マケスク > Googleストリートビュー > Googleストリートビューの営業トーク、本当と嘘を見抜く方法

Googleストリートビューの営業トーク、本当と嘘を見抜く方法

この記事を読んでいる方の中には、「Googleストリートビューの営業電話がかかってきたけど、信用できない。」と思ってる方が多いでしょう。

店舗施設内のGoogleストリートビューを撮影するビジネスは、日本では2012年から始まりスマホの普及に伴って伸びている分野のため、撮影に携わる業者は数多く存在します。

Googleストリートビューの営業会社は、あなたのお店にコンタクトを取り「Googleストリートビューを導入したほうが売り上げアップに有利です。」とプレゼンしてくると思います。

確かにGoogleストリートビュー自体は使い方によっては強力な集客ツールになりますが、営業会社が提示してくるメリットには少し注意した方が良いかもしれません。

Google認定フォトグラファーとして、日々ストリートビューの普及を行っている弊社としては、導入する事業者様達には最大限Googleストリートビューの恩恵を受けて欲しいと思っています。

そこで今回は「Googleストリートビューの営業トークの本当と嘘を見抜く方法」をお伝えしていきます。

Googleストリートビューに関する誤解を生みやすい2つの営業トーク

使い方によっては、集客効果が期待できるGoogleストリートビュー

弊社トリニアスも日々、お客様にその魅力を提供できるように尽力しています。

そんな弊社トリニアスの観点から、「Googleストリートビュー営業トークの真実と嘘」をご紹介していきます。

「MEOの順位が”確実に”上がります」

『Googleストリートビューを導入すれば、あなたのお店のMEOの順位が確実に上がります。』

この「確実に」という表現は誤解を招きます。

ちなみにMEO(Map Engine Optimization)とは、Googleマップ上で表示される順位(または順位を上げるためにおこなう施策)のことです。

GoogleマップやGoogle検索で、サービスに関連の高いキーワードが検索されると、検索結果の最初の方にお店の情報が表示されます。

この表示順位を上げていくと新たな集客が見込めるようになるのですが、MEOの順位はストリートビューを導入したからといって確実に上がるわけではありません。

確かにストリートビューの導入は順位を上げるためにも必要ですが、他にも下記のような表示基準がございます。

  • 検索ユーザーの現在位置
  • 検索されたキーワードとあなたのサービスとの関連の深さ
  • ネット上にあなたのお店の情報がどれだけ散りばめられているか?(ネット上での知名度)
    →この一部としてGoogleストリートビューが含まれます。他には、お店が運営するSNSやHPでの情報や、実際行った人がネット上に書き込んだ口コミ、グルメサイトなどの掲載情報などです。
    ネット上のすべての範囲をGoogleが情報収集し、あなたのお店の「ネット上での知名度」を決めています。
参考:ビジネスプロフィールヘルプ

※これらの判断基準を総合して表示順位が決まります。

他の判断基準の話は無視して、「Googleストリートビュー”さえ”導入すれば、あなたのお店がネット検索上でたくさん表示されますよ。」とお客様に伝えてしまうのは間違った認識を拡げてしまいます。

ただし、「インターネットを駆使して新たな集客を呼び込みたい」という場合は、やはりGoogleストリートビューは用意しておいた方が良いと弊社は考えております。

「Googleマイビジネス」の説明がない

集客ツールとして使うGoogleストリートビューは、「Googleマイビジネス」の登録をしないと効果を発揮しません。

そして、Googleマイビジネスの登録や運営は、お店のスタッフさんにやっていただく形になります。

※Googleマイビジネスの登録や運用は無料です。

その説明を一切行わずに、「ストリートビューの導入だけ」を勧めてくれる営業スタイルも、事業者様や店舗の責任者様に対して親身になっていないと感じます。

ちなみに、Googleマイビジネスとは簡単に言うと「Google上に、自分のお店の情報を格納しておく箱」のようなものです。

下の画像は弊社のものですが、例えば店名をGoogle検索すると、右側にそのお店の情報が大きく表示されているのが分かります。

この状態にするにはGoogleマイビジネスへ登録が必要となります。

Google検索結果_株式会社トリニアス

Googleマイビジネスの中には、管理者が好きな画像を投稿することが出来て、この中にGoogleストリートビューも含めることが可能です。

Googleマイビジネスの登録や運用は、スマホからでもできます。

しかし、全く初めての登録、運用を行う方にとっては「店舗情報の修正の仕方」や、「画像の追加」、「登録の方法」など、つまづいてしまうポイントも多いでしょう。

その点のサポートも含めて、Googleストリートビューの導入を提案するほうが親切だと弊社は考えております。

Googleストリートビューの導入に向いているお店・向いていないお店

ここまでGoogleストリートビューの営業の真実と嘘をお話してきました。

ご覧になった方の中には「自身の店舗に導入するべきか」と真剣にお悩みの方も多いでしょう。

そんな方のために『Googleストリートビューの導入に向いているお店・向いていないお店』の基準もお伝えしておきます。

Googleストリートビューの導入に向いているお店の条件は、実はとてもシンプルです。

自分のお店を、たくさんの人に見せたいかどうか?

上記のように考えられる方は、Googleストリートビューの導入をお勧めします。

インターネットを介した情報提供になるため、より広い範囲の不特定多数の方に、あなたのお店が発見される可能性が高いです。

インターネットを使って自身の店舗をアピールしたい方々には、Googleストリートビューの導入は価値のあるものになります。

お店のホームページやSNSなどが無いという場合も、Googleマイビジネス自体がその代わりになります。

店舗情報を一つにまとめた箱ですので、その箱の中にストリートビューを入れて見てもらえば、あなたの店舗の魅力が伝わるはずです。

反対に、インターネット集客に全く興味がない場合や、使っているインターネット端末がフィーチャーフォン(いわゆる「ガラケー」)しかない場合は、Googleストリートビューの導入はお勧めできません。

Googleストリートビュー導入に向いているお店の条件は、『自分のお店を、たくさんの人に見せたいかどうか』たった一つです。

ぜひ頭に置いて検討してみてください。

まとめ

Googleストリートビューは「訪れた時の疑似体験」ができるため、見込み客の安心感や親近感につながります。

それが、集客に結び付きやすいツールと言われている理由です。

しかし、Googleストリートビュー”さえ”導入すれば、集客の課題が全て解決するわけではありません。

Googleストリートビューはあくまでも、Googleマイビジネスという、あなたのビジネスの情報が詰まった「箱」の一部です。

Googleマイビジネスの中で、いかにあなたのお店の様子を発信していくか?Googleストリートビューを最大限活かすには、これにかかっています。

ですので、「Googleストリートビューがあれば絶対有利ですよ」という、大まかすぎる営業には気を付けましょう。

弊社もgoogleストリートビューの撮影を行っておりますのでお気軽にお問い合わせください。

\ストリートビュー屋内版の撮影費用が3分で分かる!/
お問い合わせ・ご相談はこちら

MEO対策・ビジネスプロフィール・ストリートビュー・Instagram・LINE・HP/LP制作に関するお問い合わせお待ちしております!

Googleストリートビュー
TOPへ