マケスク > SNS > LINE > LINE公式アカウントのクーポン機能の作成方法や効果的な配信方法とは。

LINE公式アカウントのクーポン機能の作成方法や効果的な配信方法とは。

2022.11.29

LINE公式アカウントでは、友だち登録しているユーザーにデジタルのクーポンを配信できる機能があります。
ク ーポンを配信することでリピートに繋がったり、お店のファンを増やすことができます。
本記事ではLINE公式アカウントのクーポンの作成や効果的な配信方法について解説していきます。

LINE公式アカウントのクーポン機能とは

LINE公式アカウントのクーポン機能は、友だち登録しているお客さんに向けてクーポンを配信できる機能のことです。
従来の紙媒体のクーポンとは違い、デジタル上ですぐに作成できます。 また、クーポンが表示された画面を見せるだけでクーポンの特典を受け取れるので、スマホ一つで完結できるのも魅力の一つです。

クーポンを月ごとに定期的に配信したり、その月にお誕生日を迎えるお客さんに向けてプレゼントとして配信したりすることで、サービスに触れてもらう機会を増やしてくれます。
クーポン機能はLINE公式アカウントの料金プランにデフォルトで設定されていますので、まずは無料プランから始めてみると良いでしょう。

クーポン機能のメリットについて

クーポン機能は集客や販促にとても有効なシステムです。
ユーザーに商品やサービス利用の割引を提供できたり、リピータ増加や新規顧客の開拓など、LINE公式アカウントの運用を続けていくために必要な要素がたくさん備わっています。

この章ではクーポン機能の代表的な4つのメリットについて解説していきます。

1.サービス利用の促進

まず、クーポンは来店や商品の購入などサービス利用を促せることができます。
既存の登録ユーザーには定期的なメッセージ配信などで期間限定クーポンを提供することで接点が増えます。クーポンが配信されるとそのサービスや商品に対して興味がわきます。そして、再来店やサービス利用の促進へと繋がっていきます。

また、新規のユーザーに対しては友だち追加時にお礼としてその場ですぐに使えるクーポンを付与することで、クーポンを利用する意思が高まります。そして、お店に対する期待値も生まれるので新規顧客の開拓にも有効です。

2.友だちが増える

次に、友だち登録してくれるユーザーが増えやすくなります。
確実に増やしたい場合は、LINEのタイムラインやSNSなどでまだ登録していないユーザーに向けて友だち限定のクーポン情報を発信してみましょう。クーポン獲得自体を目的とした友だち登録者が増えていきます。その際、実施中のキャンペーン情報と共に発信するとさらに効果的です。

そして、既に友だち登録しているユーザーにはお得で使い勝手の良いクーポンを定期的に配信することで、口コミや紹介制度などから新規のユーザーが増えていきます。

3.ブロック防止に繋がる

そして、クーポン配信はブロックの防止にも繋がります。
LINE公式アカウントを運用していて、最も懸念するのはユーザーからブロックされてしまうことです。

友だち登録の数は売上にも大きく影響しますので、ユーザーの負担にならないペースで定期的なクーポンの配信を心がけていきましょう。また、それと同時に、友だち登録を継続してもらうためにもユーザーの興味をひくような、役に立つクーポンの内容を常に考えていくのも重要です。

もし、良いアイデアを考えるのが難しいという場合は、LINE公式アカウントの運用代行業者のコンサルティングを受けることをおすすめいたします。

4.データ分析ができる

4つ目のメリットは、ユーザーの動向などの細やかなデータ分析ができ、クーポンの統計情報が得られることです。
LINE公式アカウントの管理画面で配信した各クーポンの開封された数や使用された数が確認できます。

どのクーポンがどれだけ使用されたかを知ることで、今後の新たなサービス内容を考える時のヒントや業務改善の方向性などが見えてきます。そして、今後のご自身のビジネスの成長にも繋がります。

クーポンの作成・配信方法について

それでは、LINE公式アカウントのクーポンを作成してみましょう。
この章では、クーポンの作成や配信方法について実際の管理画面の画像を使用して解説していきます。

設定にはいくつもの過程があります。もしも、ご自身やスタッフのみで設定が難しいという場合は、LINE公式アカウントの運用代行業者に依頼するのも良い方法です。

1.クーポンの作成・設定

まず、LINE公式アカウントの管理画面にログインします。

左側のメニューから「クーポン」をクリック→下部の「作成」ボタンをクリック

クーポン作成画面で各項目を入力。

①クーポン名→どういったサービスが受けられるか分かりやすい名前にしましょう。
②有効期限→クーポンの有効期限を設定します。
③写真→サイズは10M以下でファイル形式はJPG、JPEG、PNGの写真または画像を用意します。

④利用ガイド→クーポンの使用に関するガイドラインを500文字まで入力できます。未入力の状態でもテンプレートのテキストが設定されているのでご自身のビジネスに合わせてアレンジできます。

⑤抽選→クーポンのプレゼント企画などで抽選方式を設定できます。当選確率は低すぎないように設定しましょう。
⑥公開設定→クーポンを公開できる範囲を設定できます。「公開する」に設定すると、まだ友だち登録をしていない、すべてのユーザーがクーポンを取得できるようになります。友だち限定で配信する場合はメッセージ機能を使いましょう。

⑦使用可能回数→使用回数は「上限なし」も選べますが、赤字になってしまう可能性がありますので、「1回のみ」を選択するのが無難しょう。
⑧クーポンコード→ユーザーに入力してもらうコードを設定できます。ECサイトを運営している場合などに便利です。
⑨クーポンタイプ→クーポンのタイプは下記の5種類から選べます。キャンペーンやセール期間などでランダムに使い分けるとバラエティー豊かになり、ユーザーを飽きさせません。

以上の項目を入力できたら「保存」ボタンを押してクーポンの作成が完了です。

2.クーポンの配信方法

次にクーポンの配信方法についてです。 クーポンの作成が完了したら友だち登録しているユーザーに向けて配信します。

まずは、あいさつメッセージとして配信する方法です。
管理画面トップの左側のメニューから「あいさつメッセージ」をクリック→あいさつメッセージ作成画面に移動。

あいさつメッセージ作成画面の左から4番目のボタンからクーポンを添付して送信します。

次にメッセージとして配信する場合です。あいさつメッセージと同様で、クーポンボタンから添付してメッセージを作成、送信します。

クーポンの効果的な配信方法とは

この章では集客に効果的なクーポンの配信方法について解説していきます。
定期的なメッセージ配信だけでも大きな効果が得られるクーポン機能ですが、その機能を最大化するには配信するタイミングが重要です。

友だち登録した時や新商品の発売開始など適切なタイミングで配信して、たくさんのユーザーに自社のクーポンを利用してもらい、集客に繋げていきましょう。

1.友だち登録時

まず、友だち登録してくれたお礼として配信する方法です。
LINE公式アカウントでは、友だち追加の際に自動的にお礼のあいさつメッセージが送信されます。そのあいさつメッセージにクーポンを添付しましょう。
第一印象が重要ですので、すぐに購買行動に繋がるようなユーザーの関心を惹く、使いやすい内容のクーポンを配信しましょう。

また、クーポンの有効期限は短すぎず長すぎない、1週間〜1か月程度の期間が良いでしょう。

2.新商品発売やキャンペーン開始時

次に、新商品の発売を開始したりキャンペーンを実施するタイミングでの配信です。

新商品や新サービスの宣伝はもちろんですが、季節ごとのイベントや月毎のキャンペーンなどを1か月に1度のタイミングで配信すれば、1年に12回もクーポンをユーザーに届けることができます。その分、配信結果の分析ができる機会も多くなり、課題が可視化できるので業務改善にも繋がります。 なので、月に1回のキャンペーンの企画は定期的に発信しておきましょう。

配信に適切なペースについてはこちらの記事でも紹介しておりますので、ぜひご参照ください。

3.雨の日・空いている時間帯限定などのクーポンで来店を促す

そして、来客が少ない天候の日やお客さんの少ない時間帯に限定したクーポンの配信です。雨や雪など足元が思わしくない天候の日は客足が遠のきやすくなります。
また、アイドルタイムといわれる昼休みなどのピークを過ぎた時間帯にお客さんを呼び込むのにも限定クーポンの配信は有効的です。 特に飲食店を経営されてる方は影響を受けやすいので、ぜひ活用してみてください。 また、業種によってアイドルタイムは異なりますので、ご自身のビジネスに合わせて配信していきましょう。

実際に限定クーポンを配信して売上が伸びた事例もありますので、ぜひご自身のビジネスにも取り入れてみてください。

4.アンケート回答のお礼として配信

最後に、アンケートに回答してもらったお礼として配信する方法です。LINE公式アカウントにはリサーチ機能というアンケートを実施できる機能があります。
来店した翌日やメッセージの定期配信などのタイミングでお客さんにアンケートを送ってみましょう。そして、お礼としてクーポンをプレゼントすることで回答率も上がり、業務改善に必要なデータを取得しやすくなります。

アンケートの実施はサービス内容の改善やご自身のビジネスを成長させる要素としても重要なので、積極的に作成・配信していきましょう。

まとめ

LINE公式アカウントのクーポン機能は集客において活用していきたい機能です。
クーポンの配信や配信した後の動きを分析することで、ご自身のビジネスのユーザーのニーズが明確なものになり、新たなサービスのアイデアも生まれることでしょう。 ぜひ、ご自身のLINE公式アカウントの運用に活かしてみてください。

弊社では、MEO対策を中心に中小企業の集客のお手伝いをしております。 集客にお悩みの方は、ぜひ弊社までお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ・ご相談はこちら

MEO対策・ビジネスプロフィール・ストリートビュー
Instagram・LINE・HP/LP制作に関しては、
当メディアの運営会社 株式会社トリニアスにご相談ください。

LINE
TOPへ