マケスク > MEO(Googleマイビジネス) > Googleマイビジネスを住所非公開で登録・設定する方法

Googleマイビジネスを住所非公開で登録・設定する方法

店舗型ビジネスの集客に欠かせないツールのGoogleマイビジネス

店舗の住所を登録すると、「マッサージ 東京」といった特定地域に関する情報を検索できる「ローカル検索」でヒットするメリットがあります。

一方で、自宅を拠点とする個人事業主や非店舗型ビジネスの場合は、セキュリティの観点から住所を公開したくない方もいらっしゃるでしょう。

実は、Googleマイビジネスは住所非公開で登録・設定が可能です。

本記事では、Googleマイビジネスを住所非公開で登録・設定する具体的な方法について解説します。

住所を非公開にすることによるデメリットもご紹介しますので、ご自身の店舗に合う運用方法を検討してみてください。

Googleマイビジネスは住所非公開で登録・設定できる?

Googleマイビジネスは、住所を公開せずに登録・設定が可能です。

たとえば、自宅を店舗として利用しているマッサージ師の方など、ビジネスのためとはいえ自宅の住所を公開するのは躊躇するはずです。

そういった場合にGoogleマイビジネスを住所非公開で登録・設定すると、セキュリティを確保した上で活動できます

安全性を重視したい方は、住所を非公開で登録・設定しましょう。

Googleマイビジネスを住所非公開で登録する方法

この章はGoogleマイビジネスを住所非公開で登録したい方に向けて、具体的な登録の手順について解説します。

  1. Googleマイビジネスの管理画面にログイン
  2. 「新しいビジネス情報を追加」を押し、「ビジネス情報を1件追加」を選択
  3. 店舗やビジネスの名前を入力する
  4. 店舗住所の登録確認 ⇒ 「いいえ」を選択する
  5. サービス提供地域を指定する(省略可)
  6. 電話番号、またはウェブサイトを登録
  7. オーナー確認をする

基本的な登録手順は通常通りですが、すでにビジネスのオーナー確認が完了している方は7番目の作業が不要です。

1.Googleマイビジネス管理画面にログイン

Googleマイビジネスの管理画面にログインしましょう。

※まだGoogleアカウントを持っていない場合は、アカウント作成が必須です。

2.「新しいビジネス情報を追加」を押し、「ビジネス情報を1件追加」を選択

ビジネス情報を1件追加

Googleマイビジネスの管理画面に遷移したら、「新しいビジネス情報を追加」を押して「ビジネス情報を1件追加」を選択します。

3.店舗やビジネスの名前を入力する

自店舗の名前を入力しましょう。

非店舗型ビジネスの場合は、屋号やどんなサービスを展開するかを記入してください。(例:〇〇サロン、〇〇弁護士事務所など)

なお、ここで入力する名前はガイドラインに違反しないよう実際に店舗やウェブサイトで使用されているビジネスの名称を登録しましょう。

4.店舗住所の登録確認 ⇒ 「いいえ」を選択

ユーザーが訪れる店舗の住所を登録するか否か、確認画面が表示されます。

住所非公開でビジネスをする場合は、「いいえ」を選択しましょう。

5.サービス提供地域を指定(省略可)

あなたがビジネスをするおおよその地域を入力します。

たとえばあなたが東京都のみで活動する弁護士の場合、サービス提供地域として東京を入力しましょう。

ウェブサービスやネットショップなどサービス提供地域を指定できないビジネス、もしくは活動地域が未定な場合は入力を省略することも可能です。

6.電話番号、またはウェブサイトを登録

ユーザーにとって、あなたとの連絡手段である電話番号、またはウェブサイトを登録します。

電話番号は登録必須ですが、ウェブサイトは登録の省略が可能です。

7.オーナー確認をする

Googleマイビジネスのオーナー確認が完了していない場合は、確認コードが記載されたハガキを受け取る住所の入力が必要です。

この項目で入力した住所はGoogle検索やGoogleマップ上で表示されませんので、心配せずに入力しましょう。

※すでにオーナー確認済みの方は、この手順は不要です。

既存のGoogleマイビジネスを住所非公開に設定する方法

Googleマイビジネス管理者のなかには住所を公開して登録したものの、「やっぱり住所を非公開にしたい」と後悔している方もいらっしゃるでしょう。

この章では、すでに登録しているビジネス情報の住所を非公開にする方法を解説します。

手順は、以下の4ステップです。

  1. Googleマイビジネス管理画面上の「情報」を押す
  2. 電話番号、またはウェブサイトを登録する
  3. 「住所」を押す
  4. 「住所をクリア」⇒「適用」を押す

住所を非公開に変更する場合、電話番号、またはウェブサイトいずれかの登録が必須です。

※すでにどちらかの情報を登録している場合、新しい連絡先を登録する必要はありません。

Googleマイビジネスを住所非公開にするデメリット

ここまで、Googleマイビジネスの住所を非公開で登録・設定する方法について解説しました。

住所を非公開にすると個人情報を保護できるというメリットがありますが、実はビジネスにおいて大きなデメリットもあります

  • MEO対策が難しくなる
  • 情報が信用されにくい
  • これらのデメリットは、あなたのビジネスに悪影響を及ぼすかもしれません。

    住所を非公開に設定する前にデメリットを確認して、公開するべきか非公開にするべきかをしっかりと検討してから設定しましょう

    MEO対策が難しくなる

    Googleマイビジネスの住所を非公開にすると、MEO対策が難しくなる場合があります。

    MEO対策とは、Google検索やGoogleマップでユーザーが「新宿+カフェ」といった地名を含むキーワードで検索したときに、店舗の場所と一緒に表示されるビジネス情報(Googleマイビジネス)の上位表示を目指す施策です。

    たとえば、あなたが新宿を中心に活動する税理士の場合、住所を非公開に設定するとユーザーが「新宿 税理士」と検索しても、あなたのビジネス情報は上位表示されません。

    ローカル検索経由での見込み客の獲得が難しくなるため、店舗によっては大きな機会損失となります

    一方で、地域にとらわれないサービスや業種は住所非公開でもデメリットにはなりにくいでしょう。

    特定の地域で活動をする場合は住所を公開したほうが集客効果が見込めるため、可能な限り住所の公開をおすすめします。

    情報が信用されにくい

    住所などの個人情報が非公開だと、あなたが発信する情報はユーザーに信用されにくい場合があります。

    ビジネスをするうえで、情報の信ぴょう性は重要です。

    たとえば、身元や名前もわからない人物が「うちの商品は最高ですよ」と持ちかけてきたら、ほとんどの人は「そんなの信用できない」と疑うはずです。

    そのため、弁護士や税理士など特にユーザーからの信頼獲得が重要な業種は住所を公開したほうがいいと言えるでしょう。

    Googleマイビジネスで住所以外に非公開設定できる情報は?

    Googleマイビジネスでは「悪い口コミ」「間違った電話番号」「第三者に追加された写真」など、いますぐ非公開にしたい情報もあると思います。

    電話番号は自分で編集可能ですが、「口コミ・写真」は自分の判断で削除ができません。

    いずれもGoogleに削除申請をすると、悪質ないたずらや根拠がないものと認められた場合のみ削除されます。

    これらの悪質な情報は集客効果の低減など悪影響を及ぼすので、削除申請を検討してみましょう。

    まとめ

    今回の記事では、Googleマイビジネスを住所非公開で登録・設定する方法について解説しました。

    住所を非公開にすると個人情報を保護できるものの、見込み客の損失や情報の信ぴょう性低下など、ビジネスの痛手になるデメリットがあります。

    メリットとデメリットを比べてみて、自分に最適な方法でGoogleマイビジネスを運用・管理しましょう。

    弊社は、MEO対策を中心に数多くの中小企業・店舗様のお手伝いをしております。

    Googleマイビジネスの使い方や運用、店舗集客にお悩みの方は、ぜひお気軽にご相談ください。

    ※2021年11月4日(木)にGoogleは「Googleマイビジネス」の名称を
    「Googleビジネスプロフィール(Google Business Profile)」に変更しました。

    MEO(Googleマイビジネス)
    TOPへ