Googleマイビジネスのデメリットと解決策を解説!

Googleマイビジネスに登録するべきかな…とお悩みの方は多くいらっしゃいますが、 結論から申し上げますと、Googleマイビジネスは利用するべきです。

集客したい企業や店舗はもちろんですが、集客を特に考えていない企業や店舗にも利用して頂きたいツールです。
「WEB版の名刺」と言えるほど経営するうえで重要なGoogleマイビジネスのメリット/デメリットについて解説します。

Googleマイビジネスに関する詳しい情報はこちらの記事を御覧ください。

1.Googleマイビジネスのデメリットとその解決策

Googleマイビジネスは全企業に利用してほしいツールですがもちろんデメリットもあります。
ですがこのデメリットを知ることでGoogleマイビジネスを利用する際に注意するべき点が分かり、より集客できるようになるでしょう。

この章ではGoogleマイビジネスのデメリットとしてよく上げられる4つのデメリットとその解決策をご紹介します。

デメリットとその解決策をしっかり理解し、ご自身の店舗のマイビジネス運用に活かしましょう。

①トップに表示される写真や順番は選べない 

Googleマイビジネスのデメリット一つ目は「写真」についてです。

Googleマイビジネスの写真は何枚でも投稿できますが、 その写真の表示順は指定できません。
更にGoogleマイビジネスには「ロゴ」と「カバー」という項目があり、「ロゴ」は登録すればそのまま表示されますが、「カバー」は登録しても違う写真がトップ(カバー)に表示されてしまいます。

Googleマイビジネス写真編集

Google的に良いと感じた画質が良く明るい写真をトップに表示してくれるため大きな問題ではありませんが、 写真の枚数が少ないとユーザーが投稿した低画質で暗い写真が選ばれる可能性があり、低画質で暗い写真では魅力が伝わりにくいため集客にも影響が出てしまいます。
まずはトップ(カバー)の写真が暗い写真になっていないか確認してみましょう。

Googleマイビジネス写真選定
解決策

どの写真がトップに表示されても良い状態にするために、低画質で暗い写真や会社や事業に関係ない写真はGoogleに削除申請を出しましょう。
そして高画質で明るい写真を増加し、削除できなかった暗い写真が上部に表示されないように対策を打ちましょう。

Googleマイビジネスの写真に関するガイドラインやGoogleが推奨する写真の枚数を参考に、写真を沢山投稿していきましょう。

写真のガイドライン

Google サービス上では、以下の基準を満たす写真が最適です。

形式: JPG または PNG
サイズ: 10 KB~5 MB
推奨解像度: 縦 720 ピクセル、横 720 ピクセル
最小解像度: 縦 250 ピクセル、横 250 ピクセル
品質: ピントが合っていて十分な明るさのある写真を使用します。大幅な加工や過度のフィルタ使用は避けてください。雰囲気をありのままに伝える画像をお選びください。

出典:Googleマイビジネス ヘルプ

ビジネス用写真のタイプ

外観写真・・・3枚以上
内観写真・・・3枚以上
商品の写真・・・3枚以上
サービスの写真・・・3枚以上
食べ物や飲み物の写真・・・3枚以上
共有エリアの写真(ジム、温泉、食堂など)・・・1枚以上
客室の写真・・・3枚以上
スタッフの写真・・・3枚以上

出典:Googleマイビジネス ヘルプ

②ネガティブな口コミも全て表示される

Googleマイビジネスのデメリット二つ目は「口コミ」についてです。

Googleマイビジネスの口コミは、Googleアカウントを持っているユーザーであれば、たとえ来店していなくても投稿出来てしまいます。
そのため営業妨害となり得る口コミや、同業他社からの嫌がらせ行為なども見受けられ、口コミについて悩む方が多くいらっしゃいます。
そのような悪意のある口コミでもGoogleマイビジネスには表示されてしまうため、店舗の評価が下がり集客が出来なくなってしまいます。

現状でそのような営業妨害になる悪意のある口コミが無いか確認してみましょう。

Googleマイビジネス口コミ
解決策

営業妨害になる嫌がらせや虚偽などの口コミは、Googleに削除申請を出しましょう。

証拠があれば削除してもらえるため一度申請を出して、削除されなければ証拠を提出して削除してもらいましょう。

そして削除できない場合は、その口コミに対し丁寧に返信しましょう。
悪意や怒りがこもった口コミに対し、真摯に受け止める姿勢を見せて「クレームに対しても丁寧に対応する会社」とユーザーに認識させましょう。

詳しいGoogleマイビジネスの口コミ削除方法や返信のコツ、増加のコツはこちらの記事を御覧ください。

③上位表示するには定期的な更新が必要

Googleマイビジネスのデメリット三つめは「定期更新」についてです。

コロナウイルスの影響で大きく世界が変化しましたが、Googleマイビジネスも変化しました。 Googleマイビジネスは店舗情報を発信するツールのため、コロナウイルスにより営業が不安定となった企業や店舗の営業状況や営業時間、最新情報、デリバリーやテイクアウトなどについての情報発信を強化しています。そのGoogleが強化している今重要とされる項目の情報を日々最新状態に更新することで集客に繋がります。

また営業時間はGoogleマイビジネスに登録できるだけでなく、検索結果にも表示されるようになりました。

このコロナウイルスの影響によるGoogle検索の変化から分かるように、最新情報を更新すると更新していない店舗と差を付けることができ検索結果に表示されやすくなります。
また最新情報を更新することでユーザーに虚偽の情報を発信することがないため営業時間に関する問い合わせやクレームも減るでしょう。

検索結果での上位表示においても集客においても定期的にマイビジネスを更新することは重要なので、週1程度で定期更新を行いましょう。

Googleマイビジネス営業時間
解決策

定期更新を行うには店舗スタッフで担当者を設けるか、業者に依頼しましょう。

情報の登録までは出来ても定期的な更新が行えない店舗が多く、ほとんどの方が「更新する内容が思いつかない」と仰います。

定期更新は【記事投稿機能を利用した最新情報の発信】だけでなく毎週更新するために、簡単に更新できる【写真投稿】【ビジネス説明文の内容編集】【祝日などの営業状況】なども行うため、 ご自身の店舗のマイビジネスに必要な更新内容の考案やネタが無くならないように先を見据えた更新を行う必要があります。
そのため複数人で管理するのではなく1~2人程度のGoogleマイビジネスに詳しい人のみで管理をすることが定期更新を続けるコツです。

更新はスマホで簡単に撮影した写真の投稿や、ビジネス説明文の「、」を「。」に変えるなどの簡単な編集でも更新にはなりますが、
なんとなくで更新するのではなく綺麗な写真の投稿や、ユーザーが来店前に知りたいであろう営業状況やコロナ対策状況の情報発信など、集客効果が期待できそうなユーザーのことを考えた更新を行いましょう。

また、Googleマイビジネスを編集して検索結果の順位を上げるMEO対策を行う業者が沢山あるため、店舗スタッフでは回らない店舗は業者の依頼も考えましょう。

MEO対策の詳細やMEO対策業者についての情報はこちらの記事を御覧ください。

④Googleや一般ユーザーによって情報が書き換えられる

Googleマイビジネスのデメリット四つめは「情報の書き換え」についてです。

Googleは、マイビジネスに登録している名前・住所・電話番号などが一致したサイトから情報を引用し提案してきます。
その提案内容が間違っていることは多々ありますが、その間違った内容が検索結果に表示されてしまうため定期的なチェックと修正が必要です。

情報の書き換え

更にGoogleマイビジネスは、第三者のユーザーからも情報書き換えのリクエストを送れます。
営業時間が書き換えられたり、閉業マークを付けられてクレームになるといった事例もあるため毎週毎日チェックする必要があります。

Googleマイビジネス情報書き換え
解決策

Googleやユーザーからの情報修正を防ぐことはできないため、毎日Googleマイビジネスに修正が来ていないかチェックをしましょう。
「情報」の項目のみ修正がきますので、毎日「情報」をチェックして下記のような修正がきていたら「更新をすべて承認」を押しましょう。
もし間違った内容の修正が来ていたら「更新をすべて承認」を押さず、正しい情報を上書きしましょう。

Googleマイビジネス情報正しい情報

Googleマイビジネス修正の表示

出典:Googleマイビジネス ヘルプ

2.Googleマイビジネスのメリットとは

繰り返しにはなりますが、Googleマイビジネスは全企業、利用してほしいツールです。
その理由であるGoogleマイビジネスのメリットは沢山ありますが、この記事では重要な7点に絞り解説します。

①ユーザーの目に付きやすい

Googleマイビジネスのメリット一つめは「表示のされ方」についてです。

検索結果表示方法

GoogleマイビジネスはGoogleが推奨しているツールのためスマホやパソコンの 画面いっぱいに表示される仕組みになっています。
Googleにお金を払うリスティング広告よりは下に表示されてしまいますが、SEOの上に表示されます。
そのため「Googleマイビジネス」という言葉を知らないユーザーも恐らくGoogleマイビジネスを利用しているでしょう。

②利用率が高い

Googleマイビジネスのメリット二つめは「Googleの利用率」についてです。

Google利用率グラフ

各国の検索エンジンの利用率を海外の企業が調査した結果、 日本は断トツトップでGoogleが利用されています。

また2019年に別の海外の企業がGoogleマイビジネスに関する調査を行った中で、「1ビジネス当たり、平均1009回/月検索されており、そのうちの84%が間接検索で店舗を探した」という調査結果があります。

間接検索とは「新宿 居酒屋」や「横浜 カフェ」などと間接的に店舗を検索する検索方法で、この間接検索の検索結果にもGoogleマイビジネスは表示されます。

平均でも1日33回程度Googleマイビジネスが見られていると考えると、地域や業種によってはさらに見られているため利用率はかなり高いと言えるでしょう。

③無料で登録できる

Googleマイビジネスのメリット三つ目は「登録が無料」という点についてです。

Googleマイビジネスの登録と利用は完全無料で、どの項目も無料で利用できます。

ですが上位表示を保証する広告があり、その広告を出すときは有料となります。
上位表示を目指すMEO対策を行えば広告は必要ありませんので、上位表示したい店舗はMEO対策を検討しましょう。

④簡単に活用できる

Googleマイビジネスのメリット四つ目は「簡単に利用できる」という点についてです。

Googleマイビジネスは、WEBの知識やGoogleマイビジネスの知識が無い人やパソコンが苦手な人でも簡単に利用できます。
Googleマイビジネスは基本的にパソコンで編集しますが、スマホ版もあるのでパソコンが苦手な人はアプリをダウンロードしましょう。

またGoogleマイビジネスは設定するカテゴリに合わせた項目が表示される仕組みになっているため、表示された項目を登録するだけで業種に合った情報をGoogleマイビジネスに掲載できます。
さらに情報を入力する際もとても簡単で、編集したい項目をクリックすると枠が表示されるので、その枠に店舗の情報を入力するだけでGoogleマイビジネスに情報を掲載できます。

Googleマイビジネス簡単に活用
Googleマイビジネス営業時間の変更

⑤多機能

Googleマイビジネスのメリット五つ目は「機能」についてです。

Googleマイビジネス各種機能

Googleマイビジネスでは店舗情報の掲載だけでなく、記事の投稿、口コミ、メッセージ機能、あらゆるデータが見れるインサイト、簡易ウェブサイトの作成など店舗を支えるための機能が豊富です。

Google自身が、Google利用ユーザーのために作った項目ですので積極的に利用することで、検索ユーザーからもGoogleからも評価が上がるでしょう。
どの機能も集客に役立つ機能なので、100%利用することを目標とし沢山の機能を使っていきましょう。

Googleマイビジネスの詳しい使い方はこちらの記事を御覧ください。

⑥集客効果が高い

Googleマイビジネスのメリット六つ目は「集客効果」についてです。
2021年3月にGoogleが反論ブログを出したと話題になった「検索の2/3がゼロクリック検索」という調査結果をご存知でしょうか。

Googleマイビジネス検索結果

ナレッジパネルや強調スニペットの影響でサイトをクリックせずとも知りたい情報が分かるようになったことで、ゼロクリック検索というワードが出てきました。

Googleは、年々クリック数が増加しているためちゃんとクリックされていることを確認していると反論したもののゼロクリック検索の可能性はあるとも言っており、
これによりナレッジパネルや強調スニペットが多く利用されていることが証明されました。

この調査結果によりナレッジパネルの一つであるGoogleマイビジネスを利用している人が多いことが間接的に証明されました。
店舗の営業時間や商品/サービス情報、写真だけでなくGoogleマップでの経路案内までできるGoogleマイビジネスを活用すれば集客効果が得られるでしょう。

⑦WEB上の名刺になる

Googleマイビジネスのメリット七つ目は「集客以外の効果」についてです。

Googleマイビジネス集客以外の効果

Googleマイビジネスは簡単に共有できるようになっており、この共有リンクは「情報」にある「プロフィールの略称」で作成できるようになっています。

そしてGoogleマイビジネスは店舗名、住所、電話番号、アクセスなどの基本情報だけでなく「商品/サービス/メニュー情報」「最新情報」「店舗の説明文」などホームページに記載するようなあらゆる店舗情報を登録できるため、「WEB上の名刺」と言えます。

ホームページは100%作成した方が良いですが費用をかけられないという方は、ホームページの代わりにGoogleマイビジネスの登録だけは行いWEB上の名刺を作っておきましょう。

3.Googleマイビジネスの登録方法

Googleマイビジネスの登録は、
①Googleアカウント作成
②Googleマイビジネスの有無確認
③オーナー登録
の3工程です。ここでは簡単にご説明します。

Googleマイビジネスの詳しい登録方法は、こちらの記事を御覧ください。

①Googleアカウント作成

Googleマイビジネスの登録をするには、Googleアカウントを作成する必要があります。 Googleアカウント作成からマイビジネスを管理する用のアカウントを新規作成しましょう。 ※既にGoogleアカウントをお持ちの方は新規作成する必要はありません。

②オーナー登録

Googleアカウントが作成できたらこちらからマイビジネスを作成していきます。

指示に従いながら進んでいくと「確認方法をお選びください」といったオーナー登録を行う画面に到達します。
オーナー登録とは、Googleマイビジネスの管理権限を貰うために店舗を管理していることを証明するためのものです。
【ハガキ】【電話】【メール】の3つから確認方法を選択し、オーナー登録を行います。

集客化のための効果

③基本情報登録

Googleマイビジネスの登録が完了したら「情報」の項目に基本情報を登録しましょう。

「情報」には、店舗名、カテゴリ、電話番号、住所、営業時間、HP、ビジネス説明文、開業日、属性などが登録できます。
お客様が来店する前に必ず必要となる情報のため100%埋めることを目指しましょう。

Googleマイビジネス

注意点

1.店舗名に地名やサービス名、「」や【】を含めず、必ず正式名称を登録する。
2.住所は半角全角や「-」と「丁目」などまでホームページを統一する。
3.電話番号はフリーダイアルより市外局番を登録し、また店舗に直接繋がる電話番号にする。
4.ビジネス説明文が検索キーワードに引っかかるように地域名やサービス名を含める。
5.営業時間や特別営業時間は正しい必ず時間を入力し、変更があった場合すぐに反映する。

4.まとめ

【デメリット】
1.トップに表示される写真や順番は選べない
2.ネガティブな口コミも全て表示される
3.上位表示するには定期的な更新が必要
4.Googleや一般ユーザーによって情報が書き換えられる

【メリット】
1.ユーザーの目に付きやすい(表示位置)
2.利用率が高い
3.無料で登録できる
4.簡単に活用できる
5.多機能(予約や問い合わせ、分析までできる)
6.集客効果が高い(口コミや写真が見れるため来店に繋がりやすい)
7.WEB上の名刺になる

デメリットとメリットを解説してきましたが結論、Googleマイビジネスは利用しましょう。
集客したいと考えている店舗や企業だけでなく、全企業使うべきツールです。

弊社はGoogleマイビジネスを活用し検索結果の上位表示を目指すMEO対策を行っております。
Googleマイビジネスの登録の仕方や活用方法、MEO対策などについて良く分からないという方や詳しく知りたい方は弊社にお気軽にお問い合わせください。

ご自身でできるMEO対策の資料もご用意しておりますので、ぜひご覧ください。

カテゴリー: GoogleMEO対策

MEO対策を始めたいけど何をしたらよいのかわからない。
と、お悩みではありませんか?

そんなお悩みがある方に向けて、実際にMEO対策を提供している株式会社トリニアスが「自分でできるMEO対策」について資料にまとめました。

MEO対策を自分で始めたい方や、そもそもMEO対策って何?とお考えの方に向けて、MEO対策の基礎知識やマイビジネスの登録方法を解説しています。

MEO対策について知りたい方やMEO対策の導入を検討している方はぜひご活用ください。

無料資料ダウンロードはこちら
TOPへ