マケスク > MEO(Googleマイビジネス) > ローカル検索広告とは?導入によってもたらされる効果や運用のポイントなどを解説

ローカル検索広告とは?導入によってもたらされる効果や運用のポイントなどを解説

近年、地図検索エンジンにおいてご自身のお店や施設を上位表示させるローカルSEOという対策が注目されています。 それに伴い、地図検索結果に広告(ローカル検索広告)を出稿する企業も増えてきました。
本記事では、ローカル検索広告や設定方法、導入するメリットなどについて解説していきます。

📑集客にお困りの方は
お気軽にお問い合わせください

1.ローカル検索広告とは?

ローカル検索広告とはGoogleマップ上に表示されるリスティング広告を指します。

現在、Google検索やGoogleマップで地域名を含む検索や位置情報を利用した検索を行うと、Googleマップと一緒に検索キーワードに関連するビジネスのGoogleビジネスプロフィールが表示されます。
検索結果画面の上部にGoogleビジネスプロフィールを表示させるのがローカル検索広告です。

①ローカル検索とは

ローカル検索とは地域名を含む検索や位置情報を利用した検索のことを指します。

例えば「新宿 歯医者」や「近くのカフェ」などの「地域+キーワード」で検索(間接検索)することがローカル検索に該当します。地域が限定された検索であるため「ローカル検索」と呼ばれています。

そして「ローカル検索広告」は、このローカル検索の検索結果に表示される広告のため「ローカル検索広告」という名称になります。

②ローカル検索広告の重要性

ローカル検索広告の導入は、実店舗や地域に根ざしたビジネスを運営する事業者の方にとって重要な役割を果たします。

Googleの検索結果は、検索ユーザーの悩みを解決できたサイトやコンテンツが上位に表示される仕組みになっていますので、地域名を含むローカル検索を行うユーザーは来店する意欲が高いことが分かります。

どこで何をしたいという目的が明確なユーザーが間接検索とローカル検索を行います。なので、地図検索結果に広告を打ち出すのはとても高い集客効果を期待できるでしょう。

③ローカル検索広告の表示方法

ローカル検索広告の表示方法は、大きく分けて2つあります。

まずはGoogleマップです。
Googleマップでローカル検索を行うと、左側にGoogleビジネスプロフィール、右側にGoogleマップが表示されます。
この時表示されるGoogleビジネスプロフィールは、上から順に検索キーワードに関連のある評価の高いビジネスが表示される仕組みになっています。

上部に表示されるほど”良いビジネス”という印象を持たれやすいのですが、ローカル検索広告を出すとどの業種でも上部に表示されす。

次にGoogle検索です。
Google検索でローカル検索を行うと、検索結果画面とGoogleマップ、Googleビジネスプロフィールの3つが表示されます。

ローカル検索広告はパソコンではGoogle検索結果には表示されません。
Googleビジネスプロフィール下部の「さらに表示」をクリックし、Googleマップに移動するとローカル検索広告が表示されるようになっています。

スマホで検索するとGoogle検索結果にもローカル検索広告は表示されます。

2.ローカル検索広告を設定するには

それでは実際にローカル検索広告を設定してみましょう。
この章ではローカル検索広告の設定方法について、Googleビジネスプロフィールの登録から解説していきます。

①Googleビジネスプロフィールに登録する

ローカル検索広告はGoogleビジネスプロフィールを利用した広告ですのでGoogleビジネスプロフィールの登録が必須です。

まずは、Googleビジネスプロフィールに登録するからGoogleビジネスプロフィールに登録しましょう。

参照元:Googleビジネスプロフィールヘルプ

Googleビジネスプロフィールの登録が完了したら、登録情報を充実させていきます。
せっかく上位表示されてもGoogleビジネスプロフィールに情報が無ければユーザーを来店へ導くことはできません。 実際の来店に繋げるためにもGoogleビジネスプロフィールを充実させましょう。

②Google広告とGoogleビジネスプロフィールを連携させる

次に、Google広告とGoogleビジネスプロフィールを連携させていきます。この作業を行うことでローカル検索広告が出せるようになります。

こちらからGoogle広告を開きます。

①広告と広告表示オプション
②広告表示オプション
③青丸にプラスマーク
④住所表示オプション

の順番に進み、Googleビジネスプロフィールとの連携を行います。

参照元:Google広告 ヘルプページ

③検索キーワードの設定をする

そして、検索キーワードの設定を行います。ここでのキーワード設定は自店がヒットしやすいキーワードを選びましょう。 例えば、「高田馬場 ランチ」、「新大久保 美容院」、「新宿 歯医者」などです。 地域や業種を絞り込むことで地図検索にヒットしやすくなります。

①キーワードタブ
②検索キーワード
③青丸にプラスマーク
の順にキーワードを設定し、「公開」をしたら設定完了です。

3.ローカル検索広告のメリット・デメリット

ここではローカル検索広告のメリットとデメリットについて解説していきます。
ローカル検索広告がご自身のビジネスに必要なのかを判断して頂くために、ローカル検索広告の特徴について解説いたします。

①集客効果が期待できる

引用:PRTIMES https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000067.000039683.html

近年のGoogleマップの利用率は他の地図検索アプリよりも最も多く、また、その利用目的の2位に「店舗情報の確認」がランクインしています。

世界中で最も多く利用されているGoogleマップのローカル検索に広告を打ち出せるため、より高い集客効果が期待できます。

②地図検索において上位に表示される

ローカル検索で上位表示を目指すMEO対策は、キーワードによっては何年経っても上位表示が出来ないこともあります。

しかし、ローカル検索広告は地図検索結果では上位に表示されるので、ユーザーの目に止まりやすくなります。
また、競合も少ないので、長い期間、上位表示される可能性が高まります。

③ユーザーの行動分析ができる

Googleビジネスプロフィールには「インサイト」という項目で、「ユーザーがあなたのビジネスを検索した方法」や「ユーザーの反応」などの数値が確認できます。

ローカル検索広告の結果もインサイトで確認できるため、ユーザーの行動分析まで行えます。 今後のご自身のビジネスの運営プランを練っていくためにも積極的に活用していきたいシステムです。

④業種や地域によっては集客効果が薄い

ここからはローカル検索広告におけるデメリットについて解説していきます。
ローカル検索やMEO対策によって効果がもたらされる業種は限られてきます。

例えば、「サプリメント」「ビジネスシステム」「アパレル」「MEO対策業者」や、また、その土地に住んでいる方が多く来店されるビジネスや地域などは、そもそも名前を知っているためローカル検索されないなどの傾向にあるので、高い集客効果は期待できないでしょう。

なので、緊急性が低く、じっくり比較検討するような商品やサービスを取り扱うビジネスは、ローカル検索広告では集客効果を得るのは難しいでしょう。

⑤運用に手間がかかる

ローカル検索広告はリスティング広告と一緒に出すため、検索キーワードや目標などの設定が必要です。

また、初期設定が完了した後も、問題点を探して改善するといったPDCAを回し続け、Googleビジネスプロフィールに写真を追加したり、情報を更新したりする必要があります。

広告を出す際も、人によっては設定が複雑と感じたり、また、公開後もPDCAを回して運用する必要があるため、通常の業務と並行して運用するには、これまで以上に時間の管理が必要になってきます。

もしも、ご自身やスタッフの方たちだけで運用が難しいという場合は、業者への運用代行の依頼をおすすめいたします。
弊社でもGoogleビジネスプロフィールの運用代行を行っておりますので、お気軽にご相談ください。

📑お問い合わせはこちらまで

4.ローカル検索広告の3つのポイント

ここではローカル検索広告を運用する上で大事な3つのポイントについて解説いたします。 以下のポイントを抑えてローカル検索広告を効率よく運用していきましょう。

①広告の出稿はリスティング広告と一緒に

ローカル検索広告は単体での打ち出しができず、リスティング広告と一緒にしか公開できません。
そのため、リスティング広告の設定も必要となります。リスティング広告に【住所表示オプション】として設定することで、ローカル検索広告が表示されます。

参照元:Google広告 ヘルプページ

②クリックに対して料金が発生する“クリック課金制度”

ローカル検索広告はクリック課金制で、下記クリックに対して料金が発生します。
クリックされた時にのみ費用が発生するので、経済的コストが抑えられます。

・【場所の詳細を取得】のクリック
・【ルート検索】のクリック
・モバイルの Click-to-Call (電話型広告)のクリック
・ウェブサイトのクリック

参照元:Google広告 ヘルプページ

③MEO対策と並行して運用すると効果的

ローカル検索広告はGoogleビジネスプロフィールを上位表示させる広告ですが、実際の集客に繋げるためにはMEO対策も必要となります。

広告を打ち出している間は上位表示を意識したり、Googleビジネスプロフィールの情報を充実させることが重要です。しかし、万が一、広告を辞めた時や広告が表示されなかった時など、あらかじめMEO対策を行っておくことでご自身のGoogleビジネスプロフィールが上位に表示されます。

ローカル検索広告は、広告で表示されている場合でも広告の無いGoogleビジネスプロフィールも表示されますので、ローカル検索広告と並行してMEO策も行うことをおすすめします。

5.まとめ

ここまでローカル検索広告についてや導入のメリット・デメリット、広告の出稿方法などを解説してきました。
現在、Google検索やGoogleマップでローカル検索を行うと、Googleマップと一緒に検索キーワードに関連するビジネスのGoogleビジネスプロフィールが表示されます。

ローカル検索広告は、

①広告の出稿はリスティング広告と一緒に
②クリックに対して料金が発生する“クリック課金制度”
③MEO対策と並行して運用すると効果的

という特徴があります。

このように、ローカル検索広告には費用がかかり、また、長期的な運用や管理を必要とします。

もしも、ご自身でローカル検索広告の設定や運用、MEO対策するのが難しいという方は、ぜひ、弊社までお気軽にお問い合わせください。
弊社では、これまで4,000件以上の企業のMEO対策を手掛けてまいりました。ご自身のご予算や業務内容に沿ったプランをご提案させていただきます。

📑お問い合わせはこちらまで

※2021年11月4日(木)にGoogleは「Googleマイビジネス」の名称を
「Googleビジネスプロフィール(Google Business Profile)」に変更しました。

MEO(Googleマイビジネス)
TOPへ