業のかたわらインドアビュー作成の作業をするのは、従業員の方にとっては大変なことなのではないでしょうか?

平たく言ってしまえば、餅は餅屋です。Googleインドアビュー専門の業者に任せてしまったほうが、費用は多少かかりますがラクだということですね。

そして、Googleインドアビューを店舗や施設のPRツールとして使いたいという方であれば、画質の違いも気になるのではないかと思います。

多くの代理店では、インドアビュー撮影に使うのは高画質の一眼レフカメラです。(もちろん弊社でも一眼レフカメラを使っています)

今回の記事で紹介したシータというカメラは、コンパクトな反面、一眼レフカメラに比べると画質が劣ります。

PRツールとしてのインドアビューは、店舗施設内の看板やメニュー表などがそれぞれ「その場所の独自性(同業他社との差別化)を表現するアイテム」となります。
それらがより鮮明に写ったほうが、PR効果は高いです。

これらのことから、店舗施設が宣伝のためにインドアビューを導入するならば、自作よりも認定フォトグラファーを通してしっかり作られたほうがいいですよ、ということはお伝えしたいです。

一度公開されたら、ずっとネット上で見られ続けるものなので、よく検討しましょう。

まとめ

Googleインドアビューの自作は、ちょっと通信機器に詳しい方なら、専用のカメラやアプリを使って自作出来るでしょう。

しかしながら、撮影する手間・編集する手間などがかかるうえに、公開するにはGoogleの品質審査に通過する必要があります。

店舗や施設がPRのためにインドアビューを導入するなら、営業効率やクオリティ面を考えると、Google認定フォトグラファーにお任せいただくほうがおすすめです。
ご興味ある方はまずは弊社にお問い合わせいただき、見積もりをご覧ください。
ご相談のみでも問題ございませんのでお気軽にご相談ください。

カテゴリー: Googleインドアビュー

MEO対策を始めたいけど何をしたらよいのかわからない。
と、お悩みではありませんか?

そんなお悩みがある方に向けて、実際にMEO対策を提供している株式会社トリニアスが「自分でできるMEO対策」について資料にまとめました。

MEO対策を自分で始めたい方や、そもそもMEO対策って何?とお考えの方に向けて、MEO対策の基礎知識やマイビジネスの登録方法を解説しています。

MEO対策について知りたい方やMEO対策の導入を検討している方はぜひご活用ください。

無料資料ダウンロードはこちら
TOPへ