ストリートビューとインドアビューの3つの違いを実際の画像で確認しよう

この記事を読んでいるあなたは、「ストリートビューとインドアビューって、一体何がどう違うの?」と思っていませんか?

なんとなく、ストリートビューは「外」で、インドアビューは「中」というイメージはあるかもしれません。しかし、違いはそれだけではないのです。

他にはどんな違いがあるのか?さっそく説明していきたいと思います!

ストリートビューとインドアビューの決定的な違いは3つ!

Google社により提供が始まった、ストリートビューとインドアビューのサービス。

この両者には、決定的な違いが3つあります。

  1. 撮影している風景
  2. 撮影者
  3. 撮影のタイミング

です。

それぞれの違いについて、さらに詳しく説明しますね。

①ストリートビューとインドアビューがそれぞれ映している風景とは?

文字から受け取るイメージで大体お分かりかと思いますが、ストリートビューが映している風景は「道沿い(外)」で、インドアビューが映している風景は「建物の室内」です。

【ストリートビュー】

【インドアビュー】

ストリートビューは、今やほぼ日本全域の道沿いの画像が公開されています。Googleストリートビュー公式サイトにて公開地域を確認してみると、100%に近い確率でカバーされているのが分かります。(青く塗られている部分がストリートビューの撮影・公開がされた地域です)

それに対して、建物の室内(インドアビュー)は、商業施設や会社など、公の場所のみ公開されています。個人の家の中など、プライバシーに大きく関わるインドアビューはありません。

②ストリートビューとインドアビューは撮影者が違う!

↑Google社のストリートビューカーです。見たことがある方も多いのでは!?

実はストリートビューとインドアビューは、撮影している人が違います。

ストリートビューは、Google社がストリートビューカーなどを使って、直接撮影していきます。

それに対してインドアビューは、「Googleストリートビュー(インドアビュー)認定フォトグラファー」と呼ばれる民間の会社や個人が撮影します。認定フォトグラファーとは、Googleからストリートビューやインドアビューの撮影技術を受け継いだ組織や個人のことです。(Googleと提携しているわけではなく、独立した業者になります)

③ストリートビューとインドアビューの撮影のタイミング

ストリートビューとインドアビューは、撮影されるタイミングが違います。

簡単に言えば、

  • ストリートビュー→Google社のスケジュールに従って撮影
  • インドアビュー→インドアビューを公開する建物側のスケジュールに従って撮影

となります。

ストリートビューは大雑把に言い表すと「いつの間にか撮影されていて、自動で公開される」というイメージです。

Googleストリートビュー公式サイトにて、何年何月にどの地域で撮影をおこなうか?を知ることはできますが、詳しい日付や時間帯までは分かりません。

Google社が自主的に撮影して公開しています。

それに対してインドアビューは「申請したタイミングでの撮影」になります。

インドアビューをインターネット上に公開したい店舗や施設が、認定フォトグラファーに依頼をすれば撮影がおこなわれます。

認定フォトグラファーは、サービスの一環として撮影をおこないますから、費用がかかることがほとんどです。

ただし費用をかける分、認定フォトグラファーと密に打ち合わせをおこなうことができ、お店の魅力を存分に表現できるようなインドアビューに仕上がります。

※ストリートビューの場合は、いわばGoogleが勝手に撮影していくことになりますので、「お店の外観の映りが良くない」と思ってもすぐには修正できません。

ストリートビューはどちらかと言えば「道案内の補足」の役割となりますが、インドアビューは「店舗や会社の室内を公開して集客につなげる」という、PRの目的が強いものです。

インドアビューはホームページやSNSに代わる、インターネット上の新しい集客ツールと言えるでしょう。

なのでインドアビューを検討する際は「うちのお店(会社)は、どの部分をメインに撮影してもらえば魅力的に見えるのだろう?」という視点で考えてみられることをおすすめします。

ストリートビューについては、それほど考えなくても大丈夫です。Google社がいつの間にか撮ってくれていますからね。

ストリートビューとインドアビューは統合される!?

「ストリートビュー」「インドアビュー」という言葉は、いまだに使い分けられていますが、実は2015年に統合しています。

トリートビューもインドアビューもひっくるめて「Googleストリートビュー」という名称になっています。(インドアビューについては「Googleストリートビュー(屋内版)」と呼ばれることもあります)

分けられていたものをわざわざ統合するということは、Googleが道路沿いのみならず、全国の店舗や施設の室内も、ほぼ全て見られる状態をスタンダードにする意気込みがあるからでしょう。

インドアビューを導入する店舗は、都市部を中心にじわじわ広がっています。GoogleマップやGoogle検索で気になるお店を探せば、当たり前のように室内が見られる未来は近いかもしれませんね。

まとめ

ストリートビューとインドアビューの違いは、大きく分けて3つです。

①撮影している風景

ストリートビューは道沿い(外)を、インドアビューは建物の室内を撮影している。

②撮影者

ストリートビューはGoogle社が直接撮影している。インドアビューは、撮影技術を受け継いだ民間の会社や個人(認定フォトグラファー:Googleと提携はしていない独立した業者)が撮影している。

③撮影するタイミング

ストリートビューはGoogle社のスケジュールによって撮影される。インドアビューは申請式で、公開を望む店舗施設が認定フォトグラファーに依頼したタイミングでの撮影となる。

普段何気なく見ているストリートビューとインドアビューも、違いが分かれば発見できることも変わってくるでしょう。

特にインドアビューは、そのお店や会社のこだわりが詰まった画像です。「どこがアピールポイントなのかな?」と探しながら見ていくのも面白いかもしれません。

MEO対策を始めたいけど何をしたらよいのかわからない。
と、お悩みではありませんか?

そんなお悩みがある方に向けて、実際にMEO対策を提供している株式会社トリニアスが「自分でできるMEO対策」について資料にまとめました。

MEO対策を自分で始めたい方や、そもそもMEO対策って何?とお考えの方に向けて、MEO対策の基礎知識やマイビジネスの登録方法を解説しています。

MEO対策について知りたい方やMEO対策の導入を検討している方はぜひご活用ください。

無料資料ダウンロードはこちら
TOPへ