MEO対策に必要な4つのメリット紹介!事例を基に徹底解説!

「MEO対策を行ったところで本当に集客があるの?」「結局、上位3件しか見てもらえないんでしょ?」

このようにMEO対策を行って集客が見込めるか、対策をしてどんなメリットがあるのか疑問をお持ちの方は非常に多いです。
そんな疑問をお持ちの方々のために、MEO対策のメリットと実際にあった成功事例をご紹介いたします。

MEO対策を行うことで得られるメリットや他の対策との比較をし、ご自身に合った集客対策を行いましょう。

記事を読み終える頃には、MEO対策のメリットを十分に理解できるできるでしょう。

1.MEO対策メリット

MEO対策を行うメリットはいくつあるかご存知ですか?
MEO対策を行うと得られるメリットが4つもあります。

MEO対策のメリットを一つひとつ詳細にご説明いたします。
この章を読み進めるだけで、メリットと難易度を理解していただけると思います。

MEO対策については下記の記事をご覧ください。

①検索結果に大きく表示される

MEO対策のメリット1つ目は、キーワード検索後、目立った位置に店舗情報とGoogleMAPが表示される点です。

Google検索後、上から
・リスティング広告(有料広告)
・MEO枠
・SEO枠
の順で表示されます。

3つのうちMEO枠の表示面積が特に大きく、ユーザーの目に留まりやすいです。

MEO枠では、GoogleMAPと店舗名、住所、電話番号、営業時間などの店舗情報を取得することができます。その為ユーザーは複数の店舗情報を見て比較検討をし、自身の目的に合った店舗へ足を運びます。

このようにMEO対策を行うメリットの1つ目は、ユーザーへの露出ができる点です。中でも特に検索結果上位3件は大きく表示されるため、集客の行う上で非常に有利です。

MEO対策に関する詳しい情報はこちらをご覧ください。

②集客に繋がりやすい

MEO対策のメリット2つ目は、集客に繋がりやすい点です。

昨今はスマートフォンの爆発的普及により、インターネットを活用した店舗集客を余儀なくされました。

年齢階層別インターネット利用率グラフ

出典:総務省「通信利用動向調査」

上記のグラフは総務省が出している「令和2年情報通信白書のポイント」の2019年における個人の年齢階層別インターネット利用率についてのグラフです。

このグラフから、年齢に関わらず全世代の7割以上がインターネットを情報収集のコンテンツとして利用していることがわかります。

スマホが普及したことで位置情報を利用した検索が主流となった現代では、ユーザーが店舗を探す際に「新宿 歯医者」「近くのカフェ」などの「地域+○○」といったそのままダイレクトに検索する方法が非常に多くなっています。
上記のような地域名を含む検索キーワードを対策することから、病院や歯医者、飲食店、サロンなどのローカル(地域密着型)ビジネスを展開する企業に大きな集客効果をもたらします。
検索ユーザーの目的を解決できるとGoogleが判断したビジネスが上位に表示される仕組みになっており、上位3件以内に入るとGoogleMAPと一緒に検索結果のトップに表示されます。

Googleマイビジネスに登録することで店舗名や住所、電話番号など店舗運営を行う上で 重要な情報を詳細に発信することが出来ます。

このようにMEO対策を行うメリットは、ユーザーに知ってもらえる機会が多くなり、見込み客損失を防ぐことができ、更なる店舗集客に繋がります。

③SEOよりも簡単

MEO対策のメリット3つ目は、 SEO対策よりも手順が少なく簡単に行える点です。

SEO対策とは、ユーザーがGoogleでキーワード検索をした際に店舗の顧客になってもらえるよう、ホームページやWebサイトなどで良質なコンテンツを提供し、店舗集客を行う対策です。

MEO対策とSEO対策の大きな違いは、手順の多さです。

SEO対策の手順を簡単にまとめると、
・ユーザーが検索するであろうキーワードの選定
・選定したキーワードの情報収集
・読者の問題解決ができるコンテンツ内容作成
・タグの修正

このようにSEO対策は、手順が多いことが分かります。
選定したキーワードによっては競合が多く、ユーザーに露出できる可能性が低い場合があります。

例えば、「渋谷 ネイルサロン」とユーザーが検索した際に上位表示されているサイトは全てポータルサイトや大手フランチャイズ店でした。
これはユーザーの検索したキーワード(問題)と関連している(解決できる)とGoogleが判断したためです。

「渋谷 ネイルサロン」検索結果画面

一方MEO対策は、
・Googleマイビジネス登録
するのみです。

Googleマイビジネス登録後、店舗情報やユーザーの口コミ返信、商品やサービスの紹介などを行い店舗情報発信しましょう。

このようにMEO対策を行うメリットは、少ない手順で対策でき、そしてSEOよりも競合が少ない点がメリットです。

④ハードルが低い

MEO対策を行うメリットは、誰でも行える対策であり尚且つ、対策のハードルが低い点です。

インターネットを活用したオンライン集客を行う上で気になることは対策費用です。

仮に自社のホームページの作成を業者に依頼すると、質にもよりますが100万円以上の費用がかかるケースがあります。
更に検索結果で上位表示させるために、ユーザーの問題解決できるようなサイトの運営に模索することが予測されます。
ホームページを作成せずにポータルサイトなどを活用した店舗集客を行う場合でも、おおよそ月々5万円の掲載料金が発生します。

一方MEO対策はGoogleが無料提供しているGoogleマイビジネスに登録するだけで簡単に店舗集客が行えます。
難しい登録作業は一切なく、時間や手間がかかりません。

Googleマイビジネスに登録することでは、口コミの返信や自社の商品やサービスの投稿、写真投稿など様々な機能を無料で活用できます。その為、大きな対策費用のリスクがなく、安心して集客対策を行えます。

Googleマイビジネスの登録方法は以下の記事をご覧ください。

このようにMEO対策を行うメリットは、無料でも開始できるため他施策よりも挑戦するハードルが低いという点です。

2.MEO対策を成功させるためのコツ

MEO対策を行うと得られる4つのメリットはご理解いただけましたか?
「試しにMEO対策を行ってみよう!」と思った方もいらっしゃったのではないでしょうか?

では次に、MEO対策を成功させるための4つのコツをご紹介いたします。
たった4つのコツを理解し、実行に移すだけで検索結果上位表示が見込めます。

4つのコツを学び、理解し、高い集客効果を得ましょう。

①Googleマイビジネスに登録する

MEO対策を成功させるためにはGoogleマイビジネスに登録することが必須です。
Googleマイビジネスに登録すると、店舗情報の発信や様々な方法でユーザーと交流することが出来ます。

登録がまだお済ではない方は、Googleマイビジネスの登録から始めましょう。

Googleマイビジネスの登録
Googleマイビジネス登録画面

Googleマイビジネス登録方法の記事はこちらをご覧ください。

②Googleマイビジネスの情報を整える

Googleマイビジネスの登録が出来たら、次に店舗情報を整える必要があります。

店舗名や住所、電話番号、営業時間などの基本情報は100%埋めましょう。

店舗情報をすべて埋めることが出来たら、口コミ返信や投稿機能などを使い、ユーザーに店舗の魅力をアピールしましょう。
ユーザーが競合と比較する際の大切な情報源になります。必ず正しい情報を登録し、定期的な店舗の情報発信を心がけましょう。

Googleマイビジネス情報画面

Googleマイビジネスの詳しい使い方はこちらの記事をご覧ください。

③インサイトを活用する

Googleマイビジネスを登録することで、インサイトを見ることができます。

Googleマイビジネスインサイト画面

インサイトとは、ユーザーがどんなキーワードで店舗検索をしているのか、検索後はどんな行動をしているのかなど、今現在の集客状況を数値として確認することができる機能です。

インサイトは、今後の店舗運営の参考資料になりますので、積極的に活用しましょう。

インサイトに関してはこちらの記事をご覧ください。

④口コミを増やす

Googleマイビジネスを登録することで、ユーザーからの口コミに返信することができます。

口コミとはユーザーと店舗がコミュニケーションを図ることができる機能です。

ユーザーが投稿した口コミは、嘘のないリアルな意見としてGoogleは認識し、投稿された口コミは第三者の来店意欲を高めることが出来ます。

ユーザーからの口コミを増やすために、GoogleマイビジネスのQRコードをチラシやポスター、SNS、HPなどに載せると良いですが、口コミ投稿数を稼ぐためにサービスや割引を行うことは禁止行為とされていますので注意しましょう。
チラシの配布や口コミポップを設置するなどを行い、口コミ投稿の依頼をし、口コミを増やす対策をしましょう。

口コミ画面

口コミに関してはこちらの記事をご覧ください。

3.他のWEB対策との比較

MEO対策を成功させるための4つのコツはご理解していただけましたか?

MEO対策は、Googleが無料提供しているGoogleマイビジネスに登録することで始められる対策です。
他にはどんなWeb対策があるのか疑問に思った方もいらっしゃると思います。

他にも集客が可能なおすすめのWeb対策が4つあります。
4つの対策をご紹介いたしますので、是非MEO対策と比較してみてください。

①ポータルサイト

MEO対策とポータルサイトの一番の違いは、対策費用です。

ポータルサイトは、0~10万円の対策費用がかかります。 無料で始められるポータルサイトもありますが、クオリティーを求めると費用が高くなります。また枠によって変わるため明確な費用は問い合わせないと分かりません。
ポータルサイトにお金をかけるほどポータルサイトは資金が溜まり広告を出せるようになります。
どんなにお金をかけても自社が育つわけでなくポータルサイトが育つだけなので依存しないよう注意しましょう。

一方MEO対策は、Googleマイビジネスに登録するだけで、誰でも簡単に無料で店舗集客を行うことができます。無料で対策を行えるため、ユーザーに認知されると高い費用対効果をもたらします。

MEO対策のメリットでご説明したようにMEO枠の下にポータルサイトが表示されるので、ポータルサイトはユーザーへの露出がしにくいです。

②リスティング広告

MEO対策とリスティング広告の一番の違いは、ユーザーへの信頼度です。

リスティング広告は、ユーザーが検索すると予想されるキーワードに対して上位表示されるよう課金し、集客を目指す対策です。
意図的に上位表示させているのでユーザーへ不信感を与えてしまう可能性があります。

一方MEO対策は「新宿 歯科」「近くのカフェ」など「地域+施設」といった検索キーワードでの上位表示を目指す対策です。上位表示の基準は、ユーザーの口コミや投稿機能などです。

MEO対策のメリットでご説明したように、ユーザーの検索キーワードから、病院や歯医者、飲食店、サロンなどのローカル(地域密着型)ビジネスを展開する企業に大きな集客効果をもたらします。

しかし、リスティング広告は本来上位表示課金し、自社のコンテンツやWebサイトを上位表示させている為、ユーザーへ不信感を与えてしまう可能性があるので大きな集客効果を発揮しにくいです。

③SEO対策

MEO対策とSEO対策の一番の違いは、キーワード検索後の表示方法です。

SEO対策は、検索後下位に表示されるためMEO対策と比較すると目立ちにくいです。また多くのユーザーが検索すると予想されるキーワードは、大手企業やポータルサイトが独占しているため、上位表示されにくいのが現状です。

一方MEO対策は、キーワード検索後GoogleMAPと店舗情報が大きく表示されるのでユーザーの注目を集めることができます。
また競合他社が少なく、検索後上位3件に表示されると店舗集客に大きな効果をもたらします。

MEO対策のメリットでご説明したように、Googleマイビジネスに登録することのみで対策を始められます。
しかしSEO対策は、手順や競合が非常に多いため、時間と集客効果が表れにくいです。

④SNS運用

MEO対策とSNS運用の一番の違いは、拡散能力によるリスクの大きさです。

SNS運用は、拡散の力が高いがゆえに、一度炎上してしまうと取り戻すのが難しくユーザーの信頼を大きく損ないます。また炎上が鎮火するまでの時間もかかるので、リスクが非常に高いです。SNSを運営する際は言葉選びや表現などに最大限注意を払う必要があります。

一方MEO対策は、ネガティブな口コミが投稿される可能性は十分ありますが、投稿内容を十分に理解して真摯に受け止めた内容の口コミ返信をすることにより、信頼を回復することができます。
また明らかな営業妨害に当たる口コミ投稿には、オーナー側からGoogleに削除依頼を申し込めますので安心して店舗運営を行えます。

MEO対策のメリットでご説明したように、MEO対策はGoogleマイビジネスに登録するだけで、拡散力はありませんが簡単にユーザーと交流することができます。
しかし、SNS運用は1度炎上してしまうとユーザとの信頼関係に溝が生じてしまうため非常に大きなリスクがあります。

SNS集客に関しては、下記の記事をご覧ください。

4.MEO対策事例

この章では、MEO対策を行い検索キーワード1位の飲食店様と上位20位以内の歯科医院様の比較をしています。
キーワード検索上位3位以内にランクインされなくても得られる効果をご紹介いたします。

【事例1:飲食店様 (カフェ)】
事例1:飲食店様
事例1:飲食店様
事例1:飲食店様

2021年5月22日(土)現在

・「地域+目的」で上位表示されている
・ユーザーの検索方法の推移、前年度(同月比)間接検索が3倍増加
・施設表示後のユーザーがとった行動推移、前年度(同月比)Webサイトが2倍、経路案内が3倍増加
【事例2:歯科医院様 】
事例2:歯科医院様
事例2:歯科医院様
事例2:歯科医院様

2021年5月22日(土)現在

・「地域+目的」で15位以内表示
・ユーザーの検索方法の推移、前年度(同月比)間接検索が3倍増加
・施設表示後のユーザーがとった行動推移、前年度(同月比)Webサイトが2倍、電話が2倍増加

【事例1:飲食店様】【事例2:歯科医院様】の結果から、
上位20位以内の表示であればユーザーからの認知は高く、来店行動を促すことが出来ます。
実際にMEO対策前の前年比(同月比)と比べたとき経路案内や電話をかけるといった来店行動が増加しています。

この他にもMEO対策を行ったことで様々な効果の上昇が見られました。

MEO対策を導入してくださった飲食店様と歯科医院様も導入後、明らかな集客効果を実感しており、大変満足されています。

5.まとめ

「MEO対策を行ったところで本当に集客があるの?」「結局、上位3件しか見てもらえないんでしょ?」などの疑問をお持ちの方々は、MEO対策のメリットについてご理解いただけましたか?

MEO対策を行うとGoogle検索後、目立った位置に店舗情報が表示され、ユーザーの目に留まりやすいです。
またある程度、来店意欲の高いターゲットを選定することができ、無料でも出来るためハードルが低く今すぐに始められます。

メリットが多いMEO対策ですが成功させるにはまず、Googleマイビジネスに登録することから始まります。
Googleマイビジネスに登録すると店舗情報を掲載でき、また現状を数値化したり、ユーザーと交流することもできます。

ほかにもWeb集客対策は沢山ありますが、MEO対策のメリットはご自身で簡単に行うことができ、無料で対策を行える点です。

現代の店舗検索方法に合っているMEO対策は、ローカルビジネスを展開している企業に合う対策です。
MEO対策やってるけど効果感じられない企業や、MEO対策をやるべきか悩んでいるという企業は、弊社にご相談ください。
資料もございますのでご興味がある方はぜひ資料をご覧ください。

お問い合わせ
カテゴリー: MEO対策

MEO対策を始めたいけど何をしたらよいのかわからない。
と、お悩みではありませんか?

そんなお悩みがある方に向けて、実際にMEO対策を提供している株式会社トリニアスが「自分でできるMEO対策」について資料にまとめました。

MEO対策を自分で始めたい方や、そもそもMEO対策って何?とお考えの方に向けて、MEO対策の基礎知識やマイビジネスの登録方法を解説しています。

MEO対策について知りたい方やMEO対策の導入を検討している方はぜひご活用ください。

無料資料ダウンロードはこちら
TOPへ