Googleストリートビューの問い合わせ先は2パターンある!正しい連絡先を知ろう

※2021年11月4日(木)にGoogleは「Googleマイビジネス」の名称を
「Googleビジネスプロフィール(Google Business Profile)」に変更しました。
また、2022年にはGoogleマイビジネスアプリの提供が終了するということです。

この記事では、「Googleストリートビューについて問い合わせを行いたいけど、一体どこに連絡をすれば良いのか?」という疑問についてお答えしていきます。

Googleストリートビューは、大きく分けて外観版屋内版があり、それぞれについて問い合わせ窓口が異なります。

正確な窓口に問い合わせを行って、問題の解決をしていきましょう。

📑集客対策にお困りの方は
お気軽にお問い合わせください。

Googleストリートビューに映っている建物の「外観」に問題がある場合

  • お店や会社の正面ではなく、裏口が映ってしまっている
  • お店や会社の映り方が微妙(角度などがイマイチ)
  • 車のナンバーや表札などにぼかしが入っていない

このように、Googleストリートビューに映っている建物の外観に何かしらの問題がある場合、問い合わせ先となるのはGoogle社です。

Google Japanのストリートビュー担当部署宛てに、次の2つの窓口が用意されています。

  1. ストリートビューの画面から「問題報告フォーム」を開いて問い合わせ
  2. 電話問い合わせ

①問題報告フォームから問い合わせる方法について

外観に問題のあるストリートビューを発見した場合は、そのストリートビューが表示されている画面から「問題報告フォーム」にアクセスします。

パソコンからの閲覧の場合、画面右上の旗マークをクリック。

Googleストリートビュー_問題報告フォーム

次に、このストリートビューのどこに問題点を感じるのか?項目が表示されます。
該当する内容にチェックを入れて、「REPORT」をクリックしましょう。

これでGoogle社にストリートビューの改善点を報告することができます。
Googleで審査がおこなわれた後に、報告した問題点が認められた場合は修正が行われます。

スマホから問題の報告をしたい場合は、ストリートビューを表示させたままの状態で右上の3つの点をタップします。

すると画面下に「問題の報告」という項目があらわれますので、それをタップします。

次に、このストリートビューのどこに問題点を感じるのか?項目が表示されます。
該当する項目をタップしましょう。

タップした瞬間にGoogle側に内容が送信されますので、項目の入力ミスに気を付けましょう。

これでGoogle社にストリートビューの改善点を報告することができます。

②電話問い合わせ

Googleストリートビューについて電話で直接問い合わせをしたい場合には、Google社の専用ダイヤルが用意されています。

フリーダイヤル:0120-585614(携帯、PHS、海外からの場合は03-6837-2341)
受付時間:平日9:00~12:00/13:00~18:00(※土日祝日、年末年始はお休み)

電話問い合わせは、主にインターネットを使わない方のために設けられました。
しかし、先にご紹介した「問題の報告フォーム」からの問い合わせ内容を迅速に反映させたい方は、電話問い合わせも併せて行っておくとベターです。

以上が、Googleストリートビューに映っている建物の外観について問い合わせたい場合の方法です。

Googleストリートビュー屋内版について問い合わせたい場合

  • 自分のお店(会社)の室内をストリートビューにして公開したい
  • 室内のストリートビューをもう一度撮りなおしたい

この場合に問い合わせ先となるのが、「Googleストリートビュー認定フォトグラファー」です。
Google社ではありませんので注意しましょう。

Googleストリートビュー認定フォトグラファーとは、ストリートビュー撮影の一定の技術がある人(団体)が名乗れる名称です。
Googleの子会社ではなく、独立した業者です。

Googleストリートビュー(屋内版)については、各業者によってサービスの内容やプランなどに違いがあります。
あなたにとってメリットのある業者を選んで問い合わせましょう。

  • 代理店に撮影をお願いしたことはないのに、いつの間にか室内のストリートビューが公開されている
  • こんな場合は、代理店ではなく一般の方が撮影して公開した可能性があります。
    もしもそのストリートビューの品質に問題がある場合は、「問題報告フォーム」からGoogle社に連絡しましょう。

    以上が、Googleストリートビュー屋内版について問い合わせたい場合の方法となります。

    まとめ

    Googleストリートビューには2つの種類があり、下記の2つになります。

    • 道路沿いから建物の外観を撮影したストリートビュー→Google社の専用問い合わせフォームに連絡
    • 建物の内観を撮影した屋内版ストリートビュー→認定フォトグラファー(Google社とは独立した存在)に連絡

    Google社とストリートビュー認定フォトグラファーの違いがあいまいな方は混同しやすいのですが、素早い問題解決のために、正しい問い合わせ先を覚えておきましょう。

    弊社では、ストリートビューの撮影のご依頼を受け付けております。

    見積もりも行っておりますので、とりあえず金額だけでも知りたいという方でもお気軽にお問い合わせください。
    お電話やメール、問い合わせフォームなどからご依頼お待ちしております。
    またMEO対策のご提供もしておりますので、下記資料をダウンロード又は、お電話やフォームからお問い合わせください。

    📑Webからのお問い合わせはこちら

    カテゴリー: Googleストリートビュー

    MEO対策を始めたいけど何をしたらよいのかわからない。
    と、お悩みではありませんか?

    そんなお悩みがある方に向けて、実際にMEO対策を提供している株式会社トリニアスが「自分でできるMEO対策」について資料にまとめました。

    MEO対策を自分で始めたい方や、そもそもMEO対策って何?とお考えの方に向けて、MEO対策の基礎知識やマイビジネスの登録方法を解説しています。

    MEO対策について知りたい方やMEO対策の導入を検討している方はぜひご活用ください。

    無料資料ダウンロードはこちら
    TOPへ