マケスク > MEO(Googleマイビジネス) > Googleマイビジネスのオーナー確認方法|3つのメリットと困った時の対処法

Googleマイビジネスのオーナー確認方法|3つのメリットと困った時の対処法

Googleマイビジネスは「オーナー確認」を完了させることで情報を自由に編集・管理し、全ての機能を利用できるようになります。

まさにマイビジネスを活用するための第一歩目であり、最重要項目ともいえる作業の1つです。

しかし、「手順が分からない」「面倒だから」と、つい放置してしまっている方もいらっしゃるかもしれません。

そこで本記事では、オーナー確認をするメリットとオーナー確認の方法について詳しく解説します。

オーナー確認をしないことで起きる思わぬ危険や困ったときの対処法もご紹介しますので、ぜひ最後までご覧ください。

Googleマイビジネスのオーナー確認とは

Googleマイビジネスのオーナー確認とは、簡単に言うと「私がこのGoogleマイビジネスの管理者です」とGoogleに証明する作業のことです。

実は、Googleマイビジネスは自分で登録した覚えがなくても、第三者やGoogleによって作成され、知らない間にウェブ上に存在していることがよくあります。

基本的にこのような形で存在しているGoogleマイビジネスには管理者が存在しません。

管理者がいないGoogleマイビジネスは、検索結果に正しく表示されなかったり、店舗関係者ではない人に間違った情報を記載されたりすることがあります。

そういった事態を防ぎ、店舗関係者がGoogleマイビジネスの情報を正しく管理するために作れた仕組みこそが「オーナー確認」です。

オーナー確認を行うことで、Googleマイビジネスの情報を直接管理できるのは管理者(オーナー)のみになるため、第三者に虚偽の情報を掲載されるリスクを防げます。

情報の正確性が保証されることは店舗とユーザーの両方にとっての安心材料となるため、オーナー確認は必ず行っておきたい重要な作業です。

オーナー確認をするメリット

Googleマイビジネスはオーナー確認を完了させることで全ての機能が利用できるようになり、活用の幅も格段に広がります。

オーナー確認によってもたらされる具体的なメリットは以下の3つです。

  1. Googleマイビジネス経由での集客率の向上が見込める
  2. 店舗の信頼度が向上する
  3. ローカル検索の結果にマイビジネスが表示される可能性が高まる

1つずつ詳しく解説します。

Googleマイビジネス経由での集客率の向上が見込める

オーナー確認をするメリットの1つ目は、Googleマイビジネス経由での集客率の向上が見込める点です。

Googleマイビジネスはオーナー確認が完了すると「オーナー権限」が与えられ、住所や営業時間などの基本情報はもちろん、店舗の写真や商品などの情報も自由に編集・管理できるようになります。

さらに、Googleマイビジネスには経路案内や予約機能など、集客に役立つ機能も豊富にそろっているため、それらを活用することで店舗に興味を持ったユーザーが実際に来店してくれる可能性も高まります。

また、オーナー確認を完了させると利用できる機能の中でも、特に集客率向上のために活用したい機能が「インサイト」です。

インサイトは、ユーザーがあなたのGoogleマイビジネスを訪れた際に検索したキーワード(検索クエリ)やGoogleマイビジネスを見た後にどのような行動をとったのかが確認できる機能です。

少し上級者向けの機能ではありますが、Googleマイビジネスの分析と改善に力を注ぎ、「さらなる集客率の向上を目指したい」という場合はぜひ利用してみましょう。

店舗の信頼度が向上する

オーナー確認をするメリットの2つ目は、ユーザーからの信頼度が向上する点です。

オーナー確認が完了していないGoogleマイビジネスは自動生成されたか、もしくは第三者によって作られた可能性が高く、単なる「情報」としてウェブ上に存在しているだけということも少なくありません。

一方で、オーナー確認を完了させ日々情報を更新しているGoogleマイビジネスはユーザーから見ても「管理者が存在し、実際に動いている」ことが分かります。

営業実態のわからない店舗に足を運ぶことはユーザーにとってリスクでしかないため、店舗が実在し営業していることを証明するためにもオーナー確認は非常に重要です。

また、獲得した信頼を確固たるものにするためには「口コミ」などのユーザーとコミュニケーションを取れる機能も有効なので、ぜひ積極的に活用してみましょう。

ローカル検索の結果にマイビジネスが表示される可能性が高まる

オーナー確認をするメリットの3つ目は、ローカル検索の結果にマイビジネスが表示される可能性が高まる点です。

これはGoogleが「Googleビジネスプロフィールヘルプ」にて公式に明言している内容でもあります。

近年、Googleは積極的にCMを打つなど、Googleマイビジネスの普及に力を入れています。

そのため、明確な要因は不明ですが、オーナー確認作業は「Googleマイビジネス」というサービスそのものの信頼性向上に協力的であると判断され、検索結果に表示される可能性が高まるのではないかと考えられます。

Googleマイビジネスを本気で集客に活用しようと考えている方やMEO対策を考えている方にとって、オーナー確認は欠かせない作業だと言えるでしょう。

オーナー確認をしないことで起きる問題

よく「面倒だから」という理由でGoogleマイビジネスのオーナー確認をしない方がいらっしゃいますが、「オーナー確認をしない」という選択は様々な問題を引き起こす原因になるため、想像以上に危険です。

本章では「オーナー確認をしないことで起きる2つの問題」について詳しく解説します。

Googleマイビジネスが乗っ取られる可能性がある

オーナー確認をしないことで起きる問題で最も怖いのは、第三者にGoogleマイビジネスを乗っ取られてしまう危険性があることです。

本来、Googleマイビジネスの情報管理とオーナー確認が行えるのは、店舗のオーナー、または承認を受けた代理人のみとされています。

しかし、仕組み上店舗にまったく関係のない第三者がオーナー確認をすることも不可能ではありません。

そのため、中にはGoogleマイビジネスのオーナー権限を乗っ取り、あなたの店舗の評判や検索結果での表示順位を下げようとする悪質な業者やライバル店が存在していることも現実です。

きちんと営業しているにもかかわらず嫌がらせで「閉業」と記載されてしまっては、ユーザーが勘違いしてしまい、来店率や売り上げが激減してしまいます。

オーナー確認をせずにGoogleマイビジネスを放置してしまう行為は、店舗そのものの信用を失いかねません。

ご自身の店舗を守るためにも、オーナー確認はしっかり完了させましょう。

第三者の悪質な行為に対抗できない

悪質な口コミや虚偽情報の記載に一切抵抗できなくなってしまうこともオーナー確認をしないことで起きる問題の1つです。

Googleは常に正しい情報を提供するために、ユーザーからのGoogleマイビジネスへの口コミや写真の投稿、情報の修正提案を受け付けています。

しかし、ユーザーから提供される情報は必ずしも店舗に対して好意的なものばかりとは言えません。

残念ながら、悪意を持って虚偽の口コミを書いたり、故意に店舗の評判を下げる写真を投稿するユーザーは一定数存在します。

オーナー確認をしていない場合、Googleマイビジネスの情報を自由に編集・管理できないため、いくら投稿された内容が事実ではなかったとしても、こういった悪質な行為に対抗できません。

一方、オーナー確認をしていれば、悪質な口コミ写真の投稿に対して策を講じることができます。

オーナー確認をせずにGoogleマイビジネスを放置する行為は、悪質なユーザーを野放しにすることに他なりません。

もし「Googleマイビジネスは頻繁に触らないし、作業が面倒だ」という方であっても、悪質なユーザーに対抗する手段の1つとしてオーナー確認は必ず済ませておきましょう。

Googleマイビジネスのオーナー確認の方法

Googleマイビジネスのオーナー確認方法は以下の通りです。

1.すでにオーナー確認がされていないか確認する
2.確認コードを取得する
3.確認コードを入力して認証する

1つずつ詳しく解説していきます。

①すでにオーナー確認がされていないか確認する

まずは、ご自身の店舗のGoogleマイビジネスのオーナー確認がすでに完了していないかを確認しましょう。

Google検索、もしくはGoogleマップでご自身の店舗を検索し「このビジネスのオーナーですか?」と表示された場合、そちらをクリックします。

もし表示されていなければ、ビジネス情報の確認画面にアクセスしてご自身の店舗の名前を検索しましょう。

「このビジネスを管理して、クチコミへの返信や連絡先情報の更新を行いましょう」という画面が表示された場合、そのGoogleマイビジネスはまだオーナー確認が完了していない状態です。

「管理を開始」をクリックして確認コードの取得に進みましょう。

一方で「このビジネスプロフィールは他のユーザーが管理している可能性があります」という画面が表示された場合、そのGoogleマイビジネスはすでに誰かがオーナー確認をしている状態です。

すでに誰かがオーナー確認をしている場合のオーナー確認の方法については「すでに他のユーザーがオーナー確認をしていた」で詳しく解説します。

「お客様は既にこのビジネスプロフィールの管理者になっています」という画面が表示された場合、以前ご自身でオーナー確認を完了させている状態です。

お客様は既にこのビジネスプロフィールの管理者になっています

「続行」をクリックして、そのままGoogleマイビジネスの管理を始めましょう。

②確認コードを取得する

「管理を開始」をクリックしたら、次はオーナー確認を完了させるために必要な確認コードを取得しましょう。

店舗によって選択できる項目に違いがあるため、表示された中から都合の良い受け取り方法を選んでください。

ハガキでの受け取り

確認コードが書かれたハガキを郵送で受け取る方法です。

申請から2週間程度でGoogleマイビジネスに登録してある住所に確認コードが記載されたハガキが送られてきます。

住所が正確でないとハガキが届かないため、登録内容に間違いがないかを十分に確認してから郵送の申請をしましょう。

また、ハガキが届くまでにGoogleマイビジネスの情報を編集したり、むやみに郵送の再申請を行ったりすると、オーナー確認完了までに時間がかかってしまうため注意が必要です。

電話での受け取り

確認コードを電話音声で受け取る方法です。

通話ボタンをクリックして数秒待つと、Googleマイビジネスに登録してある電話番号宛に自動音声電話がかかってきます。

音声で確認コードを伝えられるので、聞き間違いのないようにメモを残しておきましょう

申請直後に電話が来るため比較的早く確認コードを受け取れる方法ですが、番号(フリーダイヤルなど)や着信設定によっては電話を受けられない場合があるため注意が必要です。

メールでの受け取り

ご自身の店舗のウェブサイトなどにメールアドレスが掲載され、それをGoogle側が把握している場合にはメールで確認コードを受け取ることも可能です。

メールでの受け取りを選択した後に確認コードを受け取るメールアドレスが表示されるので、アドレスに間違いがなければ「メール」をクリックしましょう。

確認コードを受け取るメールアドレスは変更できないため、表示されたアドレスが間違っていた場合は他の手段で確認コードを受け取る必要があります。

Google Search Consoleでの即時オーナー確認

ご自身の店舗のウェブサイトが「Google Search Console」というツールに登録されている場合は、確認コードを取得せず即時にオーナー確認できます

Google Search Consoleでの即時オーナー確認に必要な条件は以下の通りです。

・店舗の公式ウェブサイト(独自ドメイン)が公開され、Google検索で表示される
・Google Search Consoleに上位公式ウェブサイトを登録している
・Google Search Console登録時に登録したオーナーアカウント(Googleアカウント)を利用してGoogleマイビジネスのオーナー確認を行っている

これらの条件が全て揃っている場合に限り、Googleマイビジネスのオーナー確認を進めようとすると即時にオーナー確認が完了します。

③確認コードを入力して認証する

オーナー確認用のコードが取得できたら、早速認証作業に移りましょう。

確認コードには30日の有効期限があります。

ハガキの場合は受け取りまでに2週間程度かかり、有効期限は実質14~15日程度になってしまうため、忘れないうちに認証を済ませましょう。

認証手順は以下の通りです。

1.Googleマイビジネスの公式ページにて右上の「ログイン」をクリック
2.Googleアカウントのユーザー名とパスワードでログイン
3.「オーナー確認を行う」もしくは「今すぐオーナー確認」をクリック
4.表示される手順に従い確認コードを入力

Googleから「完了しました」というメールが届くとオーナー確認は完了です。

これでご自身のGoogleマイビジネスの情報を自由に編集・管理できるようになります。

注意
確認コードの入力を6回以上間違えた場合、オーナー確認に失敗します。
この場合、Googleマイビジネスを一度削除し、再度新しく作成する必要があります。

オーナー確認で困った時の対処法

Googleマイビジネスのオーナー確認は、重要な作業であるがゆえにうまくいかないケースも発生します。

困ったときはGoogleビジネスプロフィールヘルプからGoogleに直接問い合わせるのが一番確実な方法ではありますが、ここではよくあるケースの対処法をご紹介します。

すでに他のユーザーがオーナー確認をしていた

すでに他のユーザーがご自身の店舗のGoogleマイビジネスのオーナー確認を行っていた場合、オーナー権限のリクエストを行いましょう。

「このビジネスプロフィールは他のユーザーが管理している可能性があります」と表示された画面で「アクセスに関するリクエスト」をクリックし、フォームに必要事項を入力して送信します。

現在の管理者がリクエストを承認するか、リクエストの送信から3日以上返信がない場合、オーナー確認作業を進められるようになります。

ハガキが届かない

ハガキは基本的に約2週間以内に郵送されますが、もしそれ以上経っても届かない場合は確認コードの再申請をしましょう。

コードの再申請は、Googleマイビジネスにログインした後に画面上部の青いバナー「別のコードをリクエスト」をクリックします。

再申請をしてもハガキが届かない場合は、お問い合わせページからGoogleに直接問い合わせましょう。

電話がかかってこない

Googleからの自動音声電話がかかってこない場合は、まず登録している電話番号に間違いがないかを確認しましょう。

登録している電話番号に間違いがあった場合は、Googleマイビジネスにログインして情報を修正し、再度オーナー確認をします。

番号に間違いがなく、電話がかかってこない状態がしばらく続く場合は、利用している回線がGoogleから国際電話を受けられない回線であることが考えられます。

ハガキでのオーナー登録など、他の方法でオーナー確認を完了させましょう。

確認コードを入力せずに紛失・放置してしまった

確認コードを入力する前に紛失してしまった、もしくは長期間放置してしまった場合は、確認コードの再申請をしましょう。

ハガキが届かないときと同様、Googleマイビジネスにログインした後に画面上部の青いバナー「別のコードをリクエスト」をクリックすると、新しいコードを取得できます。

30日の有効期限を過ぎてしまった確認コードや再リクエスト後に見つけた以前のコードは、入力しても無効になってしまうので注意しましょう。

まとめ

今回は、Googleマイビジネスのオーナー確認をするメリットやその方法について解説しました。

Googleマイビジネスは「オーナー確認」を完了させることで、情報を自由に編集・管理し、全ての機能を利用できるようになります。

本記事を参考にオーナー確認を行い、さらなる店舗集客率向上のためにGoogleマイビジネスを活用していきましょう。

弊社は、MEO対策を中心に数多くの中小企業様のGoogleマイビジネスの運用をお手伝いしております。

Googleマイビジネスの活用方法や上位表示など、店舗の集客対策にお悩みの方はぜひお気軽にご相談ください。

※2021年11月4日(木)にGoogleは「Googleマイビジネス」の名称を
「Googleビジネスプロフィール(Google Business Profile)」に変更しました。

MEO(Googleマイビジネス)
TOPへ