Googleマイビジネスの「ウェブサイト機能」は必要?作成方法とメリットデメリットを解説

Googleマイビジネスには、企業の集客を支える機能が沢山あります。

その中に「ウェブサイト」という企業のウェブサイトが無料で作成できる便利な機能があります。 その「ウェブサイト」は利用した方が良いのか、また利用したいなどとお考えの方に向けて、ウェブサイトの作成方法やメリットデメリットを解説いたします。

Googleマイビジネスに関する情報はこちらを御覧ください。

1.Googleマイビジネスのウェブサイトとは

Googleマイビジネスのウェブサイトとは、検索結果に表示されるGoogleマイビジネスの機能の1つで、 無料で簡易的なウェブサイトを作成できる機能です。

Googleマイビジネスに登録した情報が自動的に反映される仕組みになっているため、Googleマイビジネスを更新するだけで、ウェブサイトの情報も更新されます。

ただこのウェブサイトは、デザインもシンプルでGoogleマイビジネスの情報を反映しているだけなのでデザイン性や情報量に欠けています。

とはいえ経路案内や電話発信などは行えるため、ウェブサイトをお持ちでない方はこのウェブサイトを作成すると良いでしょう。

2.Googleマイビジネスのウェブサイトの作成手順

Googleマイビジネスのウェブサイトは、7つの工程で作成できます。
この章では、それぞれの工程を詳しく解説します。

1.Googleマイビジネスの登録

Googleマイビジネスのウェブサイト機能を利用するには、Googleマイビジネスの登録が必須ですので、まずはGoogleマイビジネスの登録を行いましょう。

Googleマイビジネス登録画面
【Googleマイビジネスを登録する】

上記リンクから登録を行っていきます。上図同様の画面になったら、ご自身の店舗名を検索しましょう。

店舗名を検索した際に、
「この名前のビジネスを作成します」のみが表示された店舗は、まだGoogleマイビジネスが作成されていないため、そちらをクリックし新規作成していきます。
一方上図のように店舗名と住所が表示された店舗は、既に作成されていますのでそちらをクリックし、管理権限をもらうためのオーナー登録を行います。

こちらの記事を参考に登録しましょう。

2.Googleマイビジネスの管理画面からウェブサイトの機能を開く

登録したらGoogle検索のホーム画面からGoogleマイビジネスの管理画面に入り、ウェブサイト機能を開きましょう。

Google検索画面

検索ホーム画面の右上にある をクリックするとメニューバーが表示されます。

Googleマイビジネスに登録したアカウントで開けば、このメニューバーに が表示されます。
表示された方は をクリックすれば、管理画面に入れます。

マイビジネス 検索結果画面

メニューバーに表示されなかった方は、「マイビジネス」と検索しましょう。

検索して一番上に表示される「Google マイビジネス – Google で顧客エンゲージメントを促進」から管理画面に入ります。

Googleログイン画面

Googleマイビジネスの管理画面に入ると、左のメニューバーに「ウェブサイト」という項目があり、 これがウェブサイトを作成できる機能です。

3.テーマを選ぶ

Googleマイビジネスのウェブサイト機能を開いたら、まずはテーマを選択しましょう。

Googleマイビジネス ウェブサイト機能画面

テーマは10種類から選択でき、変更できる点は「色」と「フォント」のみです。
ほとんど変わらないですが、企業のイメージに合うテーマを選びましょう。

4.内容を編集する

テーマが選べたら、次は内容を充実させていきます。

Googleマイビジネス ウェブサイト機能画面

「編集」の項目で、メインボタンの設置ができます。

ボタンの種類は以下の通りです。電話してほしいのか、問い合わせしてほしいのか、メッセージを送ってほしいのかなど会社の求める成果に合わせて設定しましょう。

Googleマイビジネス 各種機能説明

5.会社概要欄を編集する

内容が編集出来たら次は、会社概要欄を編集します。

Googleマイビジネス 会社概要欄

前項同様「編集」の項目で会社概要の編集が行えます。
項目が4つありますので、全て埋めましょう。

会社概要説明

概要の見出しと概要の本文は、会社概要ではなく商品の紹介などでも利用できます。
打ち出したい内容を入れてみましょう。

6.写真を追加する

ウェブサイトの内容が埋まったら写真を追加していきます。

写真追加あ方法

「写真」の項目から写真を追加でき、ここに投稿した写真はGoogleマイビジネスにも反映されます。
見栄えを良くするためにも画質の良い明るい写真を追加していきましょう。

ウェブサイトの作成時に写真をGoogleマイビジネスに投稿していなかった企業は、フリー素材が表示されます。
フリー素材のままでも良いですが、企業や店舗の雰囲気を伝えるための項目ですので、積極的に活用しましょう。

7.公開する

写真の追加まで出来たら最後にこのサイトをインターネット上に公開しましょう。

ウェブサイトインターネット公開

サイトの公開は、常に右上に表示されている公開ボタン、もしくは「その他」の項目からも行えます。
一度公開しても「その他」の項目から非公開に戻せますので、たとえミスで公開ボタンを押してしまっても問題はありません。

ウェブサイト非公開

公開ボタンを押しウェブサイトの表示確認が出来たら、Googleマイビジネスの「情報」にあるウェブサイトにリンクを登録し露出を増やしましょう。

ここまで行えたら、ウェブサイト作成完了です。

3.Googleマイビジネスのウェブサイトのメリットデメリット

Googleマイビジネスのウェブサイトは、無料で簡単に作成/利用できますが、機能が少ないためSEOには向いていません。
このようにウェブサイト機能にはメリットデメリットありますので、それぞれ3つずつ解説します。

メリット1:無料で簡単に利用できる

Googleマイビジネスのウェブサイトは誰でも簡単に、そして完全無料で作成/利用ができます。

ウェブサイトとGoogleマイビジネスは連動しているため、Googleマイビジネスを更新したらウェブサイトにも反映されます。
もちろん逆にウェブサイトだけを更新してもGoogleマイビジネスに反映されます。

ウェブサイト反映

上図は、Googleマイビジネスの投稿機能を利用して投稿した記事がウェブサイトにも反映されていることを示した図です。 上がマイビジネスの記事投稿機能で、下がウェブサイトの記事投稿欄です。

どちらから投稿しても双方に表示されるため、Googleマイビジネスとウェブサイトのそれぞれに全く同じ内容の投稿をする手間が無く、楽に更新が行えます。
公式ウェブサイトを作成しても更新を行える余裕が無いという企業でも活用出来るでしょう。

情報の入力も簡単で、更新も楽に行えるという点がウェブサイトを作成するメリットです。

メリット2:集客効果

Googleマイビジネスのウェブサイトは集客効果があります。

引用:Googleマイビジネス

2018年にGoogleが行った調査結果に、ウェブサイトを持っているビジネスの方が商品を購入をする可能性が高いとユーザーの70%が回答したというデータがあります。

もちろん業種によってリサーチ方法は異なるので一概には言えませんが、Googleの調査結果で出たようにウェブサイトで情報収集をしたり商品購入を検討している人がいることには間違いありません。

企業の公式ウェブサイトにはリサーチだけでなく、来店や購入を決定づける役割があるため、今以上の集客が期待できる点がウェブサイトを作成するメリットです。

メリット3:スマホ対応

Googleマイビジネスのウェブサイトは、自動的にスマホ対応になっています。

スマホ自動対応

スマホ時代の現代では、パソコンやタブレットよりもスマホで情報収集をする人が多いです。

そのためウェブサイトもスマホ対応にする必要があり、 あらゆる機器に合わせたウェブサイトになるように、コードを追加する「レスポンシブ対応」がウェブサイト作成には必須となりました。 通常は業者に依頼してレスポンシブ対応にしてもらいますが、Googleマイビジネスのウェブサイトは自動的にレスポンシブ対応になっています。

何も気にすることなくパソコンだけでなくスマホからの流入も期待できる点がウェブサイトを作成するメリットです。

デメリット1:デザイン性が無い
ウェブサイトデメリット

Googleマイビジネスのウェブサイトは、デザイン性がありません。

デザインで変更出来る点は【色・フォント・トップの画像】のみです。
レイアウトを変更することも出来ないためトップの画像や、記事投稿、画像投稿などで華やかにする必要があるという点がデメリットです。

手の凝ったデザインのウェブサイトを作りたいという方は、業者に依頼するかwordpressやWixなどのウェブサイト作成ツールを利用し、デザインを変更できるウェブサイトを作成しましょう。

デメリット2:SEO対策には不向き

Googleマイビジネスのウェブサイトは、Googleが提供しているものですが、 独自ドメインではない点や、サイトの情報量が少ない点、またタグの変更なども行えないためSEO対策には不向きです。

SEO対策不向き

そのためGoogleマイビジネスやポータルサイト、SNSの力を借りてウェブサイトに流入させるといった方法でしか使用できない点がデメリットです。
SEO対策も行いサイトへの流入を増やしたい企業は、しっかりお金をかけて独自ドメインのクオリティの高いウェブサイトを作成しましょう。

デメリット3:機能が少ない

Googleマイビジネスのウェブサイトは、費用をかけて作成した企業の公式ウェブサイトと比べると、掲載出来る項目が圧倒的に少ないです。

掲載情報少ない

通常、企業の公式ウェブサイトは複数ページに移動できるようになっており、メイン、会社概要、商品、コンタクトなどそれぞれのページがあります。

ですが、このGoogleマイビジネスのウェブサイトは1ページのみのウェブサイトであり、 そして企業や商品の説明文を掲載できる項目がないなどと機能が少ない点がデメリットです。

企業名、カテゴリ、営業時間、写真、記事投稿、口コミ、マップのみの掲載となるため、 商品紹介やスタッフ紹介や、会社紹介、ブログ、採用情報などのページも作成したい企業は、 しっかり費用をかけた独自ドメインのウェブサイトを作成しましょう。

4.Googleマイビジネスのウェブサイトの注意点

Googleマイビジネスのウェブサイトの利用には、注意点が3つあります。
せっかく作成したウェブサイトを有効活用するために注意点を押さえておきましょう。

1.独自ドメインの利用には有料購入が必要

Googleマイビジネスのウェブサイトを独自ドメインにするには、有料購入をする必要があります。

独自ドメインとは、世界で1サイトしか利用できないドメインのことを指します。
企業名でも個人名でも世界に数多くあるドメインと被っていなければどんなドメインでも作成できます。

有料購入

SEOはドメイン自体の評価もしているため、独自ドメインで公式サイトを作成すると、たとえサイトを更新しない期間があっても、そのドメインやコンテンツは長期利用しているとGoogleに認識されます。そのため、そのドメインやコンテンツは一度作成するだけで企業の財産となります。

一方独自ドメインでなくブログサイトやポータルサイト、Googleマイビジネスなどのドメインを利用していると、その元のサイトが閉じた時に今までサイトに掲載していた情報やデータなども消えるため”ゼロ”になります。
たとえそのブログサイトに掲載していた情報を新しく作成した独自ドメインのサイトに移したとしても、ドメイン自体が新しいので、ゼロスタートとなってしまいます。

企業の公式ウェブサイトが必要な時代はまだまだ続くと予想できるため、Googleマイビジネスのウェブサイトに費用をかけるのではなく、高額でもクオリティの高い独自ドメインのウェブサイトを作成することをおすすめします。

2.本格的なウェブサイトを作成したいなら不十分

Googleマイビジネスのウェブサイトは、デザインも内容もとても簡易的です。

そのためデザイン性のあるウェブサイトを作りたい方や、集客だけでなく採用のページも作りたいという方には不向きです

ただ、公式ウェブサイトを作成するには20万~100万程度の費用がかかるため、高額すぎて手が出せないという企業や、ウェブサイトからの流入を期待していない企業、公式ウェブサイトが出来るまでの間つなぎをしたい企業は、Googleマイビジネスのウェブサイトを利用してみましょう。

公式ウェブサイトの作成方法や費用、集客効果に関する情報はこちらの記事を御覧ください。

3.MEO対策にも不向き

GoogleマイビジネスのウェブサイトはMEO対策にも向いていません。
MEO対策とは、Googleマイビジネスを編集し、Google検索やGooglemapの検索結果での上位表示を目指す対策です。

Googleの検索結果は、Googleマイビジネスの情報と公式ウェブサイトの情報を参考に、検索結果に表示させる企業を選んでいます。
そのため、情報量が少ないGoogleマイビジネスのウェブサイトでは、効果が薄いでしょう。

ただ、ウェブサイトが無いよりかは機能を利用している方が評価はされますので、ウェブサイトをお持ちで無い企業は積極的に利用しましょう。

Googleマイビジネスの対策であるMEO対策に関する情報は、下記記事を御覧ください。

5.まとめ

Googleマイビジネスのウェブサイトは、無料で簡単に作成できます。

ただ簡易的なウェブサイトのため【企業名、カテゴリ、営業時間、写真、記事投稿、口コミ、マップ】しか掲載できません。
商品紹介やスタッフ紹介、会社概要、ブログ、採用情報などの様々な項目が1ページずつある公式ウェブサイトが多いですが、Googleマイビジネスのウェブサイトでは1ページのみなので集客効果やSEO、MEO効果はあまり期待できません。

企業の公式ウェブサイトは、商品購入や来店の意思決定をさせる役割を持っていますので、Googleマイビジネスのウェブサイトではなく、しっかり費用をかけて会社の財産となる公式ウェブサイトを作ることをおすすめします。

弊社はウェブサイト作成やMEO対策を行っております。
ウェブサイト作成の見積もり相談などもお受けしておりますので、少しでもお悩みでしたらお気軽にご相談ください。

お問い合わせ
カテゴリー: GoogleMEO対策

MEO対策を始めたいけど何をしたらよいのかわからない。
と、お悩みではありませんか?

そんなお悩みがある方に向けて、実際にMEO対策を提供している株式会社トリニアスが「自分でできるMEO対策」について資料にまとめました。

MEO対策を自分で始めたい方や、そもそもMEO対策って何?とお考えの方に向けて、MEO対策の基礎知識やマイビジネスの登録方法を解説しています。

MEO対策について知りたい方やMEO対策の導入を検討している方はぜひご活用ください。

無料資料ダウンロードはこちら
TOPへ