マケスク > MEO(Googleマイビジネス) > Googleマイビジネスが重複した時の対処法|削除・統合のやり方とは?

Googleマイビジネスが重複した時の対処法|削除・統合のやり方とは?

Googleの口コミに悩むすべての方へ

口コミの★評価が高くて件数も多い方が、集客にもMEO対策(上位表示)にも良い事は分かっている。
でも、わざわざお声がけしてまで口コミを集めることはしていない。
という方は多くいらっしゃいます。

しかしその一方で、何百何千と口コミを集めて、集客も上位表示も成功している店舗もあります。
実際に、弊社がMEO対策をご支援させて頂いている店舗で口コミを沢山集めている方はやはり積極的にお声がけをしていました。

しかし、このようなお悩みを抱えていませんか?
お客様に「口コミ投稿お願いします」と言えない...
お客様に「口コミ投稿お願いします」とお声がけしたことあるけど、全然投稿してもらえない...

もし上記に共感されましたら、ぜひ口コミ管理ツール「口コミットくん」を使ってみて頂きたいです。

口コミットくんは、「口コミ」ではなく「アンケート」という形で口コミを集めます。
また30秒で完了できるため、その場でアンケートにご回答いただくことも可能です。

もしも少しでも「口コミの増加」「低評価の口コミ」にお悩みがございましたら、
まずは資料にある「口コミットくんで出来ること」をご覧ください。

口コミ対策をして、集客も上位表示も成功させましょう。

とりあえず資料を見る

新しくGoogleマイビジネスを作成したら、実はすでに同じ店舗の情報が存在していたという経験はあるでしょうか。

もしくは、Googleからマイビジネスが重複している旨の連絡があり、「どう対処したらよいのだろう」と困ってしまった方もいらっしゃるかもしれません。

実は、Googleマイビジネスの重複は放置しておくと店舗集客に様々な影響を及ぼす原因になるため、迅速に対処することが大切です。

そこで、本記事ではGoogleマイビジネスの重複にお困りの方に向けて、重複が起きてしまう原因や対処方法を詳しく解説していきます。

Googleマイビジネスの重複が起きる原因

Googleマイビジネスの重複とは、Googleマップ上に同じ店舗の情報が2つ以上存在している状態、もしくはGoogleマイビジネスのアカウント内で同じ店舗情報が複数存在している状態のことです。

本来Googleマイビジネスは1店舗につき1つが望ましいはずですが、なぜそもそもこういった重複が起きてしまうのでしょうか。

原因は主に3つあります。

社内での情報共有不足

社内での情報共有が不足していたためにGoogleマイビジネスが重複してしまったということはよくあります。

例えば、すでに店舗関係者の中の誰かがマイビジネスを作成していたことを知らずに別の人が新しくマイビジネスを作成してしまうと、同じ店舗の情報が複数存在することになります。

Googleによるマイビジネスの自動生成

Googleマイビジネスは自分が作成した覚えがない場合でも、ウェブ上に存在する情報をもとにGoogleがすでに自動で生成していることがあります。

このウェブ上の情報がバラバラな場合、Googleはそれぞれの情報を別の店舗とみなしてしまうため、同じ店舗のマイビジネスが複数生成されてしまいます。

店舗名の表記の違いの例:
「ABC居酒屋」と「居酒屋ABC」

住所の表記の違いの例:
「東京都新宿区大久保1丁目2-3」と「東京都新宿区大久保1-2-3」

第三者によるマイビジネスの作成

実はGoogleマイビジネスは自動生成や自分の手で作成する以外に、店舗関係者以外の第三者によって作成されることもあります。

例えば、来店経験のあるお客さんが店舗のGoogleマイビジネスがないことに気づき、善意でGoogleマイビジネスを作成してくれることもあるかもしれません。

すると、ご自身の知らないところでご自身の店舗のGoogleマイビジネスが存在する状態になってしまいます。

Googleマイビジネスの重複が良くない理由

では、なぜGoogleマイビジネスの重複は良くないのでしょうか。

その理由についてユーザー目線と店舗目線でそれぞれ解説いたします。

ユーザーの混乱を招く恐れがある

Googleマイビジネスの重複は、ユーザーの混乱を招く可能性があり、情報収集の妨げとなってしまう恐れがあります。

例えば、片方のマイビジネスでは土日が定休日として記載され、もう一方では年中無休と記載されていては、ユーザーはどちらの情報を信じたら良いのかわかりません。

何が正しい情報が分からない状態は、ユーザーが店舗に足を運ぶのをためらってしまったり、他の店舗に行ってしまったりする原因になるため、店舗集客という観点で見ても重複は避けておくべきでしょう。

Googleからの評価が下がる可能性がある

Googleマイビジネスが重複していると、Googleからの評価が下がり、検索結果での上位表示が難しくなる可能性があります。

Googleは常にユーザー第一のサービス提供を掲げているため、ユーザーが混乱してしまうような情報は自然と評価されなくなってしまいます。

検索結果でのGoogleマイビジネスの上位表示を目指すMEO対策を実施している店舗にとっては大きな痛手となるため、その点でも重複を発見した際は直ぐに対処しましょう。

Googleマイビジネスが重複しているときの対処法

Googleマイビジネスが重複しているときの対処法は3つあります。

それぞれ詳しく見ていきましょう。

Googleマイビジネスの管理画面から削除する

Googleマイビジネス内での重複

Googleマイビジネスのアカウント内で重複を発見した場合、削除したい方のマイビジネスの管理画面からビジネス情報を削除しましょう。

※この方法はGoogleマイビジネスのオーナー確認が完了していない状態では行えません。

手順は以下の通りです。

①Googleマイビジネスにログイン
②削除したいマイビジネスの管理画面を開き、左のメニューから「情報」をクリック
③「リスティングを削除」をクリック
④「削除」をクリックして完了
リスティングの削除

削除したいGoogleマイビジネスを管理しているアカウントにログインできない場合は、再度ログイン方法を確認してみましょう。

Googleマイビジネスの管理画面から削除する

Googleマップで重複を発見した場合、「情報の修正を提案」から重複しているビジネス情報を報告しましょう。

※この方法はGoogleマイビジネスのオーナー確認が完了していない状態でも行えます。

手順は以下の通りです。

①Googleマップで削除したいマイビジネスを表示
②「情報の修正を提案」をクリック
③「休業、閉業、または削除」をクリック
④「他の場所と重複」をクリックして完了
情報の修正を提案

こちらの方法はあくまで「削除依頼」になるため、情報が削除されるまでに数か月~数年時間がかかる場合があります

また、情報が削除されるかはGoogleの判断によるため、確実に削除される保証はありません

早く確実に情報を削除したい場合は、Googleマイビジネスの管理画面から削除しましょう。

サポートに問い合わせて統合を依頼する

重複を発見し、なおかつ両方にある写真や口コミなどのユーザーの投稿を消したくない場合、Googleのサポートに問い合わせをしてビジネス情報の統合を依頼しましょう。

※この方法はGoogleマイビジネスのオーナー確認が完了していない状態でも行えます。

手順は以下の通りです。

お問い合わせページにアクセス
②お問い合わせ内容に「ビジネス情報の重複」と入力
③「ビジネス情報の重複」を選択し、「次のステップ」をクリック
③ステップ2では何も選択せず、「次のステップ」をクリック
④「メール」をクリックし、必要な情報と重複しているビジネス情報を統合したい旨を記入
⑤「送信」をクリックして完了
Googleマイビジネスのお問い合わせページ

こちらの方法では、店舗に好意的な口コミだけではなく、ネガティブな口コミも統合されてしまいます

対処法はいくつかありますが、ネガティブな口コミが増えてしまうことにどうしても抵抗がある方にはあまりおすすめできる方法ではありません。

ちなみに、誹謗中傷や根拠のない悪質な口コミに関しては、Googleに削除申請を送れるのでそちらも検討してみましょう。

Googleマイビジネスの重複を防ぐ方法

ここまで対処法についてご紹介してきましたが、Googleマイビジネスの重複は未然に防ぐことが可能です。

再度重複が起こることがないように、以下の3点を実践しておきましょう。

作成前にすでにマイビジネスが存在していないかを確認する

新たにGoogleマイビジネスを作成する際は、すでに同じ店舗のマイビジネスが作成されていないか必ずチェックする癖をつけておくことで、重複を未然に防げます。

社内での情報共有の徹底はもちろんですが、Googleや第三者の手によってすでにマイビジネスが作成されていないかしっかりチェックしておきましょう。

チェック方法は以下の通りです。

①Googleマップを開く
②検索窓に「ご自身の店舗名」+「ご自身の店舗がある地域名」を入れて検索

マップ上の店舗の所在地に赤いピンが表示されれば、すでにGoogleマイビジネスが存在している状態です。

ウェブ上にあるビジネス情報を統一する

ウェブ上にある情報の中でも「NAP情報」と呼ばれるものを統一しておくことで、Googleが誤って複数のマイビジネスを生成してしまうことを防げます。

NAP情報とは、以下の3つの情報です。

Name(店舗や会社の名前)
Address(所在地)
Phone(電話番号)

ホームページやブログ、ポータルサイトやSNSに至るまで、ウェブ上に掲載しているものは全て統一することが大切です。

NAP情報の統一にはGoogleマイビジネスの表示順位を上げる効果もあるため、「全角半角」「ひらがなカタカナ」「スペース」など、一言一句すべて統一していきましょう。

移転する際は住所変更を行う

店舗を移転する場合は、新しくGoogleマイビジネスを作成するのではなく、住所変更をすることで重複を防げます。

住所変更はGoogleマイビジネスのメニューから「情報」を選択し、移転先の住所を入力するだけで大丈夫です。

移転までに一定期間休業する場合などは、同じく「情報」から「臨時休業マークを付ける」を選び、店舗が営業していないことがユーザーにわかるようにしておくと良いでしょう。

まとめ

今回はGoogleマイビジネスが重複してしまう原因や対処法についてご紹介しました。

Googleマイビジネスの重複はユーザーの混乱やGoogleからの評価を下げる原因になります。

何よりも大切なのは重複を未然に防ぐこと、そして重複を発見したら迅速に対処することです。

Googleマイビジネスを集客に生かすための第一歩としてしっかりと管理しておきましょう。

弊社はMEO対策を中心に様々な中小企業様の集客対策をお手伝いしております。

MEO対策に限らず、GoogleマイビジネスやGoogleマップに関する店舗集客にお悩みの方はぜひお気軽にご相談ください。

お問い合わせ・ご相談はこちら

MEO対策・ビジネスプロフィール・ストリートビュー
Instagram・LINE・HP/LP制作に関しては、
当メディアの運営会社 株式会社トリニアスにご相談ください。

MEO(Googleマイビジネス)
TOPへ