マケスク > Googleストリートビュー > 医療施設のGoogleストリートビュー導入事例!施設内の撮影のコツは?

医療施設のGoogleストリートビュー導入事例!施設内の撮影のコツは?

現地に行かなくても、その場所の雰囲気が感じ取れるGoogleストリートビュー。
ストリートビュー屋内版の撮影をすると店舗の中まで見ることができて、予約前に雰囲気を知りたい方にはピッタリの機能です。

店舗やクリニックを経営している方も導入をご検討したことがあるのではないでしょうか?

飲食店やジムも来店前に雰囲気が分かると良いですが、お客様的には自身の健康にもっとも関わる医療施設の雰囲気も知りたい人は多いでしょう。

そこで今回は弊社が撮影した、医療施設のGoogleストリートビューの導入事例をご紹介します。
扱う症例や規模によって様々な工夫がGoogleストリートビューに込められています。

「施設の内観や外観を撮りたいけど、どうすればいいかわからない。」
「そもそもどう導入すればいいの?」

と悩んでいる方へ少しでも助けになればと思います。
ではまず、導入方法から見ていきましょう。

📑ストリートビューの問い合わせはコチラ

Googleストリートビュー導入方法の手順

①Googleマイビジネスに登録

まずは、Googleストリートビュー屋内版を掲載する「Googleマイビジネス」に登録しましょう。

Googleマイビジネスに出来たら、ストリートビューを掲載する前にご自身のお店の情報を追加しておきましょう。

表示される項目に施設情報を入力するだけで、Google検索やGoogleマップに表示されます。

ストリートビューを見てもらうためにも、来店に繋げるためにもGoogleマイビジネスは充実させておきましょう。

②360°の写真を撮る

Googleストリートビューのアプリ、または360°カメラでご自身の施設を撮影してみましょう。

Googleストリートビューアプリ android

Googleストリートビューアプリ iPhone

Googleストリートビューに登録する写真は規格が決まっておりますので、必ず規格をクリアした写真の登録を行いましょう。

自分で撮影することが難しい方は「ストリートビュー認定フォトグラファー」というストリートビュー屋内版を撮影する代理店に相談してみましょう。

代理店によってはGoogleストリートビューだけでなく、Googleマイビジネスへのアドバイスをくれる店舗もあります。

弊社もGoogleマイビジネスに関するアドバイスもできる「ストリートビュー認定フォトグラファー」ですので、ストリートビューの撮影にご興味ある方はお気軽に以下よりお気軽にご相談ください。

📑ストリートビューのお問い合わせはコチラから

医療施設のGoogleストリートビューの導入事例

言葉だけでの説明では導入後のイメージが湧きにくいので、弊社が撮影した実際の導入事例をご紹介します。
弊社が撮影した医療施設がどのようなストリートビュー屋内版を撮影したのかを参考にして、ご自身の導入方法を検討していきましょう。

「医療法人社団 浅木クリニック」(東京都港区)

浅木クリニック様は営業時間内に撮影させていただきました。
営業時間内に撮影することで、実際に働いている医師の雰囲気や患者さんが待っている様子がわかりやすいものとなっております。(モザイク処理も弊社で行わせていただきます。)
患者さんのいる時間で撮影が出来たのも、浅木クリニックさんが患者さんと適切な距離感を築けているからでしょう。

「麻生リハビリ総合病院」(神奈川県相模原市)

麻生リハビリ総合病院様では、患者さんのリハビリを受け持つリハビリテーション科の様子を撮らせていただきました。
こうしてGoogleストリートビュー屋内版に収めることで、患者さんと医師の距離感が目に見える形でわかるため、入院を検討中の方にとってはとても有料な判断材料になります。
患者さんの病室の様子まで撮影しているのもポイントです。

かみぞのキッズクリニック(大分県大分市)

かみぞのキッズクリニック様はビルの2階にあります。エレベーターも設置されているので、ベビーカーを使う患者さんにも安心です。出入り口の扉には可愛らしいマスコットキャラクターがあしらわれ、来院する患者さんをやさしく出迎えます。
院内の天井にはすべて、青い空と白い雲の装飾が施されていてメルヘンチックな気分になります。また、壁紙も明るい色合いなので、 リラックスした気持ちで診察を受けることができます。

「佐久間レディース&ファミリアクリニック」(東京都葛飾区)

佐久間レディース&ファミリアクリニック様は住宅街の中にあります。
院内の壁やロッカーには動物や植物の可愛らしいウォールステッカーが貼られていて、見ているだけで楽しい気分になります。
また、診察室のベッドにアニメキャラクターのタオルを使用するなどして、治療に不安を感じる小さいお子さんに安心感を与えています。

「荒木医院」(東京都豊島区)

荒木医院様も大通りから路地に入った閑静な住宅街の中にあります。
外観は普通の住宅のような感じなのでアットホームな雰囲気です。待合室も上品なインテリアでリラックスできます。
診察室には柔らかい色合いの黄色のカーテンやブラインドなどが使われていて、色味が統一されているので落着きがあります。

「あきたレディースクリニック安田」(秋田県秋田市)

あきたレディースクリニック安田様は3階建てと広く、その分、医療設備が充実しています。
待合室は、まるでホテルのラウンジのようなシックな造りで高級感があります。
院内には鍵付きのロッカーもあり、身軽な状態で診察を受けられます。診察室以外に母親教室などを開催する部屋もあるので、妊婦さんは安心して長く通うことができます。

「ほっち医院」(千葉県松戸市)

ほっち医院様の外観は、まるで立派な一軒家のようで豪華な印象です。
待合室の大きな窓からは日の光が充分に差し込み、座席は優しいピンク色となっているので、治療前の不安感が和らげる工夫がなされています。
診察室の床の色もピンク色でリラックスした気分で診察を受けることができます。

「杉山耳鼻科クリニック」(東京都武蔵野市)

杉山耳鼻科クリニック様はJRの駅から徒歩2分という利便性の高い立地にあります。通りに面していますが、大きな窓にはブラインドが掛けられているので患者さんのプライベートはしっかりと守られています。
間接照明が施された待合室のインテリアはシンプルでおしゃれです。また、院内の内装は白い壁と床で統一されていて清潔感があります。

「四谷こころのクリニック」(東京都新宿区)

四谷こころのクリニック様は、JRや地下鉄の各路線の駅からアクセスしやすいビルの中にあります。
院内に入るとすぐに、木目調の受付カウンターが目に入ります。待合室には白色のソファが設置されているので、全体的に落着きのある雰囲気です。また、観葉植物も飾られていて患者さんの心を癒してくれます。
診察室にもソファが置かれているので、ゆったりとした気持ちでカウンセリングを受けられます。

「江部医院」(新潟県長岡市)

江部医院様の玄関には植物が植わっていて、訪れた患者さんをやさしく出迎えます。また、スロープも設置されているので、車椅子や歩行器を使っている患者さんもスムーズに入ることができます。
待合室や診察室のそれぞれの窓が大きく造られ、日の光をふんだんに取り込んでいて、とても明るい印象です。
また、内装はフローリングの床や木目調のドアなどあたたかみのあるデザインになっています。

「新発田駅前ひらた内科クリニック」(新潟県新発田市)

新発田駅前ひらた内科クリニック様は、JRの駅からほど近いガラス張りのビルの中にあります。2階のフロアにあり、階段またはエレベーターを使って来院することができます。
待合室には白色の壁と椅子が設置されていて清潔感があります。また、それぞれの診察室を仕切る壁は木目調になっていて、診察前の緊張感を和らげています。

「小川橋医院」(神奈川県横浜市)

小川橋医院様は3階建ての建物で2階に受付があります。階段以外にエレベーターも設置されているので、車椅子や足腰に自信のない患者さんでも安心して来院できます。
院内の内装は壁や床がすべて白色に統一されているので広く感じられます。また、床には大理石風のタイルが敷かれていて高級感があります。
廊下には出窓がいくつかあり、院内に明るい光を取り込んでいます。

まとめ

行っている治療方法や病院の規模でGoogleストリートビュー屋内版の撮り方は変わってきます。
病院内全体を撮影することは最も重要ですが、その際に「自分の施設の強みは何か?」という事を考えて撮影していきましょう。

もし、撮影方法や導入方法がわからない、ご自身で対応するのが難しいという場合は、弊社のような「ストリートビュー認定フォトグラファー」に相談してみましょう。

専門家による適切なアドバイスでGoogleストリートビューの導入を完璧なものにさせ、集客効果を高めていきましょう。

※2021年11月4日(木)にGoogleは「Googleマイビジネス」の名称を
「Googleビジネスプロフィール(Google Business Profile)」に変更しました。

Googleストリートビュー
TOPへ