マケスク > MEO(Googleマイビジネス) > Google mapの住所を変更したい!最短で変更する2ステップを解説

Google mapの住所を変更したい!最短で変更する2ステップを解説

Googleの口コミに悩むすべての方へ

口コミの★評価が高くて件数も多い方が、集客にもMEO対策(上位表示)にも良い事は分かっている。
でも、わざわざお声がけしてまで口コミを集めることはしていない。
という方は多くいらっしゃいます。

しかしその一方で、何百何千と口コミを集めて、集客も上位表示も成功している店舗もあります。
実際に、弊社がMEO対策をご支援させて頂いている店舗で口コミを沢山集めている方はやはり積極的にお声がけをしていました。

しかし、このようなお悩みを抱えていませんか?
お客様に「口コミ投稿お願いします」と言えない...
お客様に「口コミ投稿お願いします」とお声がけしたことあるけど、全然投稿してもらえない...

もし上記に共感されましたら、ぜひ口コミ管理ツール「口コミットくん」を使ってみて頂きたいです。

口コミットくんは、「口コミ」ではなく「アンケート」という形で口コミを集めます。
また30秒で完了できるため、その場でアンケートにご回答いただくことも可能です。

もしも少しでも「口コミの増加」「低評価の口コミ」にお悩みがございましたら、
まずは資料にある「口コミットくんで出来ること」をご覧ください。

口コミ対策をして、集客も上位表示も成功させましょう。

とりあえず資料を見る

今回は「Googleマップの住所を変更する方法」をお伝えしていきます。

Googleマップ上に表示されている住所が旧住所のままだと、訪れたお客様にご迷惑をかけてしまいます。
サービスを営むお店や会社であれば、住所が変わった際はなるべく早く変更することが望ましいでしょう。

Googleマップの住所を変更する方法はいくつかありますが、その中でも最短で変更できる方法を今からご紹介します。

Webからのお問い合わせはこちら

Googleマップのオフィスの住所を最短で変更する方法

Googleマップ上に表示されているオフィスの住所を最短で変更するには、Googleマップと紐づけられている「Googleマイビジネス」の住所を編集します。

Googleマイビジネスとは、GoogleマップやGoogleでお店や会社の名前を検索すると出てくる、パネル状のビジネス情報のことです。

Googleマイビジネスは、地図情報で住所が確認できたお店や会社に自動的に与えられます。
ただし、その情報を素早く修正するにはGoogleマイビジネスの管理者申請をしないといけません。
これをオーナー確認と言います。

もしもあなたのサービスが、まだGoogleマイビジネスのオーナー確認をしていないのであれば、まずはオーナー確認を済ましてしまいましょう。

Googleマイビジネスのオーナー確認が済んでいれば、ログインして住所を変更することができます。

住所の編集欄にたどり着くには、まずは「プロフィールを編集」をクリックします。

Googleマイビジネスの管理画面

次に出てきた画面の右上「情報の編集」をクリックします。

次の画面で、住所横のペンマークをクリックします。

住所を編集するウインドウがあらわれます。Googleマップに正しく表示されるように、新しい住所を入力します。(「東京都港区六本木 6 丁目 10 番 1 号」のように、完全な住所を入力しましょう)

その後、「適用」をクリック。

新住所が、まだ地図上に反映されていない場合は「マーカーの場所を設定する」というボタンが表示されます。
そのボタンをクリックすると、Googleマップ上に差す赤いピンの位置を指定できるようになります。

新たなオフィスの場所の中心にピンがくるように位置を調整し、できたら「OK」ボタンをクリックしましょう。

その後Googleの方で審査がおこなわれるため、Googleマップ上に反映されるには数日かかります。

※住所を変更すると、再びオーナー確認の作業が必要になる場合もあります。

Webからのお問い合わせはこちら

旧住所をGoogleマップから削除する

Googleマップの更新は、ゼンリン地図情報の更新と同じタイミングになります。
なので、何もしないでいると以前の住所が長期間残ったままになってしまうケースもあります。(※ゼンリン地図情報の更新頻度は、都市部で約1年、地方では約2年~5年です。)

なので、住所変更をした場合は旧住所の削除をGoogle側に依頼しましょう。

まずはGoogleマップにアクセスし、以前の住所を入力して旧オフィスを表示させます。左側の情報欄の中に「情報の修正を提案」という項目がありますので、そちらをクリックします。

次に表示された画面で「閉業している、または存在しない場所」の項目を「はい」に、理由の部分は「別の場所に移動」を選び、オフィスの新住所を入力して送信します。

その後Googleによる調査がおこなわれ、地図情報の更新がメールにて知らされます。

これで、旧住所をGoogleマップ上から削除することができます。

Googleマイビジネスの住所が変更できない方はこちら

※弊社はGoogleではないため、「Googleマイビジネスの住所を変更してください」などといったお問い合わせの対応は出来かねます。住所が変更できない原因を探り、アドバイスすることは可能ですので、まずは上のボタンからお気軽にご相談下さい。

まとめ

オフィスのお引越しで拠点の住所が変わったときには、早めにGoogleマップの住所変更も行うようにしましょう。

最も早く確実な方法が、今回お伝えした「オーナー確認済みのGoogleマイビジネスで住所変更をし、Googleマップに旧住所の削除依頼をする」という方法です。

Googleマップは何もしなくても更新はされていきますが、場合によっては数年のタイムラグが出てしまうこともあります。
あなたのお店や会社がGoogleマップで目的地にされたとき、古い情報が残っていたりするとお客様を困らせてしまいます。

この記事を参考に、住所変更をしてみましょう。

また、今回お伝えした「Googleマイビジネス」というツールは、Google検索上であなたのサービスを見つけてもらいやすくするために効果的なツールです。

これを機に、積極的に運営されていくことをおすすめします。

弊社はMEO対策を中心に中小企業の集客対策のお手伝いをしております。
MEO対策に限らず、店舗の集客対策にお悩みの方はお気軽に弊社にご相談下さい。

お問い合わせ・ご相談はこちら

MEO対策・ビジネスプロフィール・ストリートビュー
Instagram・LINE・HP/LP制作に関しては、
当メディアの運営会社 株式会社トリニアスにご相談ください。

MEO(Googleマイビジネス)
TOPへ