Googleマイビジネスの3つのデメリットとは?解決策とともに解説!

インターネット集客の救世主!のように言われることが多い「Googleマイビジネス」ですが、メリットとともにデメリットも存在します。

しかしながら、そのデメリットを公表しているサイトや業者はあまり見かけません。
なぜなら、正直都合が悪いからです。

ですがGoogleマイビジネスは、デメリットもあらかじめ知っておいた上で使うことで、上手く運用することができます。

今回の記事では、そんな知られざるGoogleマイビジネスのデメリットと、それを踏まえた上での使い方についてご説明していきます。

Googleマイビジネスの隠れたデメリット3つ

あくまで弊社の見解となりますが、Googleマイビジネスには次の3つのデメリットがあります。

    1.Googleマイビジネスにアップした写真が任意の場所に表示できない
    2.思いもよらぬ口コミが投稿されることがある
    3.継続して情報を更新していかないと、Googleマップで目立つ場所に表示されない
参考:Googleマイビジネスヘルプ

それぞれについて、詳しく解説します。

①Googleマイビジネスにアップした写真が任意の場所に表示できない

オーナー確認の済んだGoogleマイビジネスには、お店や会社側で用意した写真をアップすることができ、お気に入りの画像を何枚でもアップできます。

ここにアップした画像は、Google検索やGoogleマップであなたのサービスの名称が検索された時に、検索ユーザーの目にとまります。

【Google 検索】
【Googleマップ】

ではここでGoogleマイビジネスのデメリットの話に戻りますが、Googleマイビジネスの写真管理機能では、アップした写真を任意の場所に配置することができません。

「検索ユーザーに最も目に留まりやすい場所に、この写真を配置したい」というようなことができないのです。

なぜなら、Googleマイビジネスの写真は、Google側によってランダムな順番で表示されるからです。
そして、お店や会社側がアップした写真のみでなく、一般の方が投稿した写真も間に挟まるようにして表示されます。(Googleマイビジネスでは、一般の方の写真投稿ができます)
この特徴により「Googleマイビジネスは、ウチのお店のイメージアップの写真を思うように表示できない」と感じるオーナー様が多いです。
※弊社のように、Googleマイビジネスを使った集客方法を提案する業者は、正直このデメリットを突っ込まれるのが痛いです。

Googleマイビジネスで写真を任意の場所に表示できない理由は、Googleは公表していません。私個人的には、おそらく「露骨な宣伝色を出させないため」だと思っています。

Googleマイビジネスを提供するGoogleのスタンスは、

  • 検索ユーザーになるべく正確な情報提供をする
  • Googleマイビジネスの情報は、サービスを提供する側と、サービスを受ける側がともに作っていく

なので、一般ユーザーが写真を投稿できたりします。

たびたびメディアなどで話題になる、企業の誇大広告の問題。あれは、企業側のみが情報を発信する権限を握っているから起こります。

そういった「情報発信の不自然なバランス」をなくすための意図があるのではないか、と考えられます。

解決策

任意の場所に写真は設置できないものの、お店や会社側がアップした写真は、一般ユーザーがアップした写真より優先的に表示されます。

その特徴を活かして、Googleマイビジネスにアップする写真は、全て質の高いものにしておくのがおすすめです。
つまり、どの写真がどの場所に表示されても「このお店(会社)イイ感じ!」と思われるようにしておくということです。

Googleは、Googleマイビジネスにアップする写真の「基準」は公開しています。それによると、

  • 外観写真・・・3枚以上
  • 内観写真・・・3枚以上
  • 商品の写真・・・3枚以上
  • サービスの内容をあらわす写真・・・3枚以上
  • メニューの写真(飲食店)・・・3枚以上
  • 共有エリアの写真(ジムや温泉など)・・・1枚以上
  • 客室の写真(宿泊施設)・・・3枚以上
  • スタッフの写真・・・3枚以上
  • JPEG形式またはPNG形式の画像であること
  • 写真のサイズが10KB~5MGであること
  • 写真の解像度が縦720ピクセル×横720ピクセル以上であること
  • 画像加工がされておらず、自然な写真であること
参考:Googleマイビジネスヘルプ

とあります。結構細かく指定されています。

これらの基準に従って写真を用意し、Googleマイビジネスにアップしておくことが解決策と言えます。

②思いもよらぬ口コミが投稿されることがある

Googleマイビジネスの特徴的な機能として、「一般ユーザーからの口コミ投稿」が挙げられます。誰が投稿しているか?は表示されますが、かなり簡単に口コミ投稿することができます。

さて、口コミと聞いてイヤな予感がする方もおられることでしょう。

そうです。いとも簡単に口コミが投稿できるGoogleマイビジネスには、ときに思いもよらぬ口コミがされることがあります。お店(会社)に対する辛口コメントがそれに当たります。

根拠のない誹謗中傷口コミの場合などは、Googleに報告すれば削除ができます。しかしながら、それ以外の口コミは基本的に全て公開されます。

Googleマイビジネスは、インターネット上にある媒体です。そのため、毎日不特定多数の人に情報を露出していくことになります。そんな場にネガティブ口コミが投稿されるのを、デメリットと感じるオーナー様もいます。

解決策

お店や会社に寄せられる口コミ。その中でもネガティブ口コミに対しては、「サービスを改善するためのヒント」として受け取るのが一番です。

人によってお店や会社の評価はそれぞれです。
今まで気づかなかったポイントで不満を抱えるお客様は必ずいます。そんな「隠れた改善ポイント」を見つけてもらったつもりで受け取りましょう。

Googleマイビジネスでは、寄せられた口コミに返信することができます。(返信内容も公開されます。)チクリと指摘されたような口コミに対して誠実に返信すれば、イメージアップにつなげることができます。

③継続して情報を更新していかないと、Googleマップで目立つ場所に表示されない

「Googleマイビジネスを開設すれば、Googleマップで目立つ場所に表示されますよ」
そんな言葉を聞いたことがある方もおられるかもしれません。

GoogleマイビジネスはGoogleマップに紐づけられていますので、「Googleマイビジネスの開設→Googleマップで目立つ」というウワサがまことしやかに囁かれています。

実は、この言葉は「省略形」です。元の長さに戻すと次のようになります。

「Googleマイビジネスを開設して、あなたのサービスの情報をまずはしっかり入れましょう。
その後は放置せず、定期的に写真の追加を行ったり、他のWeb媒体(SNSやホームページなど)で情報公開をおこなうなど、継続してサービスを露出していくことで、だんだんインターネット上での情報量が増え、Googleマップで目立つ場所に表示されますよ」

Googleマイビジネスは、「インターネット集客の必殺技ではありません。それさえ繰り出せば勝てる」というものではないのです。

どちらかと言えば、時間をかけてじっくり育てていく媒体です。集客効果を狙うなら、長期的な視点で運用していくことになります。

なので、Googleマイビジネスのことを「一朝一夕でインターネット集客できるツール」と思い込んでしまうと、じっくり現れてくる集客効果に気づかないというケースが出てきます。

解決策

あるキーワード(例:「横浜市西口 居酒屋」)でGoogleマップ検索をした時に、目立つ場所にお店が表示されるための施策を「MEO(Map Engine Optimization)地図エンジン最適化」と言います。

どんな順番でお店が表示されるか?については、いろいろな要因があります。Googleは基準を公開していませんが、中でも大きいのが次の2つと言われています。

  • 1.検索ユーザーの現在位置(検索ユーザーの現在位置から近い順にお店が表示されることがある)
  • 2.公開された情報量が多いお店の順で表示される

Googleは特に②思いもよらぬ口コミが投稿されることがあるを重要視する傾向があります。「公開された情報量」とは、Googleマイビジネス内の情報に限らず、インターネット全体での情報量のことです。

インターネット上でのあなたのサービスの情報量は、すなわち「話題度」ということになります。情報量が多いお店ほど「話題になっていて人気のあるお店」という判断がされ、Googleマップ上で目立つ場所に表示される傾向が強いのです。

つまり、Googleマイビジネスの情報を定期的に更新(写真の追加など)することはもちろん、他のWeb媒体(SNSやホームページ)でも積極的に情報を出していくことが、「MEO(Map Engine Optimization)地図エンジン最適化」の最適な方法と言えます。

もう一度言いますが、Googleマイビジネスはインターネット集客の必殺技ではありません。

一瞬にして効果を発揮するものではなく、他のWeb媒体と合わせて長期的に運用していくことで、効果がじわじわあらわれてくるものなのです。

まとめ

Googleマイビジネスのデメリットをあらためてまとめると、次のようになります。

    1.Googleマイビジネスにアップした写真が任意の場所に表示できない
    2.思いもよらぬ口コミが投稿されることがある
    3.継続して情報を更新していかないと、Googleマップで目立つ場所に表示されない

デメリットと決めつけてしまえば、どれも「ただの短所」として終わってしまうでしょう。

しかしながら、どんなツールにも長所短所はつきものです。光があれば必ず影があります。

デメリットを理解した上で、それも含めて長期的に活用していくお店(会社)にこそ、集客効果はあらわれます。

※今回はGoogleマイビジネスのデメリットにフォーカスしたお話でしたが、きちんとメリットもあります。

カテゴリー: Googleマイビジネス

MEO対策を始めたいけど何をしたらよいのかわからない。
と、お悩みではありませんか?

そんなお悩みがある方に向けて、実際にMEO対策を提供している株式会社トリニアスが「自分でできるMEO対策」について資料にまとめました。

MEO対策を自分で始めたい方や、そもそもMEO対策って何?とお考えの方に向けて、MEO対策の基礎知識やマイビジネスの登録方法を解説しています。

MEO対策について知りたい方やMEO対策の導入を検討している方はぜひご活用ください。

無料資料ダウンロードはこちら
TOPへ