マケスク > Google > MEOアルゴリズムとは?ランキング要因と対策を解説

MEOアルゴリズムとは?ランキング要因と対策を解説

本記事ではMEO対策のアルゴリズムを解説します。
アルゴリズムを理解して、より効率よく効果的にMEO対策をしていきましょう。

MEO対策とは

MEO対策とは

MEO対策とは、Googleで「渋谷 カフェ」などと「地域名×サービス名」「地域名×業種」で検索をした際にマップと一緒に表示される店舗情報の表示順位を対策することです。
マップと一緒に表示される店舗情報はGoogleビジネスプロフィールというGoogleが無料で提供するツールで編集ができ、このGoogleビジネスプロフィールを最適化して、検索結果で上位表示を目指します。

MEO対策はマップ検索の対策ですので、Googleマップで検索される店舗や「新宿 居酒屋」などと間接的に検索される店舗が対策しています。

▼MEO対策が向いている店舗について詳しく見る
https://media.meo-taisaku.com/meo-know-how/meo-gyousyu/

Googleのアルゴリズム(仕組み)とは

アルゴリズム(英: algorithm)とは、計算ができる問題を解決するための計算方法の事を指し、Googleに当てはめると「Googleの検索結果を決める計算方法」となります。

MEOとSEOの違い

MEO対策もSEO対策もユーザーファーストなアルゴリズム(仕組み)になっていることは同じですが、それぞれ以下のように分けて考えられます。

SEO対策のアルゴリズム(仕組み) 情報やサイトの質や正しさ
MEO対策のアルゴリズム(仕組み) Googleビジネスプロフィールの情報量とユーザーとの距離とお店の知名度

SEO対策は、業界で知名度の高い企業や、お金や時間をかけて質の良いサイトを作れる企業が上位表示されやすいです。
一方MEO対策は、Googleビジネスプロフィールの情報量が多く、ユーザーの現在地との距離が近く、また地元での知名度が高ければ個人店舗でも上位表示できます。

▼MEO対策とSEO対策の違いについて詳しく見る
https://media.meo-taisaku.com/meo-know-how/seo-meo-difference/

MEOのアルゴリズム(仕組み)

Google のローカル検索結果のランキングを改善する方法

引用:Googleビジネスプロフィール ヘルプ

MEO対策のアルゴリズムは、Googleが公式サイトにて「ランキングを決める仕組みは関連性・距離・視認性の高さの3つだ」と公表しています。
この章ではGoogleの説明を深堀して分かりやすく解説していきます。

関連性

MEOアルゴリズム「関連性」

関連性とは、GoogleビジネスプロフィールやWEB上にある店舗情報検索語句の関連性のことを指します。
例えばユーザーが「新宿 つけ麺」と検索した場合、検索結果には「新宿にあるつけ麺屋さん」が表示されます。
Googleビジネスプロフィールにある情報と「つけ麺」に関連あるのか、店舗の位置と「新宿」が関係あるのかをGoogleは見ています。

関連性の参考画像

「関連性があるのか」を見ているので、関連がある「新宿駅に近い渋谷区のつけ麺屋さん」や「新宿区にあるラーメン屋さん」が表示されることもあります。
このように、Googleはビジネスプロフィールの情報と検索語句の関連性を見て検索結果を変えています。

距離

MEOアルゴリズム「距離」

距離とは、二つあります。

  • 検索ユーザーの現在地と店舗の距離
  • 検索語句の地名と店舗の距離

例えば、新宿区にいるユーザーと渋谷区や北海道にいるユーザーが「新宿 居酒屋」と検索すると検索結果が変わります。

距離の参考画像
距離の参考画像2
検索地点 検索結果
新宿区 現在地と距離が近い店舗
渋谷区・札幌市 知名度や口コミ評価、情報量が多い店舗

今すぐに行く距離なのか公共交通機関を使うなどで時間をかけて移動して行く距離なのかによって表示内容が変わるようです。
「半径〇mだったらこの順位」といった細かいアルゴリズムは公表されていないですが、このようにユーザーの検索地点や検索語句との店舗の距離も検索結果に影響をもたらします。

視認性の高さ

MEOアルゴリズム「視認性の高さ」

元々「関連性・距離・知名度」の3つだったのが、2021年6月に「視認性の高さ」に変わったため、視認性の高さとは知名度のことを指します。
上図の説明文に変化はなく、英語表記に変化もなかったため知名度だけで順位が変わるという誤解を解くための変更だと言われています。

この説明分を読むと“どんなに口コミを集めても知名度の高い大手には叶わない”と言っているような気もしますが、 実際、ディズニーランドを「遊園地」と検索する人は少ないので、「関東 遊園地」と検索してもディズニーランドは上位表示していません。
スターバックスやドトールコーヒーなどもブランド名で検索することが多いため、「新宿 カフェ」などと検索しても上位表示していません。

このように、検索語句によっては知名度がすべてという訳ではありませんので、頑張ってMEO対策していきましょう。

MEO対策のメリット

ここまでMEO対策のアルゴリズムについて解説しましたが、ここからはアルゴリズムを意識してMEO対策を行った事で得られるメリット(効果)についてお話していきます。

ユーザーの目に留まる

まず一つ目は、上位表示することによる閲覧数の増加です。
上位表示することで、ユーザーがスクロールしなくともユーザーの目に留まります
アルゴリズムを意識してMEO対策を行うことで、上位表示され、自然とお問合せや来店も増えるでしょう。

来店意思の高いユーザーに届きやすい

二つ目は、マップを使って検索する来店意思の高いユーザーに届くことです。
マップを使って検索するという事は、今すぐ向かうか後日旅行で行く場合がほとんどです。
そのため、検索語句にあったGoogleビジネスプロフィールを作り、上位表示することで、「どこかしらのお店に来店はするユーザー」にお店を知ってもらえます。

※SEOは、意味を知りたいときやサービスの金額ややり方、効果などを知りたい時に検索するため、もし流入があっても検索ユーザーの近くの店舗に行く可能性も考えられます。

MEO対策のデメリット

メリットについてお話しましたが、アルゴリズムを理解してMEO対策を行う事によるデメリットもありますので解説していきます。

ユーザーからの誹謗中傷

まず一つ目は、Googleビジネスプロフィールの閲覧数や来店数が増える事により誹謗中傷も増える可能性がある点です。
もちろん絶対に起こるということではありませんが、上位表示することで目に留まる人が増え、来店客数も増えると、その分いろいろな人と関わることになります。

その際に、誰でも情報を編集できるGoogleビジネスプロフィールがあると、店名を変えられるといういたずらが発生したり、来店していない人からの口コミ投稿などが発生する可能性があります。
口コミは削除できない場合もありますので大きなデメリットといえるでしょう。

継続しないと効果を実感できない

二つ目は、手間や時間をかけて継続しないと効果を実感できない点です。
Googleは3か月に1回程度大きなアルゴリズムのアップデートを行います。その細かい修正は数えきれないほど行われているとも言われています。

そのためMEO対策で一度、上位表示出来たらずっと上位表示をキープできるわけではなく、対策を継続していくことが重要です。
例えば、3か月だけMEO対策業者に依頼をして上位表示してもらい、その後は放置してしまったり、自社内で施策するという方もいらっしゃいますが、対策をし続けないと上位表示はキープできません。
競合他社も上位を狙ってMEO対策をしていれば、更新を止めたらすぐに順位を追い抜かれてしまう可能性もあります。

ただ、対策業者にずっと代行料金を支払い続けるという事ではなく、ご自身でも対策できるようにこれからご説明するMEO対策のやり方を学んでいきましょう。

MEOアルゴリズムを考慮した対策方法

MEO対策のメリットを感じるためのMEO対策のやり方を解説していきます。
MEO対策のアルゴリズム(仕組み)である「関連性」「距離」「視認性の高さ」を頭に入れながら以下を読み進めてください。

基本情報

まずは、店舗名、住所、HP、予約リンク、電話番号、営業時間、商品やサービスなどの基本情報を正しく反映してみましょう。
基本情報を正しく埋めることは、関連性、距離、視認性の高さのすべての対策になります。
ゴールデンウィークや年末年始などの営業時間が変わる場合も必ず反映しましょう。

基本情報入力による視認性の差

カテゴリ

Googleビジネスプロフィールでは、店舗のカテゴリを設定できますが、このカテゴリは、表示順位に大きな影響を与えます。

例えば、「新宿 歯医者」と「新宿 ホワイトニング」の検索結果を見るとカテゴリがそれぞれ違います
もし「新宿 ホワイトニング」で上位表示したい歯医者さんがいた場合、「新宿 ホワイトニング」で上位表示出来ているGoogleビジネスプロフィールが設定している「美容歯科医」や「エステティックサロン」に変えた方が良いかもしれないと判断が出来ます。

上位表示したい検索語句(キーワード)の上位表示しているGoogleビジネスプロフィールのカテゴリを真似してみましょう。

カテゴリの影響度参考画像

写真

次は、写真にこだわってみましょう。
Googleはどういう写真なのかを認識できるので、検索語句が違うと同じ店舗でも、検索語句に合わせた写真が表示されています。

「つけ麺」でも「ラーメン」でも上位表示したい2種類以上のメニューやサービスがある場合は、両方の写真を載せてみましょう。

検索語句と写真の関係

口コミ

次は、口コミを増やして全てに丁寧に返信していきましょう。
口コミは、検索結果に引用されることが多いため、Googleも重要視しています
口コミを増やすだけでも良いですが、1件1件に丁寧に返信することで投稿してくれたユーザーが再び来店してくれる可能性が高まります。

口コミが検索結果に引用されるときの参考画像

MEOアルゴリズムのまとめ

今回は、MEOアルゴリズムについて解説してきました。アルゴリズムという言葉は一見、難しく感じますが、「Googleにおける検索結果の計算方法」であることがお分かりいただけたことでしょう。
Googleは年に数回のアルゴリズムのアップデートを繰り返しているので、その内容に応じて適切な施策を行う必要があります。

しかし、MEO対策をするスタッフが足りない、Googleアルゴリズムのアップデートにその都度対応するのが難しいという場合は、ぜひ弊社・株式会社トリニアスのMEO対策サービス・MEOprimeのご利用をご検討ください。
店舗情報の登録からプロフィールの最適化など幅広くサポートいたします。サービスの詳細や対策にかかる費用など、無料でご相談を承っております。
MEO対策にご興味のある方は、お気軽に弊社までお問い合わせください。

井波 雅臣

井波 雅臣

2013年、株式会社トリニアスに入社。 以来、2年間に渡って4つのBtoC事業(大手通信回線)立ち上げを行う。 そこでの新規事業立ち上げ経験、営業スキルを買われ2015年よりBtoB事業であるGoogleストリートビュー撮影代行サービスに携わる。 以降、株式会社トリニアスのBtoB事業においてGoogleビジネスプロフィールの専任担当としてDM事業部を牽引。 5年間でのサポート件数は延べ5000件以上。 現在はMEOサービスを中心にデジタルマーケティングの総合サポートを手がける。

Google