Googleマイビジネスで臨時休業マーク・特別営業時間を設定する方法

🔄最終更新日:2か月前

Googleマイビジネスに表示される営業時間は、店舗に興味を持ってくれたユーザーが来店を考える際に非常に重要な情報となります。

そのため、何か特別な事情があって一時的に店舗を休業したい場合も、休業していることがユーザーにわかりやすく伝わるようにしておかなければなりません。

そこで、本記事では店舗を休業する際のGoogleマイビジネスの管理にお悩みの方に向けて、「Googleマイビジネスで臨時休業マークを設定する方法」をわかりやすくご紹介します。

その他にも「特別営業時間を設定する方法」や「休憩時間を設定する方法」、「営業時間が勝手に変更されてしまったときの対処法」もご紹介しますので、ぜひ最後までご覧ください。

Googleマイビジネスで臨時休業マークを設定する方法

臨時休業中のGoogleマイビジネス

Googleマイビジネスの臨時休業マークとは、「連続して7日以上休業する」もしくは「期間は不明だが休業する」際に、一時的に休業していることをユーザーに伝えるための手段です。

※休業期間が6日以内の場合は、後ほど紹介する特別休業時間を設定します。

この臨時休業マークがついていると、ユーザーは一目で店舗が休業中だと分かります。

臨時休業マークを設定する手順は以下の通りです。

Googleマイビジネスにログイン
②左のメニューから「情報」を選択
③「Google上でこのビジネスを休業または閉鎖する」の矢印をクリック
④「臨時休業マークを付ける」をクリックして完了
臨時休業マークの設定

間違えて「閉業マークを付ける」をクリックしてしまうとマイビジネスの掲載順位が著しく低下するため、設定する際は細心の注意を払いましょう。

設定を解除したいときは、設定した時と同じ手順で「営業中としてマーク」をクリックするだけです。

臨時休業マークの設定・解除はいつでも自由に行えるため、休業期間が終了したら必ず元の状態に戻すことを忘れないようにしましょう。

「テイクアウト」や「デリバリー」でサービスを提供している場合は、臨時休業マークを付けるとサービスがマイビジネスに表示されなくなるため注意が必要です。

営業時間や定休日、臨時休業マークを設定するべき理由

休業時にわざわざGoogleマイビジネスにログインして臨時休業マークを設定するのは面倒だと感じる方もいらっしゃるかもしれません。

しかし、営業時間や定休日、臨時休業マークなどの情報はユーザーが店舗の営業状況を一目でわかるだけではなく、店舗運営の効率化にもつながります。

顧客対応の手間が省ける

Googleマイビジネスに営業時間に関する情報が記載されていない場合、ユーザーは「このお店はいつの何時から何時まで営業しているのだろう」と疑問を抱いてしまいます。

中には営業時間を聞くために店舗に直接問い合わせをしてくるユーザーもいるでしょう。

もしも営業中の忙しい時間帯にそういった問い合わせがたくさん来た場合、スタッフはその対応に追われてしまいます。

また、臨時休業マークを設定せずに休業していた場合、休日にもかかわらず電話対応が必要になったり、もしくは電話に出られずにせっかくのお客さんを逃してしまったりするかもしれません。

こういったスタッフの手間を省くために、営業時間に関する情報はあらかじめGoogleマイビジネスに記載しておくと良いでしょう。

店舗の信頼性が向上する

Google検索やGoogleマップで店舗を検索するユーザーの多くは「今からお店に行きたい」もしくは「近々お店に行ってみたい」と考えていることがほとんどです。

そういったユーザーが足を運んでくれたにもかかわらず休業していたのでは、店舗としての信頼を大きく損ねてしまいます。

営業時間に関する情報をGoogleマイビジネスに記載していなかったために、本来お客さんになってくれていたかも知れない人が他店に流れていってしまうのは何よりも避けたいことです。

購買意欲の高いユーザーをがっかりさせないためにも、営業時間に関する情報はきちんと漏れなく記載しておきましょう。

Googleからの評価が向上する

基本的にGoogleマイビジネスの情報は、正確であり充実しているほど検索結果での掲載順位が上がる傾向にあると言われています。

そのため、営業時間に関する正確な情報を記載することもGoogleからの評価の向上につながる可能性があります。

検索結果の上位に表示されているマイビジネスはユーザーに見てもらえる機会が多く、店舗の集客率を高めることに大きく貢献するため、営業時間の変更や臨時休業がある場合は速やかに対応しましょう。

ポイントは常に最新かつ正確な情報を記載することです。

検索結果での掲載順位を上げるためにはMEO対策と呼ばれるWEB対策も有効なため、こちらもチェックしてみてください。

Googleマイビジネスで特別営業時間を設定する方法

長期の休業ではなく、年末年始やゴールデンウィークなどで「一時的に営業時間を変更する」場合や「連続して最長6日間休業する(7日未満の休業)」場合は、特別営業時間を設定できます

※特別営業時間を設定するためには通常の営業時間を設定しておく必要があります。

設定した期間が来ると、マイビジネスの営業時間の部分が通常の表示から特別営業時間に設定した時間や定休日に切り替わり、設定した期間が過ぎると再び通常の表示に戻ります。

特別営業時間を設定する手順は以下の通りです。

Googleマイビジネスにログイン
②左のメニューから「情報」を選択
③カレンダーマークが表示される「特別営業時間」をクリック
④-1.祝祭日など、終日休業する場合は「特別営業時間を確認」をクリックし、スライダーを定休日に設定
④-2.店舗度億時の営業時間や定休日を設定する場合は「他の日を追加」から日時を選択
⑤「適用」をクリックして完了
特別営業時間の設定

特別営業時間は24時間以内であれば翌日の情報を編集することもできるため、状況に合わせて柔軟に設定しましょう。

Googleマイビジネスで休憩時間を設定する方法

飲食店など、ランチとディナーの営業の間に休憩時間を設けている店舗は、Googleマイビジネスでも「休憩時間」を設定ができます。

設定すると、休憩時間中はGoogleマイビジネス上で「営業時間外」と表示され、営業再開の時間もわかるようになります。

休憩時間を設定した際の表示

休憩時間を設定する方法は、通常の営業時間を設定するときと大きな違いはありません。

例えば、ランチが11:30~15:00まで、ディナー17:30~23:00の店舗の場合、最初に11:30~15:00までの営業時間を設定した後に「営業時間を追加」をクリックして17:30~23:00までの営業時間を設定します。

休憩時間の設定

お客様が間違えて休憩中の時間に来店してしまわないように、休憩時間を設けている店舗は必ず設定しておきましょう。

Googleマイビジネスで休憩時間を設定する方法

稀に設定したはずの情営業時間に関する情報が勝手に変更されていることがあります。

その場合、考えられる主な原因は2つです。

新型コロナウイルスの影響

2020年以降、店舗が通常通り営業しているにもかかわらず、Googleマイビジネスの表示が勝手に臨時休業に切り替わってしまうなどの事例が相次いで発生しました。

その原因は、新型コロナウイルス(COVID-19)の流行に伴って発令された緊急事態宣言やまん防(まん延防止等重点措置)の影響です。

もし以下のような状態を見つけた場合、本記事で紹介した方法を参考に臨時休業マークの解除や営業時間の修正を行いましょう。

・休業していないのに臨時休業マークがついている
・「閉店している可能性があります」「実際の営業時間とは異なる場合があります」などの注意書きがされている

第三者による嫌がらせ

コロナウイルスによる影響以外に考えられるのが、第三者による嫌がらせです。

実はGoogleマイビジネスはオーナー以外の一般ユーザーでも情報の修正を提案できるようになっています。

本来は店舗がより正しい情報を提供するために設けられた仕組みですが、中にはこの仕組みを悪用するユーザーも存在します。

勝手に書き換えられてしまった情報はGoogleマイビジネスの管理画面でオレンジ色で表示されるため、見つけた際は早急に正しい情報に直しておきましょう。

また、もし勝手な書き換えが何度も続く場合は、お問い合わせページからGoogleに直接問い合わせてみましょう。

まとめ

今回はGoogleマイビジネスで臨時休業マークや特別営業日を設定する方法をご紹介しました。

Googleマイビジネス上の営業時間に関する情報は慣れてしまえばどれも数分足らずで設定できてしまいます。

正確な営業時間の記載はユーザーと店舗の双方に良い影響をもたらすため、営業時間の変更や臨時休業がある際は速やかに対応し、常に最新かつ正確な情報を提供することを心掛けましょう。

※2021年11月4日(木)にGoogleは「Googleマイビジネス」の名称を
「Googleビジネスプロフィール(Google Business Profile)」に変更しました。

カテゴリー: MEO(Googleマイビジネス)

MEO対策を始めたいけど何をしたらよいのかわからない。
と、お悩みではありませんか?

そんなお悩みがある方に向けて、実際にMEO対策を提供している株式会社トリニアスが「自分でできるMEO対策」について資料にまとめました。

MEO対策を自分で始めたい方や、そもそもMEO対策って何?とお考えの方に向けて、MEO対策の基礎知識やマイビジネスの登録方法を解説しています。

MEO対策について知りたい方やMEO対策の導入を検討している方はぜひご活用ください。

無料資料ダウンロードはこちら
TOPへ