飲食店のGOOGLEストリートビュー導入事例をご紹介。店内の撮影のコツや導入に向いている飲食店の特徴など

🔄最終更新日:2週間前

飲食店がGoogleストリートビュー屋内版を導入するとどのように見えるのでしょうか。また、どのような飲食店が導入に向いているのでしょうか。

今回は、Googleストリートビュー屋内版の導入に向いている飲食店の特徴と導入方法、そしてGoogle認定フォトグラファーである弊社、株式会社トリニアスが撮影した10の飲食店の導入事例をご紹介します。

ぜひ参考にし、Googleストリートビュー屋内版の導入を検討しましょう。

1.Googleストリートビュー導入に向いている飲食店の特徴

Googleストリートビュー導入に向いている飲食店の特徴は、まず、最寄り駅から少し距離があったり、雑居ビルの中にある店舗です。

このような立地にある飲食店は、初めて訪れる際に道に迷ってしまうことがあります。なので、Googleストリートビュー屋内版を導入して周辺環境の様子を発信すれば、ネット上であらかじめ地理を知ってもらうことができます。

次のGoogleストリートビューの導入に向いている飲食店の特徴は、繁華街などの激戦区に店舗を構える飲食店です。

最近では、グルメサイトなどのプラットフォームを通じての来店以外にも、SNSからの口コミを見たお客様がお店の名前を直接、地図検索エンジンで調べて来店するケースも増えてきています。

このように、Googleストリートビュー屋内版で店内の様子を事細かく撮影することで、グルメサイトに掲載しきれなかった店舗のより詳しい情報を発信できるので、他店との差別化にもつながります。
ネットで公開する情報を充実させることで、新しいお客様の獲得にも繋がっていくことでしょう。

2.Googleストリートビュー導入までの流れ

Googleストリートビューは「Googleビジネスプロフィール」に登録することで掲載できます。

この章では、Googleビジネスプロフィール登録からGoogleストリートビュー掲載用の写真撮影までの流れを紹介していきます

1.施設内の写真撮影をする

ご自身で撮影される場合も、Googleストリートビュー屋内版撮影代行業者に依頼する場合も、まずは施設内の撮影をします。 ご自身で撮影される場合は360°カメラをご準備していただきます。

また、代行業者に依頼される場合は、一番理想に近い見積りを出してくれる業者と契約をしましょう。
弊社の場合はカメラマンを派遣して撮影するため、カメラマンと日程調整した後に撮影を開始いたします。

2.撮影データを編集し、Googleマイビジネスに掲載する

Googleストリートビュー屋内版が撮影出来たら、弊社では編集ソフトで写真を繋ぎ合わせる作業をし、店内をスムーズに移動できるように編集します。
色味の加工なども完了したらGoogleマイビジネスの「写真」から投稿しましょう。

Googleマイビジネスの登録方法・使い方はこちらをご参考ください。

3.迷ったらGoogleストリートビュー認定代理店に相談

Googleストリートビュー屋内版は、カメラや編集ソフト、編集技術を持っていれば撮影からアップまで一通り行うことができます。
しかし、撮影に手間がかかったり、アップするのが難しかったり、手持ちのカメラでは画質が悪かったりなど、飲食店のスタッフのみですべての作業を行うことはなかなか難しいでしょう。

なので、費用はかかりますが、クオリティの高いGoogleストリートビュー屋内版を撮影するために、「Google認定フォトグラファー」というGoogleストリートビュー屋内版の撮影代行業者を利用することもおすすめです。
見積もり対応可能の撮影代行業者がほとんどですので、何社かピックアップして比較検討することもおすすめです。

3.飲食店のGoogleストリートビュー導入事例

それでは、ここから弊社が撮影した飲食店の導入事例をご紹介します。
なお、店内の撮影のほとんどは人の出入りが少ない時間帯や定休日に行っており、スタッフの方やお客様のプライバシー保護に配慮しております。

実際の撮影事例をご覧いただくことで導入後の具体的なイメージを掴めると思います。
ぜひ、Googleストリートビュー屋内版導入の参考にしてみてください。

1.「厳選和牛焼肉 松剛 立川店」(東京都立川市)

厳選和牛焼肉 松剛 立川店様は最寄りの駅から少し歩いた、住宅や商店などが立ち並んだ場所にあります。
店内の内装は、壁と床、椅子やテーブルなどが全て白色で統一されているので広々と感じます。
テーブルのそばに飾られたされた盆栽や通路に植えられた竹が和の趣きを演出しています。

2.「玄品 浦和」(埼玉県さいたま市)

玄品 浦和店様は雑居ビルの地下階に店舗を構えています。
店内には、テーブル席やカウンター席の他に畳敷きのお座敷席が備え付けられています。また、テーブル席の間の間仕切りに御簾を用いているので、全体的に和のテイストを取り入れた造りになっています。

3.「ステーキしゃぶしゃぶ パンドラ」(東京都新宿区)

ステーキしゃぶしゃぶ パンドラ様は雑居ビルの中の上階に店舗があります。
こちらではお客様の目の前でシェフがお肉を焼いてくれるサービスを提供しているので、店内のすべてのテーブルには大きな鉄板が備え付けられています。
店舗の内装は深い茶色を基調としているレトロなデザインで落着きがあります。

4.「いづつや 長岡店」(栃木県宇都宮市)

いづつや 長岡店様の店舗の外観は、まるで西部劇のセットのような特徴的なデザインです。
店内はとても広く、ゆったりとした造りのテーブル席が数多く設置されています。
また、ドリンクバーやサラダバーなどのビュッフェもあるので、色々なメニューを楽しむことができます。

5.「GARDEN HOUSE Kamakura」(神奈川県鎌倉市)

GARDEN HOUSE Kamakura様は道路から少し奥まった場所にあります。お店の看板のそばに植えられた木が緑のアーチを造り、お客様をやさしく出迎えているようにみえます。
店内には屋外のテラス席がいくつもあり、草木の息吹や日光を浴びながらゆったりくつろぐことができます。
また、屋内にも客席が設けられているので雨の日でも安心です。

6.「焼肉 美福苑」(千葉県船橋市)

焼肉 美福苑様はJRの駅から徒歩10分の場所にあります。玄関は階段とスロープのどちかららも入れるようになっています。
店内の内装は和風で、料亭のような高級感があります。座席の数は充実していて、窓辺に面したテーブル席や個室席、お座敷の席などもあり、どちらもゆったりとくつろげそうです。

7.「魚敬 津久井浜店」(神奈川県横須賀市)

魚敬 津久井浜店様は海岸沿いにあります。海がとても近いので、店内からも大海原を一望できます。
出入口には階段とスロープが備え付けてあり、バリアフリーになっています。店内はとても広く、カウンター席やファミリー向けの広いテーブル席などが用意されています。また、料理の注文がタッチパネル方式なのもとても便利です。

8.「ストリームヴァレー」(千葉県柏市)

ストリームヴァレー様は公園の近くの緑が豊かな場所にある、自家焙煎のコーヒーを楽しめるカフェです。最寄りの駅から離れた立地なので、その分、静かで落ち着いた雰囲気になっています。
店内は木材をふんだんに使用したクラシックな内装で、ゆったりとくつろぐことができます。座席は、カウンター席とテーブル席があり、テーブル席からは近くの公園の木々を眺めながら食事を楽しめます。

9.「エコトコ・ファーマーズカフェ」(埼玉県所沢市)

エコトコ・ファーマーズカフェ様は、広い公園の中にある博物館に付属した飲食店です。テラス席やカウンター席からは公園の芝生や林を眺めてくつろぐことができます。
店内の内装は、テーブルや椅子は全て木製のもので統一されていて自然のぬくもりを感じます。床の格子柄のデザインもモダンでおしゃれです。

10.「Dining 383 LANA」(神奈川県川崎市)

Dining 383 LANA様は、駅から少し歩いた商店街の中にあります。
店舗の植え込みにヤシの木が植えられていたり、また、店内の内装はサーフボードや貝殻が飾られたりと、全体的にハワイアンテイストになっています。
店内には2人~4人掛けのテーブル席のみで、いずれも木目調でシックなデザインです。ボックス席には南国を思わせるデザインのクッションや椅子のカバーがかけられていて、まるで海の家に来たような気分になります。

4.まとめ

ここまでGoogleストリートビューでの飲食店の撮影のメリットや、導入事例をいくつか紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか?

ご自身の飲食店の清潔で明るい店内の様子や、居心地が良さそうな雰囲気をネット上で発信することで、よりたくさんの方にアピールできます。
そして、お客様の実際のご来店やお問い合わせにも繋がっていくことでしょう。

ぜひ、飲食店のGoogleストリートビューの撮影導入の参考にしてみてください。

※2021年11月4日(木)にGoogleは「Googleマイビジネス」の名称を
「Googleビジネスプロフィール(Google Business Profile)」に変更しました。

MEO対策を始めたいけど何をしたらよいのかわからない。
と、お悩みではありませんか?

そんなお悩みがある方に向けて、実際にMEO対策を提供している株式会社トリニアスが「自分でできるMEO対策」について資料にまとめました。

MEO対策を自分で始めたい方や、そもそもMEO対策って何?とお考えの方に向けて、MEO対策の基礎知識やマイビジネスの登録方法を解説しています。

MEO対策について知りたい方やMEO対策の導入を検討している方はぜひご活用ください。

無料資料ダウンロードはこちら
TOPへ