マケスク > MEO(Googleマイビジネス) > Googleマイビジネスを複数店舗まとめて運営したい!そのやり方は?

Googleマイビジネスを複数店舗まとめて運営したい!そのやり方は?

今回は、「Googleマイビジネスを複数店舗分運営したい人」に向けての記事です。

「複数店舗のマイビジネスの登録の仕方」、「グループ数が10以下のパターン」や「グループ数が10以上のパターン」などをご説明させて頂きます。

この記事でわかりやすくまとめていきますので、参考にして下さい。

□Webからのお問い合わせはこちら

【まずは基礎知識】Googleマイビジネスの登録から運営の流れ

あなたのサービスを、Google検索やGoogleマップ上で目立つように表示してくれるのが、Googleマイビジネスという機能です。

例えば店舗名などをGoogle検索すると、そのお店についての情報が大きく表示されますよね。これが、Googleマイビジネスによるものです

【Google検索】

【Googleマップ検索】

Googleマイビジネスのアカウントは、住所がある実店舗であれば、地図情報をもとに自動で作られていきます。(新規オープンしたばかりの店舗は、表示されるまで少々時間がかかります。)

なので経営元がオーナー確認という手順さえ踏めば、アカウントにログインし、店舗の情報を自由に編集することが可能になります。

補足
自動で作られたGoogleマイビジネスの情報は最低限のものです。オーナー確認をして管理の権限を得られれば、追加で情報を加えたり、修正したりすることができます。

つまり、Googleマイビジネスの登録から運営の流れをまとめると、

①オーナー確認(Googleマイビジネス内の情報管理の権限を得る作業)
         ↓
②Googleマイビジネスにログインし、中の情報を自由に編集しながら運営

ということになります。

では、本題の「オーナーは一人で、店舗が複数ある場合の登録方法」の説明に移ります。

結論から言いますと、複数店舗の登録方法は「店舗が10店舗以下の場合」と「店舗が10店舗以上ある場合」とで別れてきます。

次章からご説明していきます。

グループ店舗の数が「10未満」の場合

グループ店舗の数が10未満の場合、オーナー確認とGoogleマイビジネスの情報の編集を、1店舗ずつ行います。

ただし、使用するGoogleアカウントは1つでOKです。

例えば、5店舗の飲食店を経営するオーナーが、それぞれの店舗についてGoogleマイビジネスを運営したい場合ですと、1つのGoogleアカウントで、オーナー確認を5回することになります。

オーナー確認を終わらせることで、それぞれの店舗のGoogleマイビジネスにログインができますが、情報の編集は一括ではなく各店舗ずつ行っていくのです。

(例えばホームページのURLが5店舗共通だとしても、Googleマイビジネスは5店舗分まとめて入力はできず、1店舗ずつ入力していくことになります。)

少し手間のかかる作業となりますが、集客を呼び込むために大事な工程となりますので根気よく続けましょう。

グループ店舗の数が「10以上」の場合

グループ店舗の数が10以上になる場合、オーナー確認とGoogleマイビジネスの情報編集が一括でできるようになります。

ただし、次の2点をクリアすることが条件です。

  1. 「あなたのサービスのウェブサイトと同じドメインを使ったメールアドレス」でGoogleアカウントを作ること
  2. Googleマイビジネス内で、さらに「ビジネスアカウント」を作ること

ウェブサイトと同じドメインのメールアドレスとは!?

例えば、あなたのサービスのウェブサイトのドメインがhttp://「ABC.com」だとしたら、Googleアカウントを作る際に申請するメールアドレスもinfo@「ABC.com」やmail@「ABC.com」になります。

統一する必要があるので、例えば「info@DEF.com」や、社員の一人が持つプライベートなメールアドレスでは申請ができません。

ちなみに、Googleアカウントを作るならメールアドレスは「〇〇@gmail.com」になると思う方も多いかもしれませんが、実は現在使っているメールアドレスでも申請できます。

Googleアカウント作成画面にて「現在のメールアドレスを使用する」をクリックすると、すでに使用しているメールアドレスを入力する欄が表れます。

ウェブサイトと同じドメインのメールアドレスでGoogleアカウントを作るなら、こちらを利用しましょう。

>>Googleアカウントを作成はこちら(Google公式ページに飛びます)

Googleマイビジネス内の「ビジネスアカウント」とは!?

Googleマイビジネス内の「ビジネスアカウント」とは、同僚などと一緒に複数人でGoogleマイビジネスを運営する際に使うアカウントです。

作り方は簡単で、Googleマイビジネスにログインした後、まずは画面左上の三本線をクリックします。

次に、「ビジネスアカウントを作成」をクリックします。

ビジネスアカウント名(会社名など)を入力し、「完了」をクリックすればビジネスアカウントが作成できます。

グループ店舗の数が10以上あり、1店舗ずつオーナー確認や情報の編集をしていられない場合や、一括で登録を行いたい場合は、上記の2つの事前準備が必要になります。

10以上の店舗情報を一括で編集して、一括でオーナー確認する方法

まずは店舗情報の編集から始めます。

①Googleマイビジネスからダウンロードできるエクセル型テンプレートに、複数の店舗情報を入力
        ↓
②Googleマイビジネスにアップロード

この手順で、10以上の店舗の情報を一括編集できます。

Googleマイビジネスにログインしたら、画面右下の「追加ボタン(+)」をクリックしましょう。
次に「ファイルからビジネス情報をインポート」をクリックします。

次の画面で、複数の店舗情報を一気に入力できるテンプレートをダウンロードできます。(入力例もダウンロードできます。)

ダウンロードしたテンプレートに、店舗情報を入力して完成させましょう。入力の仕方は、Googleが解説している「一括アップロードのスプレッドシートの作り方」のページが参考になります。

テンプレートに店舗情報が入力できたら、再びGoogleマイビジネスの画面右下「追加ボタン(+)」をクリック。次に「ファイルからビジネス情報をインポート」をクリックします。

「ファイルを選択」ボタンをクリックし、店舗情報が入ったエクセル型テンプレートをアップロードしましょう。(テンプレートに入力の不備があった場合、それを指摘するメッセージが表示されます。必要に応じて再編集してからアップロードしてください。)

これで、10以上の店舗情報を一括で編集することができます。

そして、店舗情報を一括アップロードしてからが、一括のオーナー確認の手順となります。

Googleマイビジネスにログインし、ビジネス名横の「オーナー確認を行う」をクリックしてください。

次の画面で「チェーン」を選択します。

一括確認をおこなうための確認フォームがあらわれます。

経営元の情報や担当者の情報など、入力が必要なところをすべて入力し、一括オーナー確認のリクエストを送ってください。

>>確認フォームへの入力の仕方のヒントはこちら(Google公式ページに飛びます)

手続きがスムーズに進めば、1週間くらいで10以上の店舗の一括オーナー確認ができます。

10以上の複数店舗のGoogleマイビジネスを運営する時には、例えば数店舗ずつ担当者を付けて管理を分担するといいでしょう。

Googleマイビジネス内の「ビジネスアカウント」は、同僚などと一緒に複数人でGoogleマイビジネスを運営するのに適した形になっています。

そのため、管理者の追加も簡単にできます。

Googleマイビジネスでは、一般の方から投稿された口コミに返信することができます。

管理を分担することで、お客様から寄せられた声に丁寧に対応しやすくなります。

まとめ

Googleマイビジネスを複数店舗分運営するときには、店舗の数が10未満か、10以上かで操作の方法が変わってきます。

お店が10以上ある場合は、ビジネスアカウントを作って、「一括編集・一括オーナー確認」が効率的でしょう。

店舗情報の編集には少し労力を要するかもしれませんが、Googleマイビジネスでオーナ確認ができているお店とできていないお店では、ネットユーザーからの反応が違います。

オーナー確認できていて、情報が充実しているお店のほうが、来店に向けての行動を起こすユーザーが多いです。

Googleマイビジネスは、インターネットという広い市場で、あなたのサービスを広められるツールです。ぜひ上手に利用していきましょう。

弊社はMEO対策を中心に中小企業の集客対策のお手伝いをしております。

MEO対策に限らず、店舗の集客対策にお悩みの方はお気軽に弊社にご相談ください。

□Webからのお問い合わせはこちら

※2021年11月4日(木)にGoogleは「Googleマイビジネス」の名称を
「Googleビジネスプロフィール(Google Business Profile)」に変更しました。

MEO(Googleマイビジネス)
TOPへ